2014年05月21日

新作「ブルーアイズの雫」

先日つぶやいた「制作中の作品」が完成しました。
思いのほか早く仕上がりました。
実に1年ぶりの新作のお知らせです(^^;)
では早速ご紹介します。

★☆【ブルーアイズの雫】★☆
143ブルーアイズの雫.jpg

美しく羽を広げるクジャク。
優雅で華やかな姿の裏には、誰も知らないクジャクの苦悩がきっとある。
真の美しさとは、悲しみを乗り越えた先にある、心の強さなのかも知れませんね。
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

以前からクジャクの羽の美しさを描いてみたかったんですよね。
でも、ただ単にクジャクを描くだけではつまらない。
今回、このイラストを描くに当たって、「美しさってなんだろう?」という想いがありました。
クジャクは羽を広げて美しく見せるけど、実際は美しく見せているのではないのでは?

そんな気持ちからイラストを描いた。
クジャクの雄が羽を広げるのは、雌にアピールするためと言われています。
雌は美しいと思って雄に近づくのか?
本当は大きく見せる雄に引き寄せられている。

クジャクの雄が羽を広げるのは、自分を大きく見せるためだと思います。
それは時として雌を引き付けるが、威嚇をする時にも広げると思う。

私が子供の頃、小学校にクジャクがいました。
羽を広げるところを見たくて、クジャクを脅かすと威嚇して羽を広げていました。
クジャクが羽を広げるのは、自分の身体を大きく見せる事が一番の目的ではないか?
つまりは大きくて強い事の証として羽を広げる。
その姿が私達人間には美しく見える。

そんな事から、美しさの裏側にはきっといくつもの悲しみがある。
その悲しみを乗り越えて来たからこそ、本当の美しさが輝き出す。
そんなイメージが浮かんで来た。

タイトルのブルーアイズと言うのは、クジャクの羽の模様が青い目に見える事から「ブルーアイズの雫」としました。
たくさんのブルーアイズから流れる涙は、光り輝く雫となり、その流した雫の数だけ強い心になれる。
強い心は身体からにじみ出して美しさを作り出す。
クジャクの美しさを描きたくて、こんな妄想を広げてみました。

久々に新作描いて、タイトルにも散々悩んでしまった(^^;)
次は、久々に黒猫のりっちー君シリーズを描いてみようかと思っています。
できればひと月以内に仕上げたいと思っています。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:45 | Comment(0) | 新作のお知らせ