2014年05月09日

やってはならない事

140509.jpg

【写真は産経ニュースWeb版から】

3Dプリンターで銃を作った人物が逮捕されました。
様々な分野に応用されるとして、注目を集めている3Dプリンター。
自分で設計した物が、実際に形に出来る事は、本当に魅力的です。
それだけに様々な使われ方が期待されて来た。

しかし、こんな事に使われてしまっては、何らかの規制が出て来るでしょう。
何でもそうですが、便利な物は使い方次第で社会の害にもなる。
素晴らしい技術でも、使い方を間違えれば、とんでもない事になる。

インターネットも便利で素晴らしいが、使い方次第では犯罪を作り出す。
今回の銃の設計図も、アメリカの団体がインターネットで公開した物。
それを容疑者がダウンロードし、3Dプリンターで銃を作った。

これから先、こんな人間が沢山出て来るのでしょうね。
日本は銃規制があるので、本物の銃が出回る事は無い。
しかし、本物に近い殺傷能力を持った、3Dプリンター銃が出回れば、本当に大変な事になる。
これをどうやって食い止めるのか?
本当に難しい問題です。

今回の事件で腹立たしいのは、この容疑者の言い分。
銃を持つ事は人としての人権などと言っているらしい。
銃を自由に持つ事が出来ない日本は、人権侵害の国なんだと。

何を寝ぼけた事言っているんだ。って感じですね。
そんなに銃を持ちたければ、アメリカに移住して銃を持てば良いでしょう。
自分の思い通りにならないから、国のせいにするのは本当にお門違い。
銃を持つ事の必要性があるのなら、それを訴えて活動をすれば良い。
日本ではそんな活動を指示する人は、本当にごく僅かだと思いますが。

どんなに素晴らしい技術でも、それを悪用する人が出て来ると、とたんに使いづらい物になってしまう。
これを止めるには、国が動いて指示を出すしか無いでしょうね。
インターネットには、銃の設計図が出回っているようなので、これは食い止めようが無い。
やるとしたら、3Dプリンター側で食い止めるしかない。

例えば「銃の設計図」と解った時点で、プリントを出来なくなる仕組みをメーカーと国が協力して開発するとか。
プリント出来る物を規制する方向に持って行くしか無いでしょうね。
これもとても難しいですけどね。
例えばおもちゃの銃を作りたくても、作れないようになるかも知れませんし、どこから銃か判断も難しい。

何でもそうなんですが、最終的にはその人のモラルに関わってくるんですよね。
今回の容疑者は反省するどころか、銃を作った事を誇りに思っているようです。
「やってはいけない事」と解っていても、自分がやりたければやる。
人に迷惑がかかろうが、自分が良ければそれで良い。
そんな人間性を感じます。

やっぱり根っこは教育だと思いますね。
教育がしっかりしていれば、犯罪者になる人間も激減します。
犯罪を防ぐ社会づくりも対せつですが、犯罪者を作り出さない社会づくりも同時に進めなくてはいけません。

人は社会の中の一人であり、秩序を守り、社会のためになる事を、幼い頃からしっかりと教えなくてはならない。
個人ばかりを尊重して、秩序を守る事をないがしろにして来た敗戦後の教育が、犯罪者を作り出す一つの要因だと思います。
一度、敗戦前の教育を振り返ってみる必要があると思いますね。
教育勅語も含めて、本来の日本の教育を見直す時期だと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:11 | Comment(2) | 私の思うこと