2014年04月24日

日米同盟を強め中国を牽制する

140424.jpg

【写真は産経ニュースWeb版から】

オバマ大統領がやって来ました。
厳戒態勢の中、安倍総理と寿司を食べたようですね。
お互いにリラックスして食事をし、これからの首脳会談を、より良くしていくための手段でしょう。

今回のオバマ大統領の訪日は、国賓として迎えている。
しかし、ミシェル夫人は同行せず、オバマ大統領も迎賓館に宿泊せず、ホテルに泊ると言う。
これじゃ国賓扱いしている日本に対して、非常に失礼な態度です。
それならば国賓としての対応を断ったら良かったはず。
国賓として招かれていながら、それに対応せず国賓として訪日する。
ちょっとおかしな対応です。

それでも、日米同盟をより強固にする意味でも、オバマ大統領が来る意味はある。
TPPの問題もあるが、何よりも尖閣諸島に対する中国の動きに釘を刺す事になる。
日米の連携が強固な物になれば、中国はうかつに動けなくなる。

しかし、残念ながらアメリカは中国に対して、やや弱腰に見える。
オバマ政権は中国だけでなく、シリア問題やクリミア情勢でも、弱腰になりアメリカの威厳を発揮出来ていない。
だからこそ日米の連携の強さを、形だけでも中国にh示す必要がある。
内向きなオバマ政権と言えども、アメリカを完全に敵に回す事は、中国もしたくない。

その中国は、日本に対して、ついに禁じ手を使って来ました。
戦前の話を持ち出して来て、日本の企業に賠償問題を起こし始めています。
そして強硬手段でタンカーを差し押さえました。
事もあろうにタンカーの持ち主である商船三井は、中国に40億もの金銭を支払い、タンカーを返してもらいました。
これで前例を作ってしまった事になります。
ますます中国国内で似たような問題が起きます。

日本企業を相手どって、様々な難癖をつけて、お金をむしり取るでしょう。
中国に進出している日本企業にとっては、とてつもないチャイナリスクです。
しかし、本当は最も痛手なのは当の中国です。
日本企業から一時的に多額の金銭を奪い取るのと引換に、日本企業の撤退に拍車をかける。
どんどん日本企業が撤退するでしょう。

中国の一番の資本は何か。
それは働き手の多さ。つまりは人口です。
そして安い賃金。(いまでは高くなったと言われているが)
海外から企業を招き入れて、有り余る人口で生産を行って来た。
しかし、どんどん企業が撤退して行けば、中国にとってとても痛い事になる。

経済が衰退し、ますます貧富に差が激しくなれば、中国崩壊が始まります。
下手すると暴走しかねない。
今でも中国共産党が人民解放軍を掌握出来ていない可能性もある。
中国が崩壊の道を進み、内乱が起きれば、軍が暴発しかねない。
その意味でも、日米がしっかりと連携する事が重要となる。

中国はついに禁じ手を使ってしまった。
もう後戻りは出来ません。
中国から一斉に企業が逃げ出すでしょう。
自ら首を絞めてしまった中国。
その中国に擦り寄る韓国。
中国と関係が悪化している北朝鮮。

東アジアは不安定要素の渦巻く中、大きく変わろうとしている。
日米が中心となって、他のアジア諸国と連携する事が大事ですね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:45 | Comment(2) | 私の思うこと