2014年04月13日

毎年恒例の柳生へ

140413-1.jpg

140413-2.jpg

140413-3.jpg

今日は柳生で行われる剣道の試合へ出かけました。
試合と言っても小学生だけなので、息子は関係ありません。
長女はまだ試合には出ませんので、今日は応援を兼ねたお花見で行きました。

毎年、この柳生の試合が、新6年生で迎える初めての試合。
応援を兼ねたお花見と言う事で、大勢で参加しているのです。
息子は部活だし、嫁さんは今夜は夜勤入りなので、私と長女と次女の三人で参加しました。

途中コンビニに寄って、飲物やおやつを買い込んで柳生へと向かいます。
車で小一時間程。
10時から試合なので、9時半には着く様に出かけました。
道も空いていて、予定通り9時半頃に柳生に到着。

駐車場になっている中学校に車を停めて歩いて会場まで向かいます。
試合会場は芳徳寺というお寺の手前にある道場。
坂道を登って行かなくてはなりません。

娘達も一生懸命歩いて、ようやく試合場に到着。
すでに皆集まっていて、そろそろ開会式の始まる頃です。
ところが次女が「オシッコがしたい」と言い出しました。
トイレは試合場のすぐ下。
今必死に登って来た道中にあります。

「なんでその時言わんのじゃ」と思いながらも、次女の手を引いてトイレへ向かいます。
ようやくトイレに着いて中に入る。
和式のトイレだったのですが、よほどオシッコが限界だったのか、次女は履いているジーパンを脱がせる前に、足を広げて便器の上に立ちます。
私はズボンを降ろそうとするのですが、足を広げているので降ろせない。
次女に一旦下がらせようとしますが、次女もオシッコが限界でパニックになっているのか、言う事を聞かない。

ようやく下がらせてズボンを降ろそうとした時。
「出ちゃった」という次女の言葉。
無惨にもオシッコは床に広がっていました(T_T)

ようやく着いて早々、トイレに駆け込み、ようやくトイレをさせようと思った矢先の出来事。
どっと疲れが出て来ました。
次女がオムツを卒業して、かれこれ10ヶ月。
お漏らしをする事は、ほぼ皆無でした。

そのため、私も油断して今日は着替えを持って来ていない。
どうしたら良いか途方に暮れましたが、考えても仕方が無い。
ひとまず汚れたパンツとジーパンを水で洗って、下半身丸出しの次女を私の腕で隠す様に抱っこして戻りました。
戻るとすでに皆の姿はありません。
開会式に行ったのでしょう。
長女も一緒に行ったようで姿はありませんでした。

ひとまずこのままだと風邪を引かせてしまうので、持って来ていたタオルで下半身をカバー。
そしていつも剣道の稽古に持って行っている膝掛けが2枚あったので、これも腰から巻き付けました。
これで少しは暖かい。
次女もようやく落ち着いた様子でした。

ここからはひたすら私はズボン乾燥機へと変貌。
少しでも早く乾かすために、ズボンを持ってずっと降り続けていました。
試合が終わって皆が戻って来て一応に「何やってるの?」「どうしたの?」と聞かれます(笑)
そりゃ〜そうですよね(^^;)
事情を説明して、皆苦笑い。

肝心の試合は惜しくも2勝3敗で敗れてしまった様子。
しかし、試合内容はとても良かったようで、新チームとしては幸先の良い内容です。

試合が終わったので、この後はお弁当を食べながらお花見です。
しかしその間も、私はずっとズボン乾燥機(笑)
お弁当を食べた後も、ずっとズボン乾燥機(笑)
そして皆がお弁当を食べ終わり、コーヒーを飲み終える頃に、ようやくズボンが乾きました。

ちょうど子供達を連れて近くの一刀石を見に行く段取りでした。
パンツはまだ乾いていないので、ひとまず次女にズボンだけ履かせました。
そして一刀石へ。

一刀石とは、その昔、柳生宗厳が山の中で天狗と剣の修行をしたとされる伝説。
柳生宗厳が剣で天狗を切ったのだが、天狗と思って切ったのは大きな石で、その石が真っ二つに割れたとされるもの。
本当に刀で切ったように、きれいに石が真っ二つに割れています。
一刀石の近くには天石立神社があり、御神体の大きな岩がいくつかあります。
その一つに、天照大神が姿を隠した時に、手力男命が天岩戸を開いた時にその扉石が当地に飛来したものとされる岩もある。
(上の2枚目の写真がその岩)

自然と歴史に触れて一刀石を後にしました。
次女は私がズボン乾燥機に徹している間に、中学生のお姉ちゃん二人にベッタリでした。
お姉ちゃん二人が面倒を見てくれるので、二人に甘え放題でした。
私もとても助かりました。
実際のお姉ちゃんである長女は、同年代のお友達と遊ぶのに夢中でしかたからね。

とんだハプニングでスタートした柳生でしたが、何とか無事に終えて帰って来る事が出来ました。
長女はお友達とずっと一緒に楽しみ、次女は中学生のお姉ちゃん達と楽しみました。
私はひたすらズボン乾燥機と化した一日でしたが、笑って済ませる事が出来て何よりでした。
きっと来年また行く時には、「去年はずっとズボン乾かしていた」と笑のネタになる事でしょう(笑)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:55 | Comment(2) | 日記