2014年03月29日

メロディーを忘れたギター

140329.jpg

本日、ひとつ大きな仕事が完了した。
これでだいぶ気持ちが楽になりました。
とは言っても、まだまだ他の仕事抱えているので、気は抜けません。
引き続き気を引き締めてガンバロウ。

私の仕事部屋はイコール私の部屋になっている。
仕事をするための部屋ですが、そこには趣味の物も置いてある。
私が唯一続けている趣味。
それはギターです。

他にも絵を描いたり写真を撮ったりするのも趣味ですが、半分仕事になっている。
一時期は釣りも趣味だったが、奈良には海が無いので、釣りもやらなくなった。
唯一残っているのがギターなのです。

しかし、そのギターも、いつ弾いたか思い出せないくらい弾いていない。
おそらく今年に入ってからは一度も手に取っていない。
いや、一度手に取った。
でも、それは帰省していた奄美で。

同窓会の最後に、皆で長渕剛の乾杯を歌いたい。と同級生に頼まれ、ギターを用意してもらって、ギターを弾いた。
おそらくそれが最後ではないだろうか?
つまり自分のギターは昨年から弾いていない?
時々ギターの音が鳴るが、それは次女がおもしろがって弦を弾いているから(^^;)

今年に入ってから・・・・と言うよりは、昨年末から、本当にめまぐるしく時間が過ぎています。
どれだけ時間があっても「足りない」と感じるくらい。
そんな中ではやはりギターを弾くなんてゆとりはできない。

よく「仕事ができる人は遊びもできる」と聞きます。
大いに仕事する人は、大いに遊ぶのでしょう。
そう考えると、私は全く遊べていない。
遊べていないと言う事は、仕事もできていないのであろう。

仕事であれ遊びであれ、真剣に取り組む事が大事なんですよね。
私も仕事に真剣に取り組んでいますが、遊べないって事はまだまだだと言う事でしょう。
きっとギターを弾く時間はあったと思う。
それこそ弾き語りで、一曲弾くのなら五分と要らない。
でも、「ギターを弾こう」という気持ちにならなかったんでしょうね。
ギターの存在そのものが眼中から消えていました。

仕事以外にもやらなくてはならない事が山積みなのも事実。
でも、やはり時にはギターを手に取り、一曲くらい弾き語りしたいです。
どんなに忙しくても、それくらいの気持ちのゆとりを持たないとダメですね。

ふと部屋の片隅に置いてあるギターを見て思った日でした。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:09 | Comment(0) | 音楽/映画