2014年03月16日

スパイ機能付きスマホ!?

140316.jpg

この記事は本当なのか?
「サムスン電子のギャラクシーにバックドアが仕掛けられていた」
http://www.bllackz.com/2014/03/blog-post_15.html
これが本当だとしたら、これは立派な犯罪ですよね。
しかも製品を作る企業が、最初から犯罪を仕組んでいた事になる。

アップルのiPhoneと並んで、スマホの売上げを伸ばしているサムスンのギャラクシー。
私の周辺でもチラホラ見かけます。
一時はドコモが主軸製品として推していた事もあり、かなりの人が所有していると思われる。
そのギャラクシーにバックドアが仕掛けられていて、スマホの中身を自由に見られるようになっていた。

想像してみて下さい。
あなたの持っているスマホの電話番号やメアド、そしてメールの中身や、撮った写真のファイル。
その全てを、知らない内に誰かに見られ、それを吸い取られる機能が、最初から仕組まれていたとしたら。
それが最初から仕掛けられていた。

これが本当なら大問題だし、企業としては失格です。
バグで情報が漏れる可能性はよくある。
それはスマホに限らずパソコンでもよくある。
しかし、それは他のプログラムで情報を抜き取る行為がある場合。
外部からの攻撃に対して、中の情報が漏れてしまう場合。

今回のギャラクシーの場合は、自ら情報が抜き取られる設計になっていたと言う事。
これが本当なら、サムスンは立派なスパイ企業だと言う事になります。
「そんなバカな〜」と思うけど、まんざらあり得ない話では無い気がする。
サムスンなら・・・と言うより、韓国の企業なら、その可能性は十分にある気がする。

商品のパクリやコピーは、もっぱら中国がお家芸のように見られています。
しかし、韓国も中国と並んでパクリやコピーが多い。
日本の製品も幾つもパクられ、その被害も多い。
ギャラクシーも結局のところ、iPhoneをパクったに過ぎない。

日本や欧米諸国のモノづくりの概念と、中国や韓国のモノづくりには、決定的に違いがあると私は思います。
モノを作るのでは無く、モノを創り作り出す。
無から有を生み出す。その作業がモノ創り。
ただ単に作るのではない。

私がアップルの製品を好んで使うのも、そこに魅力を感じるからなのです。
無から生み出す有は、そこに使う人の喜びを生み出す。
だから私はアップルの製品にワクワク感を感じる。
日本や欧米諸国のモノづくりには、使う人の喜びを想像する作業がある。

しかし、中国や韓国のモノづくりは、形だけ、値段だけで勝負する。
だから不具合も多いし、突然爆発・・・なんて事がある。
全てがそうだとは言えないが、やはり多いのは現実。

今の日本を取り巻く現状を見ても、中国や韓国の製品を信用は出来ない。
特に韓国は従軍慰安婦の問題も含め、捏造を事実化しようとする。
何でも日本が悪い事にして、日本よりも優位になる事を目標としている。
そんな国の製品を使いたいとは正直思わない。

私がLINEをやらないのも、実はそこに理由がある。
LINEの会社は日本企業となっているが、親会社は韓国です。
LINEの情報は全て、韓国に抜き取られていると思った方が良い。

しかし、今回の件にしても、LINEの件にしても、そんな情報は全くマスコミに取り上げられません。
残念ながら日本のマスコミも、中国・韓国に牛耳られていると言っても過言では無いんですよね。
中国・韓国の都合の悪い情報は、極力報道しない。
そんな状態が長く続いたから、私達日本国民は、中国・韓国の本当の姿を知らなかった。

それを目覚めさせてくれたのは、実は中国・韓国そのものでした。
あまりにも好き放題、勝手放題、やりたい放題やってきたから、さすがの日本国民も気づいてしまった。
今回のギャラクシーの情報、どこまで信憑性があるのか解りません。
もしかするとデマの可能性もあり得る。
しかし、韓国の企業ならやりかねません。
国を挙げてやっている可能性も十分にあります。

私は中国・韓国の製品は極力買わないし使わない。
いくら安くても、そこにスパイ機能があったら嫌だし、突然爆発しても嫌だし(笑)
デフレ脱却の意味でも、安物外の銭失いはやめましょう。
やっぱり日本製が一番です。
あっ、でもアップルは別ね(笑)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:12 | Comment(0) | 私の思うこと