2014年03月12日

梅と桜と奈良と京都

140312.jpg

今日は本当に暖かい一日でした。
あまりの暖かさに、お昼以降は暖房切っていました。
こうしてどんどん春が近づいて来る。
嬉しいですね。

まだまだ桜の蕾は膨らんでいませんが、梅の花はようやく満開になりました。
今年はやはり梅の開花も遅かったです。
桜はどうなんでしょうね?
昨年は桜の開花が早過ぎて、入学式の頃にはすっかり葉桜になっていましたが、例年なら入学式の頃に満開の桜が楽しめる。
やっぱり桜の開花は楽しみですね。

桜が咲いたら、やっぱりお花見は欠かせない。
お弁当持って家族でお花見に行けたらと思っています。
夜桜も良いけど、暖かい陽射しの下、お弁当を食べたいですね。

桜が待ち遠しいけど、それまでの間、今満開の梅を楽しみましょう。
どうしても梅って桜と比べると、ひっそりとして目立たないイメージがある。
でも、極寒の時期に咲き始めて、一足先に春を告げてくれる花だと思います。
桜の咲く頃が、本当に暖かい時期なので、どうしても桜を待ち遠しくなるけど、梅の花もやっぱり綺麗です。

私の勝手なイメージですが、梅の花と桜の花の関係って、何となく奈良と京都のイメージと似ている気がします。
一見地味ですが、凛としてそれでいて可愛らしい花を咲かせる梅。
一方華やかに咲き誇る桜。
厳しい寒さの中、花をつける梅。
そして暖かい春が来て、爛漫に咲く桜。

平城京の後に平安京が出来た。
奈良の都と京都の都のイメージが、そのまま梅と桜に似ている気がする。
あくまでも私の勝手なイメージですけどね(^^;)

奈良に京都のような華やかさを求めても、所詮奈良は奈良なのです。
逆に奈良のイメージを京都に求めても、それは無理がある。
奈良は奈良、京都は京都。
梅と桜は全く違うけど、それぞれの良さがある。

今は梅の花を楽しみましょう。
そして桜を楽しみに待ちたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:34 | Comment(0) | 日記