2014年03月04日

子供達に目を向けて

140304.jpg

仕事をしていたら電話が鳴った。
電話先の相手は息子の中学校の担任の先生でした。
「息子が何かやらかしたのか!?」と思ったが、ちょっと事情が違った。

どうも体育の時間にサッカーをしていて、サッカーボールが顔面を直撃したらしい。
メガネが吹っ飛んで壊れたようで、まぶたの上にかすり傷が出来ているとの事。
それくらいなら別に良いと思ったのですが、学校としては念のため眼科に受診してほしいと言われた。

すぐに嫁さんに電話して、嫁さんの病院で受診出来るか聞いてみたが、夕方の受診は出来ない。
後は他の眼科医に行くしか無いのですが、夕方は私はとても無理。
長女は自宅待機だし、次女の迎えもある。
その旨を説明したら、担任の先生が付き添って受診して頂く事になりました。

親としたら、特に急いで受診させる必要性も感じませんでしたが、やはり学校側としては授業中に起きた事で、責任を感じているのでしょう。
先生が息子を連れて家まで来て、保険証と受診用のお金を息子に預け、病院に連れて行って下さいました。
お言葉に甘えさせて頂きましたが、結局息子が帰って来たのは、晩の7時半頃。
眼科も混んでいてかなりの時間がかかったようです。
やはり私が付き添って行くのは無理でした。
こんな時間、長女を一人に出来ないし、次女の迎えにも行けませんでしたからね。

受診の結果は、特に問題は無かったようです。
ボールを目に受けた場合、圧迫で眼球が変形してしまうなどの危険性もあるので、受診したようですが、何事も無くて良かったです。

息子が帰って来たら、すぐに着替えさせて、息子を連れてメガネ屋さんに走りました。
メガネはもうぐしゃぐしゃです。
レンズは割れていないけど、フレームが完全に折れて、レンズも両方とも外れています。
元々、息子のメガネは片方のフレームが、根元部分が壊れていて、もう買い替えの時期でした。

メガネ屋さんに行って、安いメガネを買う事にしました。
高いメガネ買っても、必ず壊してしまう。
6年生の終り頃からかけはじめたメガネですが、すでにもうこれで3本目です。
1年に1回の割合でメガネ変えている事になる。
また壊れる可能性が十分にあるので、安いメガネで十分です。

何とかメガネも買う事が出来ましたが、思わぬところで思わぬ出費となりました。
息子が悪いわけでも無いし、ボールが顔に当たったのも、偶然であり致し方ない事です。
まぁ目に異常もなく、いずれ買い替えるメガネの予定が早まったと思えば、不幸中の幸いと受け止めています。

それにしても、我が家、今祟り目です(笑)
次女・長女と立て続けに、流行性角結膜炎になり、長女は予定の2週間を過ぎても学校行けず。
加えて今回の息子の事故。
神様は私達に何を説いているのでしょう。

嫁さんと二人で「きっともっと子供に目をかけなさい」と言われているのだろう。と話していました。
二人とも仕事が忙しくて、本当に子供の事に目をかけてやれない状況が続いています。
最低限の接し方しか出来ていなくて、きっと子供達にも不満がたまっていると思う。
「どんなに忙しくても子供の方に目を向けなさい」と言われている気がしました。

忙しいのは子供の責任ではなく、私達親の問題。
私も家で仕事をしている関係上、仕事のON・OFFが難しい。
現実、夕方で仕事を中断して、晩ご飯を食べさせて、寝かせてからまた仕事の現状が続いています。
どうしても早く仕事を始めたくて、子供達を急かしている。
早く行動しない子供達にイライラを覚えています。

子供達の目の病気、そして目の怪我&メガネ破損。
もっと子供達に目を向けてあげないといけませんね。
親として反省する事ばかりです。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:12 | Comment(0) | 日記