2014年01月27日

お日様のチカラ

140127.jpg

今日は一日外回りの日でした。
たまたま2件の仕事の打ち合わせが重なり、午前と午後に分けて打ち合わせに行って来ました。
こんな事は珍しいのですが、フリーで仕事をしている以上は、これから増えるかも知れません。
今日は天気も良かったので、車で打ち合わせに向かう道中も、ドライブのような感じで気持ちよかったです。

真冬の寒い日でも、天気が良くて晴れ渡っていると何となく気持ちも明るくなります。
どんよりとして寒いと、気持ちも暗くなる(笑)
お天気ってとっても大事ですよね。

よく日照時間の短い地方には、鬱の方が割合的に多いと聞きます。
逆に言えば、南の島の人間は楽観的な人が多いのかも。
沖縄や私の故郷の奄美も、楽観的な気がします(^^;)
ラテン系の人が陽気なのも、お日様の日照時間が影響しているのかも。
人間ってお日様の影響をこんなところでも受けているのかも知れませんね。

確かに梅雨の時期に、数日間天気の悪い日が続くと、本当に気分が滅入って来ます。
青空が広がってお日様の日射しがあるだけで、それだけで気分が明るくなる。
晴れの日が1週間続いても、全く苦にならないけど、お日様が1週間出なかったら、きっと気が滅入ってしまうでしょう。
それだけお日様と言うのは、私達人間に多大な影響を与えているのですね。
だから太古から人間は、太陽を神として崇めて来たのでしょう。

真冬の青空の下、そんな事を思いながら車を走らせていました。
まだまだ寒い冬は続きますが、こんな晴れの日があり、時々寒気が緩み少しずつ春に向かって行くのでしょう。
夕方の時間も随分と陽が長くなりました。
以前なら6時には真っ暗でしたが、今は6時頃に薄暗くなっています。
確実に春へと向かっているのですね。

ぽかぽか陽気の春が待ち遠しいですが、この春を待ちこがれる時期が、また良いのかも知れません。
寒い季節、暖かい春を待ちながら過ごしたいですね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:09 | Comment(0) | 日記