2014年01月15日

子供の気持ち

140115.jpg

今日はまた一段と寒かったですね。
そんな寒い日の晩の剣道の稽古は、子供達も寒いけど、体育館で付き添っている保護者も寒い。
敷物や膝掛け等を持って行きますが、それでもやっぱり寒い。
今日も足下からお尻から、寒さがジンジン伝わって来ました。
その分、稽古後のお風呂は格別。
長女も頑張った後のお風呂に幸せそうでした。

さて、そんな寒さ厳しい中、神奈川県で行方不明になっていた、小学5年生の女の子が無事保護されました。
まずは無事保護された事にホッとしております。
何よりご両親の心情を察すると、とにかく無事で見つかって安堵している事でしょう。

しかし、この事件本当に奇妙です。
犬の散歩中に行方不明になり、見つかったのは自宅から20km以上離れた場所。
そして女児は「覚えていない」「わからない」と答えている。
この極寒の中、20kmをどのように移動したのか?
まさか飲まず食わずで、20kmを歩いていた訳では無いはず。

女児が本当に覚えていないのか。それとも何か隠しているのか。
事件に巻き込まれ、そのショックで記憶を自ら消し去ってしまったのか?
それとも一種の記憶の病気的なものがあるのか?
全く謎です。
今後、女児の聞き取り調査に頼るしかありません。

また、大阪でも中1の女生徒が行方不明になっています。
こちらもまだ何の手がかりもありません。
事件に巻き込まれていない事を祈るばかりです。

以前も高校生の女生徒が、自宅近くで行方不明となり、その後近くの神社の建物内で発見された事件がありました。
この事件は、結局本人の意志で行方不明となっていた。
今回の小学5年生も、もしかすると同様の可能性も否定出来ません。
そうなると、家庭の問題となります。

無事保護された事で、ひとまずは安心ですが、今後の解明が必要ですね。
そして未だ行方不明となっている中1の女生徒の安否も心配です。
子供達を取り巻く環境は、どんどん変わって来ています。
私達大人が解っているつもりでも、子供達の中では解ってもらっていないのかも知れません。
私も子を持つ親として、ついつい親の目線でしか見ていない事が多い。
子供の目線になって話を聞いてあげる事が必要なんですよね。
そんな余裕も無い自分にふと気づきました。

子供達の発するメッセージやSOSを、大人がしっかりと受け止めてあげなければいけません。
そのためには、大人自身が広い視野を持って、アンテナを張っていないといけない。
難しいですけどね。その気持ちを忘れないようにしたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:32 | Comment(0) | 私の思うこと