2014年01月14日

未来を占う東京都知事選

140114.jpg

【写真は産経ニュースWeb版から】

東京都知事選に噂されていた、元首相の細川氏が出馬するようです。
本日、これまた元首相の小泉氏と食事会をして、その後会見に臨みました。
細川氏はその場で出馬を表明し、小泉氏も細川氏を応援する事を強調しました。
二人の共通点は「脱原発」だそうです。

細川氏も小泉氏のバックアップで「勝てる」と思ったのでしょう。
当の小泉氏も、郵政選挙の時のように、風を起こしてメディアを使って「勝てる」と思っている事でしょう。
でも、果たしてそうでしょうか?
郵政選挙の時は、確かにメディアが大々的に動きました。
そして国民もそれに乗っかった。

大きな風の中で郵政選挙は行われました。
そしてその動きは、そのまま民主党政権を生んだ「政権交代選挙」でも起きました。
メディアが政権交代有りきで報道を進め、その結果、民主党政権が誕生しました。

国民はそこから学んだと思います。
メディアに乗せられて投票した結果、何が起きたのか?
本当に自分の考えで投票したのか?
今の有権者は以前の有権者とは違う気がしています。

昨年、突然「脱原発」を訴えて、メディアを賑わせた小泉氏。
メディアは大々的にこれを取り上げました。
しかし、国民はそれに乗っかったでしょうか?
あれだけ「脱原発」と声高らかに訴えても国民運動には繋がっていません。

私も原発に頼る電力は見直すべきだと思います。
しかし、脱原発では無く、安全な原発は使いながら次なるエネルギーの開発を急ぐべきだと思います。
小泉氏が原発に代わる電力のエネルギーを、明確に示唆し、その上で脱原発を唱えるのなら解る。
小泉氏だけでなく、多くの脱原発論者は、明確な代替エネルギーを示さない。
脱原発を訴えるのであれば、それに代わるエネルギーを示してほしい。

メディアは細川氏の出馬で、「細川氏vs舛添氏」の一騎打ちのように演出を始めています。
でも、果たしてそうでしょうか?
もうメディアが思う様に国民はコントロールされません。
むしろメディアが騒げば、その逆方向に動く傾向すらあります。

やはり先の「政権交代選挙」で、「メディアがおかしい」と気づいた国民が多いのだと思います。
今は、多くの国民が、テレビや新聞の既存メディアと、ネットに溢れる情報を、両方見ながら判断している。
これまでのように「細川氏か舛添氏か?」と演出をすれば、どちらも票を失う可能性すらあります。
そう考えると、東京都知事選は誰が当選するのかギリギリまで解らない選挙になるかも知れません。

細川氏の出馬、そしてそれに乗っかる小泉氏の動き。
今回の東京都知事選は、これまでの選挙、そしてこれからの選挙のあり方を占う選挙になる可能性がありますね。
東京都民の皆様、是非、出馬の方々の政策を、公約をしっかりと見て判断して下さい。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:09 | Comment(0) | 私の思うこと