2014年01月03日

年の祝いでAKB

140103.jpg

お正月三日目。
昨夜の同窓会の疲れも取れぬまま、今日もイベントがありました。
奄美では当たり年の人のお祝いをする「年の祝い」というのがあり、私の町でもお正月の三日の日に、公民館でお祝いがあります。
しかし、お祝いとして祝ってもらうのは、還暦になってから。
それまでの当たり年の人は、逆にみんなを楽しませるための、何か出し物をしないといけません。

私も12歳の時と24歳の時、そして36歳の時とそれぞれ出し物をしました。
12歳の時はまだ子供ですので、当たり障りの無い物だったと思いますが、24歳の時は男は女装して舞台に立ちました。
そして36歳の時は女性は着ぐるみで、男性は裸で相撲取りの格好をしました。
しかも男は回しを着けずに、前にたれを着けるだけのもの。
最初は前を向いているので、観客席からは普通の相撲取りの格好に見える。
しかし、「よ〜」のかけ声で、全員後ろを向くと、お尻が丸出し・・・という何とも下品なネタ。

さすがに今回はそんな事を出来る歳でもないので、今回はややまとも(これでもまとも 笑)な物をやりました。
AKB48の「恋するフォーチューンクッキー」をみんなで踊りました。
普段着で踊っては面白くないので、皆ショッキングピンクのスカートをはいて、男はズラをかぶり上半身は子供用の肌着。
足も女性用のストッキングを履いて。
そんな格好で踊りました。

元日の晩に同窓生の家に集まって、みんなで練習し、昨夜の同窓会二次会でもカラオケで練習ついでに踊りました。
そして今日も本番前まで、何度も練習して本番に臨みました。
踊りを完璧には踊れないので、モニターを見て踊ります。
そのためにパソコンを前において、音楽もパソコンから流れる音をマイクで拾うというお粗末な物。
それでも会場は大笑いの中で、何とか無事終えました。

最後に自己紹介をして、○○の子供です。と紹介すると、会場からは「あぁ〜〜」と納得の声が。
みんなが家族のような町なので、「誰々の長男坊」と説明すると、すぐに解ります。
無事舞台も終えて、着替えたら再び同窓生の家でお疲れ会。
みんな一生懸命練習したので、やりきった感がありました(笑)

夜はまた家に戻って、今度は母親のお祝いです。
私も「年の祝い」ですが、母も午年で「年の祝い」です。
さらに姉の旦那も午年なので、家族集合して居酒屋でお祝いをしました。
美味しい島料理でお祝いをして、最後に記念撮影しました。

明日は最後のイベント、父の10年祭です。
これが終えて、数時間後にはフェリーに乗ります。
長い冬休みでしたが、あっという間でした。
明日の父の10年祭のDVDもようやく完成しました。
最後のイベントまで頑張って、奈良に戻りたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:43 | Comment(3) | 日記