2013年12月08日

我が家の子供達の関係性

131208.jpg

我が家の子供達は、上から息子(14歳)長女(7歳)次女(3歳)です。
長女と次女は4歳違いですが、姉妹の関係は良好です。
二人でよくおままごとしたり、一緒にビデオを見たりしています。
しかし、息子と長女関係は、完全なライバル関係にあります。

7歳上のお兄ちゃんにたてつく長女も長女ですが、小学1年生を相手にする息子も息子です。
親から見ればどっちもどっちなのですが、二人とも「自分が正しい」と思い込んで一歩も引きません。
その二人の間に入って、どちらにもしっぽを振っているのが次女になります(笑)

息子と長女もずっとケンカばかりしている訳ではなく、じゃれあっている事もあるのですが、それがエスカレートしてケンカになる事もしばしば。
まぁこの二人の関係は、もうしばらく続くと思って見守りたいと思っています。
いくらなんでも高校生にもなれば、小学生相手に本気でケンカなんてしないでしょう・・・多分(^^;)

一方で長女と次女の関係は、完全な仲良し姉妹です。
時々ケンカもしますが、仲良く遊んでいます。
しかし、何かを決める時にもめる事も増えて来ました。
例えば誰がお風呂に入浴剤を入れるのか?そんな事でもめたりします。
一応は順番でやっているのですが、突発的に起こる事態もあります。
そんな時はじゃんけんで決める。

今日も二人で衝突したので、「じゃぁ〜じゃんけんで決めよう」となりました。
次女もようやくじゃんけんを覚え、チョキもキツネみたいなチョキですが、何とかじゃんけんを出来ます。
二人でかけ声を揃えてじゃんけんを始めました。

じゃんけんの最初の言葉と言えば・・・・そうです「さいしょはグウ〜」ですよね。
ちなみにこの「さいしょはグウ〜」って、ドリフのコントの中で、志村けんが始めたのがきっかけなんですよね。
仲本工事とのコントの中で、じゃんけんをして負けた方がズボンの中に、牛乳や卵、最後には生きたうなぎなどを入れられる。
ガチンコ勝負でのじゃんけんの中で、生まれて来たのがこの「さいしょはグウ〜」でした。

で、我が家の娘達も「さいしょはグウ〜」ってじゃんけんをします。
ところが、次女が発した言葉に、みな大笑いしてしまいました。
「さいしょはグウ〜」ではなく「さいごがグウ〜」だったのです。
しかも、出していたのはグウではなくキツネさんに似たチョキ。
大笑いされも、次女は何がおかしいのか解りません。
でも、自分の言葉で皆が笑っているので、自分も照れ笑いしていました。

こんな我が家の子供達ですが、あと数年もすれば、また関係性が変わって来るのでしょうね。
息子も高校生ともなれば、もっと大人な対応を出来るでしょう。
長女も小学校中学年、次女も5〜6歳。
今とはまた違った関係性になっている事でしょうね。

そしてさらに数年もすれば、娘達はお父さんと口もきかなくなるかも知れません。
今のこの関係性は、今この時しか無い。
腹立たしい事もしばしばありますが、今この時を楽しむつもりでいたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:12 | Comment(0) | 日記