2013年12月31日

よいお年を

131231.jpg

今年も残すところ、あと5時間ほどとなりました。
今年もお世話になりました。

今年は本当にあっという間に終わった一年でした。
お正月を迎えたのが、本当につい最近のような気がしているのですが、瞬く間に一年が終わってしまいました。
忙しい中でも、何とか仕事もでき、家族みな無事に一年を終える事が出来る事は、本当にありがたい事ですね。
いろんな事があった一年ですが、振り返ってみて良い一年だったと思います。

今日はお正月を迎える準備で、買い物に出かけたりしていました。
息子は昨日やってきた東京の弟(息子から見れば伯父さん)と、朝から釣りにでかけました。
先ほど帰って来て、何匹か連れた様子です。
息子にとっては大満足の年の締めとなった事でしょう。

私達は年越し蕎麦を買いに出かけました。
奄美に来てから何度か買い物に来ている「ビッグU」へ。
駐車場の隣に「かわいいどうぶつえん」という、見るからに怪しげな所があり、以前から「行きたい」と行っていた長女。
5分だけという約束で、買い物が終わってから覗いてみました。

無料の動物園で、中にいる動物はウサギと鳥、ヤギ、そしてタヌキがいました。
ウサギを見た私は思わず外にいた嫁さんに「ペコがいる」とメールを送りました。
昔飼っていたウサギとソックリのウサギがいたのです。
そのメールに添付された画像を見て、嫁さんもすっ飛んで来ました。
しばし、可愛いウサギに心癒された私達でした。

131231-2.jpg

【昔飼っていたウサギのペコにそっくりなパンダウサギ】

これから皆でテーブルを囲んで、紅白歌合戦を見ながら年越しをしたいと思います。
今年一年、本当にお世話になりました。
来年もよろしくお願い致します。

皆様、良いお年をお迎え下さい。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 19:10 | Comment(0) | 日記

2013年12月30日

再びあやまる岬公園へ

131230-1.jpg

【あやまる岬公園から見る海】

昨日、お母さんが来て、もうお母さんにベッタリの子供達。
今日は再び空港方面へ向かいました。
親戚が奄美の北部に住んでいて、そこだけまだお土産を持って行けていなかったのです。

そこで再び空港方面へ車を走らせる事に。
昨日、公園で遊び足りない子供達は、その公園に行きたくて仕方ありません。
親戚の家に挨拶に行った帰りに、公園に寄る事にしました。

子供達は早く公園に行きたくて仕方ありませんが、話をしている内に野菜をもらって帰る事に。
隣の畑でおじさんが作っている野菜を、いっぱい頂いて帰る事になりました。
水菜やチンゲンサイ、大根・人参、たくさんの野菜をもらって帰りました。

そしていよいよ、子供達のお待ちかねの公園へ。
娘達はお母さんと一緒に公園の遊具で遊び、息子は目の前の海に真っ先に向かいました。
私も海の写真を撮るために、潮の引いた海へ。
岩場を歩くと、所々に潮溜まりがあり、カニや小さな魚など見つける事が出来ました。

ふと何かの音に気づき、音の方を見ると空に何か浮かんでいます。
何かと思うと、プロペラをエンジンで動かして飛ぶ、ハンググライダーみたいな乗り物でした。
青空の元、気持ち良さそうに飛んでいました。

131230-2.jpg

【空から海を見たら気持ち良いでしょうね】

娘達は公園で遊具で遊び、息子は潮溜まりでカニを捕まえたりして、しばし遊びました。
公園には自分で漕ぐ車や、小さな列車もあり、娘達を乗せてあげようと管理室を覗きましたが、誰もいません。
昨日来た時には、列車も走っていて、車も使われていました。
ところが今日は管理室に誰もいなくて、使う事が出来ません。
次女は列車乗り場まで行ったものの、誰もいなくて乗れなくて、大泣きしてしまいました。
「また来ようね」と何度も説得してようやく帰る事になりました。

131230-3.jpg

【沢山の潮溜まり】

今日は風もなくお日様も覗いて、とても冬とは思えない気候でした。
ぽかぽかに近い陽気の中で、公園で遊び、潮溜まりを散策し楽しい時間を過ごしました。
明日はいよいよ大晦日、今年も残すところあと1日です。
今年最後の日、有意義に過ごしましょう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:32 | Comment(0) | 日記

2013年12月29日

久々のお母さんと久々の鶏飯

今日は別行動をしていた嫁さんが飛行機で来る日。
娘達はとても楽しみにしていました。
次女は昨夜、iPhoneのFaceTimeで顔を見て話した時は、「お母さんが良いの〜」とずっと甘えて訴えていました。
飛行機に乗る直前にも、FaceTimeで話して電話を終えた後、空港に車を走らせました。

娘二人を乗せ、息子は「釣りをしたい」と言うので、残して空港へ。
空港までは車で約40分。
大阪から奄美までは、飛行機で約1時間半。
少し時間があるので、ちょっと寄り道する事にしました。
空港を通り越えて、「あやまる岬」という場所へ。

ここは、奄美本島の最北端に当たる場所。
高台から眺める景色は絶景です。
今日は風もだいぶ弱まっているので、波もおだやかです。

131229-1.jpg

【あやまる岬から眺める景色】

あやまる岬の真下を見ると、何やら公園らしき広場が見えました。
そこでは家族連れの子供達が遊んでいます。
どうやら遊び場があるようです。
すかさずそれを見つけた長女。
「あそこに行きたい」

131229-2.jpg

【あやまる岬にある遊び場】

下に降りてみると、遊具や遊び道具があり、子供達が楽しげに遊んでいます。
早速娘達は遊具で遊び始めました。
しかし、あまり時間はありません。
15分ほど遊ばせて、「そろそろ行こうか」と言うものの、まだまだ遊び足りない二人。
それでも「また来ようね」と言う事で、何とか空港へと向かいました。
たっぷり遊べそうな場所なので、また連れて来たいと思います。

空港で約5日ぶりに、お母さんと再会した二人。
もうお母さんにベッタリです。
フェリーに乗った事、奄美での事、さっき行った遊び場の事。
一気に二人で話し始めます。

家に戻って来ても、お母さんにベッタリの二人。
晩ご飯は息子のリクエストで、おばあちゃんが「鶏飯(けいはん)」を作りました。
鶏飯は奄美の郷土料理の一つです。
鶏のささみや錦糸卵、椎茸、ネギなどをご飯の上に乗せ、熱々の鶏出汁をかけて食べます。

131229-3.jpg

【奄美の郷土料理 鶏飯(けいはん)】

久々に食べた鶏飯はやっぱり美味しかったです。
おかわりして茶碗三杯も食べました(^o^)
故郷の料理はやっぱり美味しいですね。
明日は、東京から弟も帰って来て、また一段と賑やかになります。
賑やかな年越しになりそうです。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:02 | Comment(0) | 日記

2013年12月28日

釣り三昧の息子

131228.jpg

昨日の強風も少し弱まり、今日は時々晴れ間も見える天気。
それでもやはり風は強く、雨も降るコロコロと変わる天気。
島の冬はこんな天気なんですよね。

昨日はあまりの強風に、釣りを断念した息子。
今日は朝から釣りしたいモード全開で、釣りの準備をしていました。
最初は一人で行かせる予定でしたが、長女も次女も行きたいと言うので、結局みんなで行く事に。
長女も釣りたいと言うので、小さな竿を持って行きました。

最初は港の沿岸で釣っていましたが、全く当たりが無いので、防波堤の方へ。
防波堤の上に上ると危ないので、下の方で釣りました。
昨日よりは風は弱いと言え、それでも強風です。
防波堤の向こう側は、強風で白波が立っています。

港の湾内の方に向けて竿を垂らし、当たりを待ちますが、結局一度も当たりは無く。
その内、長女も次女も飽きて来て「帰りたい」と言い出しました。
夏の釣りであれば、海に魚が見えたりして、まだ楽しめます。
しかし、冬の釣りは海が濁っているため、楽しめません。

息子はまだまだ釣りたいので、息子を残して家に帰りました。
娘達は家の前の公園で遊び、息子は1時間程して帰って来ました。
結局一匹も釣れなかったようです。
潮が悪く釣れない時間帯でもあったので、仕方ありませんね。

お昼ご飯を姉が勤めているお店に食べに行き、戻って来る頃には潮が満ちて来ていました。
息子がおばあちゃんに「そろそろ釣れるかな?」と尋ねると「満ち潮だから釣れるかも」と言われ、息子は再び釣りモード。
満ち潮になって来ているので、今度は家の前の川(満ちて来ると海になる)で釣りを開始。
長女も再び付いて行きましたが、案の定30分もしない内に長女は戻って来ました。

息子は暗くなるまで釣りに没頭していたようで、陽が暮れる頃に帰って来ました。
手には2匹の魚を持っています。
体長10cmくらいのチヌでした。
河口でよく釣れる魚です。
引きが強いので釣りを楽しむにはもってこいの魚です。

何とか2匹釣れて満足した様子でした。
明後日には東京から私の弟もやって来ます。
その弟は釣りが趣味で、先に釣り道具を送って来ています。
その釣り道具を見た息子は、自分も釣りに連れて行ってもらう気満々でいます。

年末年始、二人で釣り三昧で楽しむ事でしょう。
息子は弟にお任せしたいと思います。
弟はそんなつもりじゃないと思いますが(笑)

明日には嫁さんもやって来ます。
娘達はお母さんを待ちこがれています。
空港まで迎えに行くので、空港での再会が楽しみです。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:21 | Comment(0) | 日記

2013年12月27日

島料理を堪能

131227.jpg

奄美について翌日。
昨夜は徐々に風が強まっていましたが、実家についてしばらくすると、もの凄い風になりました。
そして今日もまるで台風のように、もの凄い風。
当然強風にあおられて、波も高くなっています。
一日ずれていなくて良かったです。
今夜だったら船は大荒れ、きっとみんな船酔いになっていた事でしょう。
今日はもの凄い強風の中、レンタカーを借りに行き、午後からはお土産を持って親戚周りしました。

その後、買い物に行き、あっという間に一日が終わりました。
もの凄い強風で、まるで台風のようで、時折横殴りの雨も降り、子供達も遊べる状態ではありませんでした。
最も、遊ぶ時間も無かったのですが。

今日はお昼にカツオの刺身を食べました。
私の実家のある町は、カツオ漁船があり、昔からカツオを食べていました。
カツオと言えばタタキが有名ですが、私にとってはカツオは刺身で食べる物でした。
むしろタタキの方が珍しく、カツオと言えば刺身と言うのが私の常識です。
そのカツオの刺身を、お昼は堪能しました。

この強風で、カツオ漁船も出る事が出来ず、今年の営業も今日までだったようです。
よってカツオの刺身も今日までしか味わえませんでした。
最後のカツオの刺身を堪能出来て良かったです。

夜はまた島の料理、切り干し大根と豚肉の煮物、そして豚骨、島の地鶏の吸い物。
久々に島の料理を堪能しました。
決して豪勢な料理ではありませんが、素朴な島の料理がやはり美味しいですね。

まだ、外は強風ですが、明日は少しは天気も回復してほしいです。
実家の家の前が公園になっているので、天気さえ回復してくれたら、子供達も公園で遊ぶ事が出来ます。
明日は少しでも天気回復しますように。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 21:49 | Comment(0) | 日記

2013年12月26日

無事奄美に到着

131226.jpg

約30時間の船旅を終えて、ようやく奄美の実家へつきました。
昨夜は船の中と言う事を忘れるくらい、ゆっくりと眠る事が出来ました。
子供達も特に不安になる事も無く、船旅を楽しむ事が出来ました。
ただ、時間を持て余し、ずっとiPadでゲームばかりしていました。

船は思った程揺れなくて、寝ている間は、船の中だと言う事を忘れるくらいでした。
それでも、奄美に近づくにつれ、徐々に波が高くなって来ました。
夕方になるとさらに波が高くなり、船も少し揺れ出しました。
船酔いしてしまう前に、晩ご飯を食べる事にしました。

晩の8時頃になると、ポツリポツリと灯りが見え始めました。
そしてしばらくすると、沢山の灯りが見えて来た。
奄美の中心地、名瀬の灯りです。
船はこの名瀬港に入港します。

そろそろ下船する準備をして、片付けを始めました。
長かった船旅もいよいよ終りです。
何とか船酔いもせずに、名瀬港に着きました。

あと1時間程で着くと言う頃に、長女は近くで一緒に乗船していた同じくらいの女の子と、いつの間にか仲良くなっていました。
そしてそろそろ降りる頃に、二人で何やら遊ぶ約束をしています。
しかし、二人とも奄美の土地勘は無い。
二人の中では近くで遊べる様に感じている様子。
そして相手の女の子も、両親に何やら遊ぶ話をしています。

そこで、私が「どちらですか?」と聞きました。
すると返って来た言葉は「加計呂間です」と答えました。
加計呂間とは奄美本島から、さらに船に乗って行く離れ島なのです。
とてもとても、子供が遊びに行ける距離ではありません。

それでも仲良くバイバイして別れた二人。
もう少し近くなら、一緒に遊ぶ事も出来たかも知れませんけどね。
でも、ほんの少しの時間でも楽しい想い出が出来たようです。

今は実家でくつろぎながらつぶやいています。
実家はネット環境は無いのですが、なぜつぶやけるのか?
実は仕事が終わらない事と、家族のDVDが出来ていないので、iMacを持って来ています。
そしてネット接続は出来ないのですが、iPhoneでテザリングすれば、ネットが出来る事が解りました。
この手段を使って明日からもつぶやきたいと思います。
ネットを使った仕事もできそうなので、やり残した仕事はこれでやりたいと思います。

では、暖かい奄美の年末を楽しみたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:35 | Comment(0) | 日記

2013年12月25日

船上のメリークリスマス

image.jpeg

今日はクリスマスです。
昨夜のクリスマスイブから今日にかけて、いろんなイベントが行われている事でしょうね。

我が家も今日は、ある意味イベントです。
クリスマスの夜を船の上で過ごしています。
クルージングとか、そんなオシャレなものではなく、フェリーの中です。

年末年始を奄美の実家で過ごすために、フェリーで帰省することになったのです。
嫁さんは仕事があるので、後ほど飛行機で帰省します。

年末年始に飛行機で家族全員帰省しようと思うと、とんでもない金額になる。
フェリーなら飛行機の三分の一程で帰れます。
時間はかかりますけどね(^_^;)

今、乗船して出港待ちです。海洋に出ると電波が届かないと思うので、今の内につぶやいておきます。

順調に行けば、明日の夜に奄美に着きます。
明日は実家に着いてからつぶやきたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 17:57 | Comment(0) | 日記

2013年12月24日

手作りピザでクリスマスイブ

131224.jpg

今日はクリスマスイブです。
我が家は予定通り、ピザを焼いて食べました。
もう随分と前から「ピザを食べたい」と訴えていた次女は、ようやくピザが食べられるとあって、大喜びです。
いつもならお風呂に入るのに渋りますが、今日はピザを食べたいので、素直に言う事を聞きます(笑)

しかし、ピザはそう簡単には出来ません。
次女を迎えに行く前に、ホームベーカリーで生地が出来る様に、セットして行ったので、生地は出来上がっています。
そこから生地をこねて伸ばして、トッピングを乗せてオーブンで焼かないといけない。
それでも次女は、生地の段階から待ちきれない様子で、ずっとピザ生地を眺めています。

そしてようやくオーブンで焼く段階へ。
オーブンで焼くのも20分くらいはかかってしまう。
それなのに、次女はもう自分のイスに座って待っています。
何度も何度も「お父さん、ピザはまだ?」と聞いて来ます(^^;)

先にパスタがゆであがり、テーブルにはピザより先にパスタが乗りました。
それでも、パスタには目もくれず、ひたすらピザが焼き上がるのを待っている次女。
まるで餌のお預けを食らっている犬のようです(笑)

何度も何度も「お父さん、ピザはまだ〜?」と問いかけ、何度も私に「もうちょっと待ってな〜」と返事され。
20分ほど待ってようやくピザが焼き上がりました。
テーブルにはコップやお皿も並べられ、後はピザの登場を待つのみ・・・。と思っていましたが、骨無しチキンを出すのを忘れていました。
温めていないので、ピザが焼き上がった後に、チキンを温めました。

ピザは相変わらず形は悪いですが、それでも子供達は大喜び。
ピザが焼き上がったものの、チキンを温める3分程、待ってもらいました。
もうピザが出来ているのに、なかなか食べる事が出来ず、次女はまたまた「お父さんまだ〜?」と聞いて来ます。
そしてついに待ちきれずにピザに手を伸ばしました。
しかし、それをお姉ちゃんやお兄ちゃんに見つかり「もうすぐだからちょっと待ってね」となだめられ(笑)

そしてチキンが暖まり、今度こそピザを食べる事が出来ます。
まずは皆で乾杯。
次女は待ちきれずに乾杯の前に、ジュースを飲んでいましたが(笑)
そしていよいよピザにかぶりつく。
まるで、猛獣が獲物に食らいつくように、ピザをほおばる次女。
その食べっぷりに、みんな圧倒されてしまいました(笑)

ピザとパスタとチキンの、簡単な晩ご飯でしたが、その後はケーキが待っています。
これも待ちに待ったケーキ。
子供達のテンションはMaxに近い(笑)
大好きなピザを食べ、ケーキを食べて、満足して眠りにつきました。
サンタさんが来るのを楽しみにしながら。

サンタさんもそろそろ出勤の時間ですね。
年に一度のお仕事ですが、頑張りますか。
それでは皆さんMerry Christmas
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:52 | Comment(0) | 日記

2013年12月23日

サプライズUSJ

131223-1.jpg
【USJの目玉巨大クリスマスツリー】

131223-2.jpg
【今話題のマッピング】

131223-3.jpg
【闇夜に浮かぶパレードの煌めき】

今日は天皇誕生日で祝日。
我が家は朝からのんびり起床でした。
たまにはこんなのんびりも良いものです。

天皇陛下は本日で80歳になられました。
お元気そうで、これからもあまり無理をなさらずに、御公務をお願いしたいと思います。
一般祝賀では多くの方が、皇居で天皇陛下のお誕生日をお祝いしたようです。
私も一度で良いので、一般祝賀行ってみたいですね。

さて、本日我が家はひとつのイベントがありました。
しかし、これは子供達には内緒にしていました。
午前中(と言うよりはお昼前)に、大阪の大教会に参拝に行く予定でしたので、まずは参拝に。
これは時々行くので、子供達も解りきっています。

息子には「参拝に行くので部活は休むように」と伝えておりました。
午前中(と言ってもお昼前)に大教会に着いて、参拝を済ませ、講話を聞きました。
大阪の姉や親戚、そして奄美の会長さんと会って、その後姉と一緒にお昼ご飯を食べて解散。
いつもこの流れです。

本来ならそのまま家に帰ります。
しかし今日はその後がイベントでした。
車を高速に乗せて、ひたすら走ります。
子供達は全く気づいていない。

そして目的地周辺に近づいたとき、「あぁ〜USJが見える!!」と叫びました。
そのとき初めて、家に帰らずに違う所へ向かっている事に気づく。
息子はずっと後部座席でゲームをしていたので、外の景色は全く見ていなかった。

息子が「USJ見て行こうよ〜」と言い出しました。
「見るだけで良いから〜」と娘達もせがみます。
中に入るのではなく、外から見るだけで良いと言うのです。

それならば・・・と車を走らせ、「見るだけだよ」と言いながら駐車場へ。
まさか外からUSJを見るために、高い駐車料金払って駐車なんかしません。
子供達には内緒で、USJのクリスマストワイライトチケット(午後3時からのチケット)を購入しています。
そんな事も知らずに、子供達は外からUSJを見ると言うだけで、ワクワクして車を降ります。
「門の前で写真撮って帰ろうか」と私が言うと、それにも喜んでいます。

特に長女はワクワクしていて、写真撮って帰るだけでも満足なようです。
普通なら「中に入りたい」とか「写真だけ撮って帰るなんて嫌だ」とか言いそうなもの。
息子がこの年の頃には、絶対に「中に入りたい」と大泣きしていたと思います。
そんな息子はさすがに薄々感じているようで、私達の言葉に足並みを揃えているようでした。

入り口で写真を撮って「もう少し中の方を見てみようか」と私に促され着いて来る子供達。
そしてゲート前でチケットを渡すと、息子は「やっぱり」という顔。
長女は目をまん丸にして、「なんでチケットあるの?」とビックリ。
「気がついたらお父さんのカバンに入っていた。サンタさんからのプレゼントかな?」という私に合わせ息子が「これでプレゼント終りだ〜」と言うと、長女は「えぇ〜プレゼントはプレゼントで欲しい」と欲張りなコメント(笑)

そう言いながらも、USJの中に入りテンションが上がって来た子供達。
クリスマス寸前と言う事もあり、もう人・人・人。
迷子にならないように、ちゃんと手を繋いでとりあえず娘達が遊べそうな場所へ。

コーヒーカップやメリーゴーランドなど、楽しんだ後は、息子がジョーズのショップに行きたいと言うので、お店へ。
息子は各ショップにあるメダル製造機で、メダルが欲しいらしく、他にもスパイダーマンやバックトゥーザ・フィチャーのお店等でメダルをゲット。
そうこうしている内に陽が落ち、当たりは暗闇に包まれだしました。

USJでは今話題のマッピング(建物にピウロジェクターで映像を投影する技術)が行われています。
会場前には別料金で場所をゲットした人たちが、早くから座って待っていました。
それ以外にも見れる場所はありますが、すでに人で大混雑。
私達が来た時には、その会場に近づくことすら出来ない状態。

それでもマッピングの半分くらいを遠くから見る事が出来ました。
人でいっぱいなので、当然子供の目線からは人の背中しか見えません。
そこで、次女はお母さんが抱っこして、長女は私が肩車して、マッピングの映像を見ました。
テレビで何度か見た事はありますが、自分の目で見るのは初めて。

とても綺麗な映像に、私もそして頭の上の長女も、ずっと見とれていました。
長女は時々、「うわぁ〜スゴい綺麗〜」と叫びながら「この事日記に書く〜」と言っていました。
遠くから半分くらししか見れませんでしたが、それでも大満足の子供達でした。
私も初めて自分の目で見る事が出来て良かったです。
でも、次機会があれば、是非正面から見てみたいですね。

その後も、大きなクリスマスツリーの前で写真を撮って、最後にパレードを見ました。
早めに場所を確保して、暖かい飲み物と簡単な食べ物を取って晩ご飯がわりにしました。
そしていよいよパレードのスタートです。
煌びやかなイルミネーションのスヌーピーやキティーちゃん、いろんなキャラクターに、子供達も目を輝かせます。

パレードも終り、そろそろ帰る時間。
最後にそれぞれ欲しい物を買って帰る事にしました。
お店に入って、息子はスパイダーマンのファイル入れをゲット。
次女はいろんな物を手にとっては、また次の物を見て。
買うよりもいろんな物に興味があるようです。
そりゃ〜大人だってワクワクしますから、三歳の子供にとってはまさに夢の国ですよね。

そんな中で「何買うの?」と私に聞かれて、ようやく決めたのがキティちゃんのストラップ。
高さ10cmくらいのヌイグルミのようなストラップです。
「これがいい〜」と自分で選んだキティちゃん。
ブルーの服を着ていますが、ふと上の方を見るとピンクの服のキティちゃんもいます。
「ピンクのキティちゃんもあるよ」と私が見せると、とたんに悩み出してしまいました。
「ブルーとピンク、どっちのキティちゃんがいい?」との私の問いに、次女が出した答え。

「う〜んとね〜じゃぁ二つとも」

なんちゅう〜欲深いんじゃ。と思いながらも思わぬ答えにみんな大爆笑。
それでも「どっちかひとつだよ」と言われて、ピンクのキティちゃんを選びました。
そして長女はなかなか決められない。
最初のお店で決められず、次のお店へ。
ここでも散々悩み、ようやく気に入った手袋をゲットしました。

夕方からの短い時間でしたが、それでも子供達は大満足してくれました。
私も子供達が満足してくれたので、とても満足出来ました。
息子は何度か来ているUSJ。
長女は3歳の時に来て以来、4年ぶりのUSJ。
しかし3歳の時に覚えているのは、ジョーズのアトラクションで、ジョーズが怖かった事しか記憶にないらしい。
そりゃ〜3歳の子供にとっては衝撃的だったと思うので、仕方ないですね(笑)
でも、今回のUSJで楽しい想い出が出来たと思います。

次女が今日の日を、どこまで覚えているか解りません。
でも、楽しかった想い出として、少しでも記憶に残っていると嬉しいですね。

我が家のクリスマスのビッグイベントであったUSJも無事、子供達にバレずにサプライズで終える事が出来ました。
後は明日のクリスマスイブ、そしてサンタさんの来訪を待つのみです。
明日はピザを焼かないといけない。
子供達の楽しみは続きます。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:33 | Comment(0) | 日記

2013年12月22日

仕事以外の大仕事

131222.jpg

今日は剣道の試合の日でした。
試合と言っても、身内だけの練習試合みたいなものです。
午前中は通常通りいつもの稽古があり、午後から試合が行われました。
長女は基本の部で、いつものように稽古を披露しました。

私は仕事のため、嫁さんに行ってもらいました。
そして写真が撮れないので、こちらは別の付き添いのお母さんにお願いしました。
お陰で私の方も仕事が出来、試合の方も無事終わる事が出来たようです。

仕事の方は、あと一つとなりました。
こちらの仕事は年明けでも良いと言われているのですが、出来るのであれば年内で済ませておきたい。
そんなに時間のかかる仕事では無いので、年内に済ませようと思います。

もう一つの仕事も、本日ようやく完了となりました。
こちらのい仕事は、当所は年賀状だったのですが、話が大きく膨らんで、年賀状&ムービー制作になりました。
印刷会社の社長さんからの依頼なのですが、個人的な年賀状を作りたかったようです。
それも普通では面白くないので、自分が年賀状に入り込もうと考えたようです。

格闘技好きな社長さんのようで、格闘技の試合の写真の中に、自分の写真をはめ込んでほしいとの依頼。
最初は数枚の写真を合成して、年賀状に並べる予定でした。
しかしそれでは写真も小さくなり、あまり相手に伝わらない。
そこで、最初の写真だけ載せて、後はWebで見せる様にしたら・・・と私から提案しました。
そこから話が膨らみ、どうせなら音楽載せてやりたいと言う話に。
それならば、映像編集してムービーにした方が早い・・・って事で、ムービー制作の仕事になりました(^^;)

結婚式のスライド等で、ムービー制作は慣れているので、制作にさほど時間はかかりませんでした。
出来上がったムービーに満足されたようです。
本人も格闘家になりきっていますからね(笑)
満足された事でしょう。
でも、この年賀状もらった人はビックリするでしょうね(^^;)

そして実はもう一つムービー制作をしています。
こちらは仕事ではありません。
以前、母のアルバムの事をつぶやきましたが、実は私の家族のムービーを制作しているのです。
正確には父の10回忌に向けてのムービー制作。
5周忌の時にムービー制作をして、親戚一同の前で披露しました。
今回の10回忌は身内だけですが、ムービー制作できないか?と姉達から相談があったのです。

私もまさかここまで忙しくなるとは想像していなくて、簡単に引き受けたのですが、なかなか制作にかかれない。
ようやく仕事の目処がついてきて、今本腰を入れて制作にかかっているところです。
お正月に家族で集まって、簡単な10回忌をするので、その時に流す予定です。
10回忌ですので、父を偲ぶだけでなく、私の家族の想い出的なムービーにしたいと思っています。

仕事の方は何とか終える事が出来そうです。
後はこの家族ムービーの制作。
仕事では無いので、楽しみながら制作したいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:45 | Comment(0) | 仕事

2013年12月21日

クリスマス会

131221.jpg

今日は剣道のクリスマス会がありました。
私の方は、仕事も何とか先が見えて来て、クリスマス会の方も参加出来ました。
参加すると言うよりも、私の場合、子供達にクイズを出すという任務があり、参加せざるを得ません(笑)

2年前に私が父母会の会長をしていた時に、時間つぶしのつもりで作ったクイズ。
思いのほか好評で、次の年もやりました。
今年はもういいかな〜と思っていたのですが、今年もやって下さいと頼まれたので、急いでクイズづくり。
しかし、仕事がパンパンの状態で、全く手がつけられず(^^;)
結局、昨年や一昨年の物を半分程おりまぜて、何とかクイズを作りました。

しかし、このクイズ、文字が読めない子供には解らない。
本当は違うクイズも作りたかったのですが、さすがに今年はダメでした。
絵を見て考える間違い探しや、テレビでよくやっている「あは体験」(徐々に映像が変わって行く)なども、作れたら作ってみたいと考えていました。
年末にこれだけ忙しくなる事を、全く想像出来ていなかったので、結局何も出来ず(--;)

それでも、子供達は楽しくクイズを考えてくれました。
毎回思うのですが、大人よりも子供の方が頭の回転早いです。
「これは難しいかなあ〜」と思って作った物も、意外と早く解いてしまいます。
大人になると固定概念が邪魔するのかも知れませんね。

他にもゲーム等をして盛り上がり、最後はプレゼント交換。
今年は次女もプレゼント交換に参加して、プレゼントをもらっていました。
食べ物もケーキやお菓子、ハンバーガーなど、子供達の大好きな物が並び、大満足していた様子。
約2時間のクリスマス会は楽しく終わりました。

次は我が家のクリスマスですね。

今回出した問題をちょっとご紹介。
読めますか?

131221-2.jpg

131221-3.jpg

131221-4.jpg
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:34 | Comment(0) | 日記

2013年12月20日

初雪と初通知書

131220.jpg

寒いと思ったら、今日は初雪が降りました。
しかもチラチラとでは無く、結構降りました。
積もるんじゃないかと心配しましたが、やんで跡形も無く消えてくれました。

今日で長女は2学期が終了です。
明日から冬休みです(><)
おぉ〜ついにそんな時期になってしまったか。

今日は初めての通知書を持って帰って来ました。
1学期はまだ学校に慣れていない事で、通知書は無く全員に「頑張りました賞」が贈られた。
故に初めての通知書なのですが、そんな通知書を見せる間も無く、着替えて出かけて行った長女。
町内の子供会のクリスマスがあり、帰宅後すぐに子供達が迎えに来たのです。

この日のクリスマス会を楽しみにしていた長女。
急いで着替えて、準備をして、まだ雪がちらつく中、元気に出かけて行きました。
直前に初雪が降り、心配しましたが、何とか雪もやんでくれました。

長女が出かけた後、ランドセルから通知書を取り出し、中を見ました。
評価は三段階になっています。
私が子供の頃は五段階で、1〜5の評価だった気がするが、時代は変わったのですね(^^;)
通知書を親に見せるのが、とっても嫌だった記憶が蘇って来た(笑)

長女の通知書は、三段階の評価で「よくできた」「できた」「がんばろう」の評価になっています。
「がんばろう」は一つも無くて、七割りが「出来た」三割りが「よくできた」でした。
まぁほぼ平均ってとこですね。
学校での生活態度も特に無いようで、実にあっさりした通知書でした(^^;)
小学1年生ですからね、これから大きくなるにつれて、いろいろ出て来る事でしょう。

長女は明日から冬休み。
息子は明日、終業式で明後日から冬休み。
いよいよ冬休みに入り、クリスマスも直前です。
私の仕事もいよいよ大詰めになって来ました。
燃え尽きるまで頑張ります。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:43 | Comment(0) | 日記

2013年12月19日

もう一踏ん張り

131219.jpg

あは、あはは、あはははははは。

スミマセン、少々壊れています(^^;)
もう笑うしかないくらい、詰まっていまして。
暇な時は暇なのに、なんで仕事ってこう重なるのでしょうね。
しかし、あと3件こなせば、何とか先が見えて来ます。
もう一踏ん張りだ。

仕事以外でも一つ、この2〜3日内にやっておかなくてはならない物があり、そのためにも仕事を必死でやっている状況です。
そんな状況の中にあって、もう無いだろうと思っていた、年賀状の依頼が来た(^^;)
しかもテンプレートから制作では無く、写真を取り込んでのオリジナルレイアウト。

嫁さんの仕事場の、元上司で、毎年年賀状を依頼して来ます。
今年は来ないので「もう来ないよね」と嫁さんに聞いていた矢先でした(^^;)
もうこうなったら半分ヤケで、夜中に集中してデザインしました。
家族写真をメインに使うので、写真をスキャンしてレイアウト。
速攻でラフ出しして、今日OKの返事をもらい、夕方に年賀状を買いに郵便局へ。

ホテルで正装して撮った写真なので、写真用の年賀はがきで印刷したいとの依頼。
郵便局で「写真用のインクジェット紙年賀状ありますか?」と聞くと、表がキャラクター物と普通の物、2種類あるとの事。
普通の物を選んで「何枚ご入用ですか?」と聞かれたので「300枚」と返答した。
局員さんはせいぜい20〜30枚だと思っていたのでしょう。
あからさまに驚いた顔で「さ、300枚ですか!?」と聞き返して来た。

そして「在庫あるか確認しますので」と、横の棚から年賀状を数えて出して来ました。
無事在庫もあり、今、私の横で一生懸命プリンターが頑張っています(笑)
確実にインクが無くなるので、昼のうちにインクも購入しておきました。

この2週間ほど、一日にほぼ15時間ほど仕事をしているので、さすがに肩や腰がパンパンになって来た。
何が辛いって、子供達を寝かせるために、一緒に布団に入る瞬間。
子供達のために、iPhoneでBGM流しながら一緒に布団で横になる。
「このまま眠れたら・・・」と思うと、とたんに眠気に襲われてしまう。
現に何度か寝てしまい、30分ほどしてハッと目覚めた(笑)
それでもMacの前に座ると目が覚めるのだから不思議です。

さて、仕事の方もいよいよ大詰めです。
もう一踏ん張り。
家族でクリスマスを過ごせるように頑張ります。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:17 | Comment(0) | 仕事

2013年12月18日

次女とピザ

131218.jpg

我が家の次女は食べるのが大好き。
毎晩「今日のご飯は何?」と聞いて来る。
そして一言「オムライスが良いなぁ〜」と自分の希望を添える(笑)
それでも、私が別のメニューで答えても、何故か「やった〜」と喜びます。

そんな毎日ですが、先日、帰りの車の中で見ていた「クックルン」。
(NHK教育でやっているクッキングとアニメと実写とヒーロー者を合わせたような番組です 笑)
そこでやっていたのがピザ作り。
これを見た次女、やはり私に訴えて来た。

「今日のご飯はピザがいい」
しかし、ピザは生地から作るので、時間がかかる。
それに我が家でピザを作るのは、お誕生日やちょっとしたお祝い事のとき。
今度のクリスマスには、ピザを作る予定にしています。

そこで、家に着いて車から次女を降ろす時に、「今度のクリスマスでピザ作るからね」と答えました。
すると、「もうクリスマスだよ」と次女が答える。
私が「クリスマスまだだよ」と言うと、玄関のドアに飾ってあるリースを指差して、「ほらクリスマスだよ」と自信たっぷりに言いました。
確かにクリスマスリースを飾り、クリスマスツリーを飾り、買い物に出かければ、店内はクリスマス一色。
子供からすれば、すでに毎日がクリスマスですよね。
それでもピザを作る訳にはいかないので、「もうちょっとだからね」と言って次女をなだめた。

ピザって美味しいけど、宅配頼むと結構なお値段になる。
昔はたまに宅配ピザ頼んでいたけど、さすがに5人家族になると、食べる量も増える。
ホームベーカリー買ってからは、我が家でピザと言えば、手作りピザです。
宅配ピザほど豪華ではないけど、手作りの美味しさがあります。

子供達によってはピザとケーキ、そして何よりプレゼントが楽しみなクリスマス。
もうクリスマスまで1週間となってしまいました。
あぁ〜〜〜〜焦る。
仕事片付けなきゃ(^^;)

クリスマスに美味しいピザを作れる様に、今は集中して仕事しよう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:09 | Comment(0) | 日記

2013年12月17日

何のための報道か?

131217.jpg

これまでも何度かつぶやいて来た「特定秘密保護法案」。
可決されたとたんに、マスコミは大人しくなってしまいました。
あれだけ「国民が反対している」と大々的に宣伝しておいて、可決されたら急に静かになりました。
結局、いろいろと煽り立てて、安倍政権の支持率を下げたかっただけでしょうね。
その効果があって、支持率はだいぶ下がったらしいですが。

特定秘密保護法案の中身をしっかりと議論するのではなくて、「何となく危ない」というイメージを発信し続けたマスコミ。
やはり日本のマスコミの報道のやり方はおかしいです。
「日本が独裁政治なる」とか「我々の自由が奪われる」とか「生活が脅かされる」とか、もう次元の違う話で盛り上がっていた感が強い。
一体どこをどう解釈すれば、日本が独裁政治なると言うのか?

そんな日本の政治を批判するマスコミは、決して本当の独裁国家である、中国や北朝鮮は批判しません。
北朝鮮なんて、突然No2を粛正し、即刻処刑にまでしました。
これこそ本当の独裁国家で、批判されるべき事です。
しかし、マスコミの報道は、「誰が次のNo2になるのか?」とか「奥さんはどうなるのか?」とか、どうでも良いようなことばかり。
まさしく日本の芸能人の離婚騒動を追いかけ回す報道とソックリです。

北朝鮮は拉致問題を始め、核・ミサイル問題を抱えた国です。
中国は虎視眈々と尖閣諸島を狙い、あわよくば沖縄も手中に治めようと狙っています。
本当の独裁国家の危険性を見て見ぬ振りをして、日本の政治には極論をぶつけて「独裁政治」とレッテルを貼る。
緊迫している東アジア情勢の中で、日本は独低秘密保護法案と、国家安全保障会議(日本版NSC)は早急に必要なものです。
その必要性は表に出さず、ただただ中国と北朝鮮の内部事情だけを報道する。

暴発しそうな中国や北朝鮮に備えて、日本はアメリカと協力して対処出来るシステムを構築しなくてはいけません。
その上で常に対話する姿勢も見せる。
まさしく対話と圧力を上手く使わないといけません。
これまでのように、「話し合い」一方では、日本はどんどん中国に攻め入られ、国益を失っていくだけです。
本当の危機を伝えずに、ただただ恐怖感だけを流すマスコミ。
目の前にある危機に対して、毅然と対応しようとする政府の姿勢を、話の論点をすり替えて報道するマスコミ。

今回「国民が反対している」とマスコミは謳っていますが、果たして本当にそうでしょうか?
私は反対していると言うよりは、何が問題なのかよく解らない。というのが正しい見方だと思います。
暴走気味の中国や北朝鮮の動向を見ていると、やはり必要な法案であると、多くの人は思っているのではないでしょうか?
ただ、その中身がもうひとつよく理解できていない。
だから「危険な法案だ」と言われると、「そうなのかな?」と思ってしまう。

マスコミが本当に伝えるべきは、なぜこの法案が必要なのか?そして問題点はどこなのか?
法案を廃案にするのが目的ではなくて、より良い法案にするのが必要な事。
マスコミの報道のやり方を見ていると、最初から廃案にする事を目的としてきた気がします。
そして廃案の可能性が低くなると、それならば混乱させて支持率低下を。そんなやり方に見えて仕方ありません。

マスコミが不安をあおり、「国民の大半が反対している」と報道する。
それを見た野党政治家は「国民の声を聞け」と強気にでる。
そうなるとまとまる法案もまとまらない。
結果国会はもめる。
強行採決になる。
マスコミはこれを「独裁政治」とレッテル貼りする。

こんな報道のやり方、いつまで続けるつもりでしょうか?
多くの国民(特にネットを使っている人)は、マスコミの報道のやり方に疑問を持っています。
そしてマスコミを信用しなくなって来ています。
その事をマスコミ自体が気づくべきです。
自ら自分の首を閉めている事に気がつかないのでしょうか?
気づかないからやっているのでしょうね(^^;)
日本のマスコミに未来はあるのか?
ネットではマスゴミと呼ばれている事を知っているのか?
全てのマスコミ人がそうでは無いと思いますので、徐々にでも中から変わって行く事を期待したいですね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:01 | Comment(0) | 日記

2013年12月16日

サンタさんは誰!?

131216.jpg

我が家の夕方は忙しい。
次女を迎えに行く前に、お風呂の準備をして出る。
帰って来たらお風呂が出来ているので、すぐにお風呂に入る。
そうしないと晩ご飯が作れない。

お風呂も自分を含めて三人分洗うので、結構な時間がかかる。
そして風呂上がりには、ドライアーで髪を乾かす。
自分の髪など、ものの1分もあれば十分乾く。
しかし娘二人は髪が長いので、結構な時間を要す。
特に長女は髪質が太いのか、なかなか乾くのに時間がかかります。

今日も髪を乾かしていたのですが、その間、二人はテレビを見ている。
夕方の時間はいつもNHK教育を点けて、「はなかっぱ」や「クックルン」「おじゃる丸」など、見ています。
そしてお風呂を上がった頃には7時代のテレビ番組が始まっている。

今日は「Rの法則」という番組をやっていた。
次女の髪を乾かしている間、長女はそのテレビを見ていました。
私も次女の髪を乾かしながら、何となくテレビが目に入っていた。
TOKIOの山口氏が進行を務め、十代の若者達とあれこれ話す内容。
今日はクリスマスも近いと言う事で、クリスマスの話題でした。

幼い頃の(おそらく出演しているのは中学〜高校生くらい)思い出などを話していました。
しかし、私の焦る話の内容が・・・。
出演者の女の子が、「幼い頃サンタさんを信じていたら、友達からサンタさんはお父さんだよって教えられた」と話していたのです。
これを長女はしっかり見ていた。
ドライアーの音で、声は聞き取りにくいが、ご丁寧に下に字幕が出ている。
「お父さん」「サンタさん」という言葉で出れば、さすが長女も解るだろう。

いつもなら、不思議に思った事や疑問に感じた事を、私に聞いて来ますが、その時は何も聞いて来なかった。
まるで解りきっているような雰囲気でした。
女の子同士、きっといろいろと話しているから、学校でも「サンタさんはお父さんだよ」って話をしているのかも知れません。
おそらく長女はサンタさんの正体を知っている気がします。
息子は小学5年生までサンタさんを知らなかったのに・・・。

女の子ってませていますからね。特に今の子は。
それにしても、テレビで、しかも子供番組で、堂々とこんな発言をさせちゃダメでしょう。
サンタさんは一生懸命頑張っているのに、それを台無しにしてしまう。
子供達に夢を与えるのがテレビだったハズですが、今は子供達から夢を奪う物になっている。
過酷な現実ばかりを見せつけて、夢を見る大切さを奪っている気がします。

この「Rの法則」は、中学〜高校生くらいの年代をターゲットにしているようです。
しかし、それまでの番組の流れで、そのまま見てしまう。
もう少しその辺を配慮してほしいなぁ〜と思いましたね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:03 | Comment(0) | 日記

2013年12月15日

クリスマスの足音

131215.jpg

うぎゃ〜12月が半分終わった〜〜〜(@@)
師走が半分過ぎてしまった〜〜〜(@@)
今年も残り2週間弱。
あっという間です(><)

結局、この土日はずっと仕事していました。
お陰で随分と仕事が片付いた。
残りの仕事を来週1週間で片付けなくては。

しかし、今年のこの師走の忙しさは、今までにない忙しさです。
まさしく師走。本当にドタバタしています。
気がつけば月の半分が終わっていました。

来週はクリスマス直前で、子供達も冬休みに入る。
クリスマスが終わるともう今年も終わり。
いやはや、本当に本当に早い一年でした・・・って、振り返るにはまだ早いです(^^;)
まだまだ仕事残っていますし、やらなくてはならない事が山積みです。

あまりの忙しさに、全くクリスマス気分が味わえていません(^^;)
クリスマスケーキの予約も、結局私が仕事している間に、皆で済ませてくれました。
私は仕事しながら、BGMに流れているクリスマスソングで、かすかにクリスマス気分を味わっています(笑)
今年のクリスマスはどんなクリスマスになるのか?
家族でゆっくりと過ごすためにも、来週1週間、必死で仕事しないといけません。
もちろん年賀状も含めた仕事以外の事も(^^;)

泣いても笑っても今年もあと半月。
その中で、仕事できる時間は限られています。
実質1週間あるかないか。
そしてクリスマスの足音がどんどん大きくなって来ます。
さぁ明日も気合い入れて頑張るぞ。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:12 | Comment(0) | 日記

2013年12月14日

痒み対策

131214.jpg

時々、無性に背中が痒くなる。
仕事部屋には常に「孫の手」がおいてあります。
それで背中をカキカキするのです。

寒くなると痒みって増すのは、やっぱり乾燥するからなんでしょうね。
今年は例年以上に痒みがする。
その年によって痒かったり、そうでもなかったりするのは、気候のせいなのか?それとも私の体調が原因か?
今はエアコンを使っているので、尚更部屋が乾燥しているのだと思います。

夜、お風呂に入ると、一気に血液が巡るからなのか、これまた痒くなる。
体が温まるのは気持ちよいが、それに比例して体中が痒くなります。
体を洗ってようやく痒みは治まりますが、寝る頃になるとまたまた痒くなる。
そんでもって、今は夜中も仕事をしているので、その時がまたまた痒い(^^;)

痒い所をかいてもらうと、とたんに他の所まで痒くなるのってどうしてなんでしょうね?
かいてもらった横が痒くなり、そこをかいてもらうと、また隣が痒くなる。
結果背中全体が痒くなり、全体をかいてもらう。
きりがないので、今日は背中に乾燥止めのクリーム塗ってもらって、少しはマシになった。

確か人間の身体って、痒みを感じる神経は無いと聞きました。
痛みを感じる神経が、微弱な信号を痒みとして感じるとかで、痒みそのものを感じている訳ではないらしい。
確かに力を入れて触られれば痛みに感じるが、触れるか触れない程度で触られるとくすぐったい。
つまりは痒みと感じる。人の身体って不思議ですね。

今年の痒みがキツいのは、おそらくエアコンで暖を取っているので、部屋が乾燥している事がひとつ。
そして私の体調も原因のひとつだと思う。
体調と言うよりは気持ちかも知れない。
やはり時間に追われている感が強くて、どうしても気分的に落ち着かない。
そうなるとイライラ度もあがり、結果的に痒みが増す。

しばらくはクリーム塗って乾燥肌を抑えるしか無いですね。
体中が痒いと仕事に集中出来ませんから(^^;)
さて、痒みと戦いながら、仕事頑張りますか。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:25 | Comment(0) | 日記

2013年12月13日

寒さ厳しく仕事も忙しく

131213.jpg

【我が家もようやくクリスマスツリー】

寒さが本格的になって来ました。
さすがにエアコンの暖房では辛くなって来た。
灯油を買いたいところだが、もう少し辛抱しよう(^^;)
何とか今年いっぱいはエアコンで凌ごうかと考えています。

私の仕事部屋はエアコンで暖房にしているので、確実に暖かい。
しかし、意外と足下は冷える。
これはストーブを点けても同じ事。
温められた熱は上に上がるので、必然的に足下は一番冷たくなる。

仕事中は膝掛けが欠かせなくなりました。
以前は古いジャンバー何度を膝にかけていたのですが、先日、無印でちゃんとした膝掛けを購入。
ついでにぬくぬくのスリッパも購入したので、おかげで今は、暖かい状態で仕事出来ています。
しかし、膝と足の間、足首が異常に冷えます。
ちょうど靴下もずり落ちて来た頃に、足首が冷た〜くなっている。
今度はこの足首対策だな(笑)

ネットで調べたら「足首ウォーマー」なるものがある事を発見。
ネックウォーマーみたいに、足首に付ける。
見た目は何となく、一昔前に流行った「ルーズソックス」のよう。
でもこれ見て思った。
「古いセーターの袖口切って使えば代用出来そう」
しかし、あいにく古着を処分したばかりだった(><)

そんなに高い物でもないので、今度見つけたら買ってみたいと思います。
やはり足下の冷えは、仕事していて一番堪えます。
あまり足が冷える時等は、イスの上であぐらかいて仕事する事もある。
こうすると足が冷えなくて良い。
しかし、ちょっと体勢に無理があるので、長時間作業していると、腰が痛くなります。

外で働いている人から見れば、なんて恵まれた作業環境だ!って思うでしょうね。
確かに暖房の効いた部屋で、座って仕事しているんだから、本当に恵まれた環境です。
でも、そんな中でも足は冷えるんですよね。
そんな中だからこそ、足が冷えると言っても良い。
足の冷えは、即身体に影響します。
膝掛け等の暖かグッズを使って、極力身体を冷やさない様にしています。

最近は忙しくて、深夜まで仕事をしている事が多い。
深夜になると、エアコン点けていても、寒さが増して来るのが解ります。
仕事を終えて布団に入る時の、あの幸せ感(^^;)
それを楽しみに仕事しているこの頃です(笑)

寒さも厳しく、仕事も忙しい。
それでも、何とか本日クリスマスツリーを出しました(笑)
娘達は大喜びで飾り付けをしていました。
これで我が家にもようやくクリスマスが来るかな。
それまでには、仕事を片付けなくちゃ。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:21 | Comment(0) | 日記

2013年12月12日

徳州会と猪瀬東京都知事

131212.jpg

【写真は産経ニュースウェブ版から】

つい先日「東京オリンピック招致」に沸き上がった日本。
ところが、その立役者の一人であり、東京都のトップである猪瀬都知事が今大問題となっています。
東京都知事選の前に、徳州会から5000万円の現金を受け取った問題。
本人は「個人的に借りたもの」と弁明していますが、これは誰が見たって選挙資金としか考えられない。
そして金を貸した徳州会は、都知事となった後に便宜をはかってもらう。
つまりは賄賂として渡したとしか思えません。

猪瀬さんと言う人は、とても解りやすい人です。
必死で弁明していますが、その表情や態度が「裏金を受け取りました」と出ている。
質疑応答では、脂汗をかき、もう精神状態がギリギリまで追い込まれているのが見て取れます。
本人は何とかこの問題をウヤムヤで乗り越えたいと思っているのでしょう。
しかし、ここまで問題が広がり、しかも明確な答弁が出来ない以上、都政はもたないと思います。
東京オリンピックの招致を成し遂げたと言う実績はありますが、残念ながらこれ以上の都政は任せられないでしょう。
来年早々にも東京都知事選が行われるのは必至だと思います。

その動きを見て、早くも動き出している人もいる。
東国原氏などは、日本維新の会に離党届を出して、早くも都知事選をにらんでいるようです。
これはこれでどうよ。と思ってしまう。
それじゃなんのために国会議員になったの?

この徳州会問題の頂点にいる徳田虎雄氏は、奄美諸島の徳之島出身です。
医者であり国会議員でもありました。
幼い頃にまともな医療を受ける事が出来ずに、弟を亡くした。
それが医者を目指すきっかけとなり、全国どこにいてもしっかりとした医療が受けれることを目標に徳州会病院を設立します。
私の実家のすぐ横にも徳州会病院があり、まさに全国に広がっています。

医療を変えるには国会議員になって国から変えないといけない。
そんな想いから国会議員を目指し、奄美で選挙活動を行って来た。
私が学生当時は自民党の保岡興治氏と、無所属の徳田虎雄氏の一騎打ちの選挙戦が熱く広げられました。
当時は「保徳戦争」と言われたものでした。
島を真っ二つに二分する選挙戦は、金が飛び交う逮捕者を続出する選挙だったと言われています。

医師になって一人でも多くの人の命を救いたいという想いから、徳州会病院を設立した徳田虎雄氏。
それによって救われた患者さんも本当に大勢いることでしょう。
しかし、その一方で、選挙に勝つ事が目的となり、本来の志を見失ってしまった感があるのが、国会議員となった後の徳田虎雄氏。
自身が引退した後は、次男の徳田毅氏が国会議員となり、自民党に入っていました。
今回の事件発覚で離党しましたが。

猪瀬氏にも徳田氏にも言える事。
それは実績も残したが、その裏では金で事を動かしていた。
確かに金がなければ何も出来ない。
しかし、金に頼りすぎると、結果として今回のような事になる。
人はやはり金によって価値観が狂ってくるのかも知れませんね。

猪瀬氏にしても徳田氏にしても、どちらも実績を残しているだけに、本当に残念でなりません。
ここは日本男児らしく、潔く非を認め切腹すべきです。
これからの東京都、そして日本のためにも。

しかし、マスコミは猪瀬東京都知事しか叩きませんね。
どうしてお金を貸した徳田氏の方は、叩かないのでしょうか?
双方利益があるからお金の貸し借りが成り立ったハズです。
徳州会という巨大な組織には大人しくするのがマスコミなのでしょうか?
やはり叩きやすいところだけ叩く、弱い者いじめのマスコミにしか見えない
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:01 | Comment(0) | 私の思うこと

2013年12月11日

誰か私に時間を下さい(笑)

131211.jpg

【光の祭典チラシ】

今年のこの年末の忙しさは何だ(+_+)
もうヘロヘロだじょ〜(@o@)
しかし、まだまだやらなきゃいけない仕事があって、やはりこのままクリスマスを迎えそうな雰囲気。
そういや我が家、まだクリスマスツリー出してない(笑)
クリスマスケーキも予約してない(><)
サンタさんにプレゼントもお願いしてない(-□-)
もうクリスマスどころじゃ無い!?(^^;)

しかし、いくらなんでもこのままクリスマスを迎える訳にも行かないので、明日以降早急に対策をしなくては。
あぁ〜〜〜もう一人自分が欲しいぞ〜。
サンタさんプレゼント要らないから、もう一人私を下さい(笑)

まぁ冗談はさておき、明日こそはクリスマスツリーを出そう。
クリスマスツリーで思い出したが、駅前広場の「光の祭典」も見に行かなくては。
昨年も子供達に「行きたい」と言われながら、いつも車で側を通るだけで終わってしまった。
今年こそは子供達に間近で見せてあげたいと思います。

そうそう、今年のこの「光の祭典」のチラシ。
実は私がデザインしました(^^)ゞ
仕事でお付き合いのある印刷会社さんから、今回初めて依頼されてデザインしました。
最初は「時間が無いので、昨年と同じで良いので・・・」と言われたのですが、そこはデザイナーの血が騒ぐ。
時間は無くとも、一からデザインして、自分の納得できる物を作りたい。

結果的に印刷会社も最終クライアントもOKが出て、このチラシに決定しました。
そりゃ〜昨年のデータもらって、日付など変えるだけなら楽ですよ。
でも、それじゃ私が仕事する意味無いですもんね。

いくら忙しくても、やはり手は抜きたくありません。
逆に言えば、手が抜けないから、忙しいのかも知れませんが。
でも、忙しいと言う事は有り難い事です。
それだけ必要とされているって事ですからね。
何とか仕事こなして、無事クリスマスを迎えて、年末〜年越し・お正月を迎えたいです。

まだまだ忙しさは続きそうですが、こうなったらぶっ倒れるまでやっちゃる(笑)
自分を奮い立てて明日からも頑張ります。
では、オヤスミナサイm(__)m・・・と言いたいところですが、まだ仕事続けますので、失礼します。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:25 | Comment(0) | 仕事

2013年12月10日

「戦争のつくりかた」について思う

131210.gif

【戦争のつくりかた/リボンプロジェクト】

http://www.ribbon-project.jp/sentsuku/index.htm

数日前、facebookの友人のタイムラインに、上記の絵本の紹介があった。
「戦争のつくりかた」という、何とも物騒なタイトルのこの電子絵本。
私は以前、目にした事がある。
皆さんも是非一度目を通して頂けたらと思います。
その上で、率直にどう感じたかを、自分自身で振り返って頂きたい。

facebookの友人は、この内容にとても共感して「いいね」を押してシェアした。
しかし、私はその内容に意義を唱えました。
通常であれば、ここで意見のぶつかり合いになる。
でも、そうはならなかった。

友人も「いいね」を押したものの、私や他の方のコメントに、真剣に目を通し「なるほど」と思ってくれたようです。
その友人は私が印刷会社でグラフィックデザイナーとして勤務していた時の後輩にあたります。
とても素直で正直な、本当にピュアな女性です。
それだけに、この絵本の内容に素直に同意したのでしょう。

「戦争のつくりかた」このタイトルに、この絵本を作った方々の考え方が現れていると私は思います。
戦争って作るものでしょうか?戦争を起こすために、努力をする人がいるのでしょうか?
少なくとも、今の日本に本気で「戦争がしたい」って思う人っているでしょうか?
この本は、まず「戦争をしたい人」がいる事が前提となっています。
それも政府や政治家の中に。

この本の話の進め方は、今のマスコミのやり方によく似ています。
最初から結論があって、そこに向けて様々な事例や事案をくっつけて、その結論に誘導する。
「こうなればこうなる」という方程式を当てはめて、見る人に選択肢を与えず、自分たちの意見を飲み込ませる。
「こういう事にもなり得る」ではなく、「こうなってしまう」という恐怖心を煽っているのです。
今の「特定秘密保護法案」に否定的な報道をするマスコミのやり方にソックリです。

この辺の事をfacebookのタイムラインにコメントして、友人(後輩)もそれを見て考えたようです。
しかし、自分の中で答えが出せないでいる様子。
戦争はいやだけど、じゃぁどうすれば良いのか?
子供達に聞かれたらなんて答えたら良いのか?
今の自分に何が出来るのか?

でも、そうやって考える事が一番大事な事だと私は思う。
この本のように、「こうなってこうなる」と、まるで数式のように綺麗に考えがまとまる方がおかしい。
時代の流れ、世界情勢の中で、状況はコロコロ変わる。
その時々で判断して、決断していくしかない。

私はこの本はガチガチに固められた数式だと思います。
もとめる答えが決まっていて、それを求める数字も決まっている。
「日本の政治家達は戦争をやりたがっている」という答えを、子供達に飲み込ませようとしています。
こんな考え方では臨機応変に対応できない。
常に情勢は変わるのですから、数式は変数を含まなければいけません。
状況が変わっても、それに対応出来る変数を入れる事で、答えを導き出す。
そんな大人を育てる事が大事だと思います。

さて、後輩の質問で、「子供達に聞かれたら何と答えたら?」とありましたが、私はあえて答えを出す必要は無いと答えました。
だって、私達大人自身が、先の大東亜戦争(太平洋戦争)について教わっていないのです。
戦争が良くない事は知っていても、なぜ日本が戦争をしたのかは教わっていない。
「日本が悪かった」と教わって来ていて、子供達に「日本は悪い国だから良い国になろうね」って言えるだろうか?
それって「私達大人は悪い人だから、君たちは良い人になろうね」って言うのと同じ。
大事なのは、なぜ日本が戦争をしたのか?それを知る事。
その上で、子供達と一緒になって、どうすれば良いか真剣に話す事だと思います。

子供達だってケンカをします。
ケンカは良くないと解っていても、自我のぶつかり合いから口論になり、しまいに手が出てケンカになる。
その時に、大人は「なぜケンカになったのか?」を双方から聞く。
お互いの話を聞いた上で、これからケンカにならないように、注意を促す。
子供達はこうやって身を以て学んで行く。
戦争も同じ、何もない所から戦争は起きない。
なぜ戦争が起きたのか?それを学ばない事には、戦争を回避する知恵は生まれません。

誰だって戦争は嫌だし、平和を望んでいます。
でも、残念ながら世界は平和ではありません。
すぐ隣に日本を狙う隣国があるのです。
いつでも戦えるという姿勢を見せる事が大切です。

今の自衛隊の戦力でも、十分に戦えるだけの力を日本は持っています。
国防費を大幅に増やす必要もありません。
大切なのは、隊員の判断でいつでも応戦できる法律です。
今の憲法のままでは、日本を守るために引き金を引いた自衛隊員は犯罪者として捕まります。
いざとなれば、戦わずして死する覚悟を、自衛隊員は持っています。
そんな国のままで良いのでしょうか?

今、私達の国は大きな岐路に立たされています。
憲法9条で守られていると思っていたのに、戦争を放棄し、他国を侵略などもしていないのに、日本は今攻められようとしています。
戦争がなぜ起きるのか?
その多くは領土の奪い合い。その領土には何があるのか?豊かな資源です。
中国が尖閣諸島を狙うのも、尖閣諸島近海に海底資源があるから。
我が国日本は、戦わずして尖閣を中国に明け渡すのか?
それとも、戦う意思がある事を見せつけ、にらみ合いをするのか?

日本がいくら平和を望んでも、戦争を放棄しても、世界は平和になりません。
どうあるべきか?どうするべきか?我が国が進むべき道はどこなのか?
まさに日本国民一人一人が考えなくてはいけない時期に来ています。
考えないで、ガチガチの方程式で答えを出してはいけません。

facebookの内容に答えるつもりで、つぶやいたのですが、まだまだ私の言いたい事がまとまっていません(^^;)
あぁ〜やっぱり文才無いのは辛いな〜。
ちゃんと学生時代に勉強しておけば良かった(笑)
皆さんも自分の頭で考えて頂けると幸いです。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:32 | Comment(0) | 私の思うこと

2013年12月09日

制作した看板のご紹介

131209-1.jpg

131209-2.jpg

今日はちょっとお仕事のお話を。

私の仕事はグラフィックデザインとイラストレーションがメインです。
仕事の割合で言うと、グラフィックが7でイラストが3くらいでしょうか。
元々グラフィックデザインを中心に仕事をしていましたので、やはりメインはグラフィックデザインになります。

グラフィックデザインと言っても、その内容は多種多様です。
チラシやポスターから名刺、はたまた機関紙や冊子まで。
そして時々ですが、上の写真のような看板のデザインも依頼があったりします。

この看板のお仕事。
どちらも同じクライアントからの依頼です。
ジェムラインジャパンという宝石店の看板ですが、お仕事は広告代理店の会社さんから依頼を受けて制作しました。
一番最初の看板は、一年前に制作した物です。
二番目の看板は、つい最近制作した物。
本日、「無事設置出来ました」と画像がメールで送られて来たので、ここで紹介させて頂きます。

一番目の看板は、香芝に設置された看板。
県道106号線沿いに設置されています。もちろん1年前から。
そして二番目の看板が、今回設置された看板。
こちらは西名阪自動車道に設置されています。
正確には西名阪自動車道に隣接するビルの壁面に設置されている。

大阪方面から西名阪自動車道に入ってすぐに、左手に見えて来ます。
緩やかなカーブの先に見えるので、結構長い時間見る事が出来ます。
どちらも見かけたら、ちらっとだけ見て下さい。
車を運転中は危ないので、決して凝視はしないで下さいね(笑)

さて、今回の看板ですが、実はこの看板に決まる前に、別の案を出していました。
クライアントから「とにかくインパクトのある看板のデザインを」と依頼されていました。
そこで最初に思いついたデザインがこれです。
131209-3.jpg

鷲が獲物を捕らえた瞬間を絵にしています。
でも、捕らえたのは獲物では無く、高級腕時計。
時計だけに「時間を捕らえる」という意味合いでデザインしました。
そしてもう1案考えたのがこれ。

131209-4.jpg

西名阪自動車道に設置される看板なので、車をイメージするデザインを考えました。
F1ドライバーが一瞬の時間を駆け抜けるイメージでデザインしました。
キャッチコピーにも「刹那を刻め」と時計を関連付けました。
この二つの案を出して、どちらかを選んでもらう予定でした。
しかし、二つを並べてみると、ちょっと華やかさが無い。
どちらも男っぽいイメージが強い。
そこで、少し違うイメージの物をデザインしたのが、今回採用された案でした。

131209-9.jpg

ドラキュラ風の女性が、時計を掴むイメージに仕上げたデザイン。
キャッチコピーも、「煌めきの瞬間」としました。
私自身はこの案を一押しとしてクライアントに提出しました。
しかし、ジェムラインジャパンさんは、3つとも気に入って、どれにするか散々悩んだそうです。
制作した者としては、これほど嬉しい事はありません。
でも、やっぱり最終的に、私が一押しした案が採用となりました。

今回のこのドラキュラ風の女性。
どのようにして制作したのか、少し紹介したいと思います。
写真は、フリーランスの女性の素材集から持って来ています。
元々の写真がこれです。
とってもキュートな女性の写真です。

131209-5.jpg

元々はリラクゼーションをテーマにした女性の写真素材集の物です。
これをドラキュラ風に変えるために、まず目を黄色にレタッチ。
そして唇を血の様に真っ赤にレタッチします。
するとこのような写真になります。
131209-6.jpg

続いて牙を入れて行きます。
ここはレタッチと言うよりも、Photoshopで牙を描いているという表現の方が的確かも知れません。
ペンタブを使って、より牙に見えるように描きこんで行きます。
ドラキュラ風になりました。
131209-7.jpg

最後によりインパクトを出すために、目の部分に視線が集中するように、放射線状にぼかしをかけます。
髪の毛などの部分がボケる事で、より一層、目や唇が目立つ様になり、視線がここに集中されるようになります。
131209-8.jpg

最後に手と時計を合成して、文字等を入れこんで完成です。
いかがですか、元の素材集から、全く違うイメージの写真が出来上がるですね。面白いでしょう。
今回、先に鷲のイメージで出来たデザインがあったから、鷲の目のインパクトのイメージで、このドラキュラ風女性が誕生しました。
私自身納得出来る仕事が出来、クライアントにもとても喜んで頂けたので、本当に嬉しいです。
看板は、常に見える所にある物なので、これから沢山の方の目に触れると思うと、また嬉しいですね。

これからも、もっともっと喜んで頂けるようなデザインが出来る様に、もっともっと頑張りたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:56 | Comment(2) | 仕事

2013年12月08日

我が家の子供達の関係性

131208.jpg

我が家の子供達は、上から息子(14歳)長女(7歳)次女(3歳)です。
長女と次女は4歳違いですが、姉妹の関係は良好です。
二人でよくおままごとしたり、一緒にビデオを見たりしています。
しかし、息子と長女関係は、完全なライバル関係にあります。

7歳上のお兄ちゃんにたてつく長女も長女ですが、小学1年生を相手にする息子も息子です。
親から見ればどっちもどっちなのですが、二人とも「自分が正しい」と思い込んで一歩も引きません。
その二人の間に入って、どちらにもしっぽを振っているのが次女になります(笑)

息子と長女もずっとケンカばかりしている訳ではなく、じゃれあっている事もあるのですが、それがエスカレートしてケンカになる事もしばしば。
まぁこの二人の関係は、もうしばらく続くと思って見守りたいと思っています。
いくらなんでも高校生にもなれば、小学生相手に本気でケンカなんてしないでしょう・・・多分(^^;)

一方で長女と次女の関係は、完全な仲良し姉妹です。
時々ケンカもしますが、仲良く遊んでいます。
しかし、何かを決める時にもめる事も増えて来ました。
例えば誰がお風呂に入浴剤を入れるのか?そんな事でもめたりします。
一応は順番でやっているのですが、突発的に起こる事態もあります。
そんな時はじゃんけんで決める。

今日も二人で衝突したので、「じゃぁ〜じゃんけんで決めよう」となりました。
次女もようやくじゃんけんを覚え、チョキもキツネみたいなチョキですが、何とかじゃんけんを出来ます。
二人でかけ声を揃えてじゃんけんを始めました。

じゃんけんの最初の言葉と言えば・・・・そうです「さいしょはグウ〜」ですよね。
ちなみにこの「さいしょはグウ〜」って、ドリフのコントの中で、志村けんが始めたのがきっかけなんですよね。
仲本工事とのコントの中で、じゃんけんをして負けた方がズボンの中に、牛乳や卵、最後には生きたうなぎなどを入れられる。
ガチンコ勝負でのじゃんけんの中で、生まれて来たのがこの「さいしょはグウ〜」でした。

で、我が家の娘達も「さいしょはグウ〜」ってじゃんけんをします。
ところが、次女が発した言葉に、みな大笑いしてしまいました。
「さいしょはグウ〜」ではなく「さいごがグウ〜」だったのです。
しかも、出していたのはグウではなくキツネさんに似たチョキ。
大笑いされも、次女は何がおかしいのか解りません。
でも、自分の言葉で皆が笑っているので、自分も照れ笑いしていました。

こんな我が家の子供達ですが、あと数年もすれば、また関係性が変わって来るのでしょうね。
息子も高校生ともなれば、もっと大人な対応を出来るでしょう。
長女も小学校中学年、次女も5〜6歳。
今とはまた違った関係性になっている事でしょうね。

そしてさらに数年もすれば、娘達はお父さんと口もきかなくなるかも知れません。
今のこの関係性は、今この時しか無い。
腹立たしい事もしばしばありますが、今この時を楽しむつもりでいたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:12 | Comment(0) | 日記

2013年12月07日

時代を写すアルバム

131207-2.jpg

131207.jpg

今、訳あって私の手元に、母のアルバムがある。
母は昭和5年生まれ、アルバムの写真は当然、そのほとんどが白黒です。
白黒と言うよりはセピアと言う方がしっくりくる。
古ぼけた写真が沢山貼られた、ボロボロになったアルバム。

私が生まれる前の時代から、私が生まれた頃の写真まで、まさに母の人生そのもののようなアルバム。
アルバムが送られて来た訳は、ひとつは古い写真を綺麗にしてほしいというもの。
母が幼い頃に撮った写真が、ボロボロになっていて、綺麗に出来るのならしてほしいと頼まれた。
まぁPhotoshopを使って、出来る範囲で綺麗にしたいと思っています。
もうひとつの理由は、また後日つぶやけたらつぶやきます。

アルバムを見ていて、自分が幼い頃の風景が沢山出て来ると、忘れてた記憶が蘇って来るようです。
そんなアルバムの中に、一枚の写真を見つけた。
昔ながらのボンネットバスが写っている。
私も幼い頃に、このバスに乗った記憶がある。
しかし、いつしかボンネットバスは無くなり、今主流のバスに変わって行った。

「となりのトトロ」で、さつきとめいがバス停でお父さんの帰りを待つシーンがあります。
そこへボンネットバスがやって来るのですが、まさにあのボンネットバスが、当時は走っていました。
そしてこれまた「となりのトトロ」で出て来た様に、バスには添乗員が居て、チケットを切っていました。
そんな時代を、この写真一枚から思い出しました。

私の故郷、奄美大島で交通の手段と言えば、バスしか無い。
今でこそ自家用車を持っているのが普通ですが、私が幼い頃は、自家用車はお金持ちしか持っていなかった。
だからバスは島の人々にとって、無くてはならない足だったのです。
そしてそれは今でも変わらない。
バスは島を日々巡っている。

昔の写真を眺めながら、昭和の時代の歌を聴いていると、とたんにその頃にタイムスリップします。
この当時があるから、今の自分がある。
そして今の自分があるから、子供達がいて、未来の子供達がある。
時代は小さな物語を、いくつも紡ぎながら、大きな流れとなって移り変わって行く。
人それぞれに生きた時代があり、人それぞれに小さな物語を生きている。

ひとつのアルバムのひとつの写真から、またも妄想が始まってしまいました(笑)
写真てやっぱり良いですね。
そしてアルバムって良いですね。
我が家の写真はMacの中ですが、いずれアルバムにしたいです。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:09 | Comment(0) | 日記

2013年12月06日

美味しい珈琲を飲みたい

131206.jpg

珈琲でも飲んで、ホッと一息。

そんな時間って必要ですよね〜。
行きつけの喫茶店で、ちょっと贅沢な時間を過ごす。
ホントはそんな事が出来たら、一番の幸せですが、なかなかそれは出来ない。
近くに喫茶店なんて無いし、そんな時間も無い(^^;)

私は毎日、仕事をしながら珈琲を飲んでいます。
朝一番に一日分の珈琲を作って、ポットに入れて、5〜6回に分けて飲んでいる。
毎回毎回お湯沸かして、インスタント珈琲作るのも面倒なので、朝一番にレギュラー珈琲を入れています。
最初は美味しいのですが、やはり最後の頃になると、すっかり冷めてしまう。
珈琲も安い物を買っているので、味わうと言うよりは、惰性で飲んでいる感じです(^^;)

それでもサラリーマン時代に比べれば幸せな事です。
サラリーマン時代は、珈琲を飲むとしたら、自販機で缶コーヒーを買うしかありませんでした。
あの頃は、毎日缶コーヒーを飲んでいた。
もちろんブラックでは無くて、砂糖の入った缶コーヒー。
今思い返すと、とっても身体に良くなかった(^^;)

毎日珈琲が飲める事は幸せですが、人間はさらに欲望が膨らむもの。
最近CMでやっている「自宅で手軽にカプチーノ」的な珈琲メーカーに憧れる。
特にネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ。
家で気軽にカプチーノやカフェラテが飲めるのは、やはり憧れますよね。
もちろんブラック珈琲も飲める。

毎日ブラック珈琲だけと言うのは、やはり飽きて来るし、できれば毎回熱い珈琲を飲みたい。
仕事部屋にネスカフェ ゴールドブレンド バリスタを置いて、好きな時に好きな珈琲を飲めたら・・・。
そしたらお客さんが来た時も、美味しい珈琲を出す事が出来る。
まぁ、そんなにお客さん来ませんけど(笑)

仕事部屋に珈琲メーカーがあって、手軽にカフェラテなんては、本当に憧れます。
珈琲メーカー自体は、そんなに高い物じゃないのですが、ランニングコストを考えると今よりも割高。
でも、それだけ美味しい珈琲を飲める。しかも自宅で。
それを考えると、とってもリーズナブルだと思う。

珈琲を飲んで、ホッと一息。
そんな時間は、絶対に必要です。
そして飲むからには美味しい珈琲を飲みたい。
真剣に考えてみようかな(笑)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:12 | Comment(0) | 日記

2013年12月05日

特定秘密保護法案可決を巡って

131205.jpg

【写真は産経ニュースウェブ版から】

国会で「特定秘密保護法案」が可決されました。
マスコミの言葉を借りるならば、数の暴力だとか、独裁政治だとか、数任せだとか言えるのでしょうね。
全く審議せず、妥協もせず、野党の言葉に耳を傾けず、法案を可決したのなら、そう言われても仕方ない。
しかし、ちゃんと審議もしているし、協議も重ねている。
まだまだ時間が足りない事は否めないが。
そもそも多数決で決定して行くのが、民主主義の基本のハズですが、民主党政権なら「決められる政治」と言い、自民党政権になると「独裁政治」と言うのがマスコミのやり方です。

今回の特定秘密保護法案を巡っての、マスコミの報道の姿勢や、反対派の意見を聞くと、やはり偏った見方だと思う。
法案の問題点だけを指摘して、なぜこの法案が必要なのかを、全く取り上げない。
偏っていると思うのが、この法案を無理矢理軍国主義に結びつけようとする動き。
そして最終的には「戦争」という言葉を持ち出して来て、「日本が戦争の道に進む」と不安を煽る。

私達日本人はとかくこの「戦争」の文字に弱い。
一種のアレルギーとも言えるような拒絶反応を起こす。
大東亜戦争(太平洋戦争)で、本当に辛い想いをし、悔しい想いをし、二度とこんな戦争をしてはいけないと言う強い気持ちが、日本人に受け継がれたのなら良い。
それに加えて、「日本は戦争をした悪い国」という事を、教育の現場で行って来た。

私も含め、今の日本人は「戦争=悪」「戦争をした日本=悪い国」という認識が心の中に埋め込まれています。
だから私も大人になるまで、日本が大嫌いでした。
本当に日本は悪い国で、その国に生まれ育った自分は不幸だと思い込んでいました。
でも、実際はどうなのか?本当に日本人てそんなに悪いのか?
そんな疑問がずっと付き添っていたのも事実です。

ずっとモヤモヤとした気持ちの中で生きて来ましたが、先の大東亜戦争の事をいろいろと知る内に、本当の戦争の姿が見えて来た気がします。
なぜ日本は戦争を始めたのか?それを知らずに先の大戦を批判するのは筋違いだと思いました。
誰だって戦争なんて嫌だし、戦争した事自体は決して評価出来ません。
しかし、戦争に至るまでの様々な事があり、結果として日本は戦争をして負けた。

大人なら、よく子供に「ケンカは良くない」「暴力は良くない」と言いますよね。
子供達がケンカをしてしまったら、「なぜケンカしたのか?」をケンカした双方の口から聞きます。
その上で、ケンカに至った経緯を確かめ、もう二度とケンカしないように、お互いに気をつけよう。という事になる。
そのケンカで子供達は暴力を回避する方法を、身を以て学ぶ。

ところが私達日本人は、「なぜ戦争をしたのか?」は全く教えられずに、一方的に「日本が悪かった」と思い込んでいます。
ケンカした理由も聞かずに「おまえが悪いんだ」と頭ごなしに決めつけられた子供のように。
本当に戦争を起こさないようにするには、先の大戦に学び、そこから知恵をつけるしかありません。
ただただ「戦争は嫌だ」「平和が良い」と口にするだけでは、本当の平和は実現出来ません。

いくら私達が平和を望んでも、近隣諸国は軍事力をちらつかせ、威嚇を繰り返して来る。
「ケンカしても勝てる」と思って日本を舐めてかかっている。
もしアメリカ軍が日本から撤退したら、とたんに日本は中国に攻め入られるでしょう。
尖閣がどうのこうのではなく、確実に沖縄は中国が奪いに来ます。
下手すれば私の故郷の奄美大島も中国になってしまう。

不安を煽っているのでは無く、実際に中国が行動を起こしているのですから、やはり警戒が必要です。
この緊迫した状況の中で、国家の安全を守るためにも、特定秘密保護法案は必要不可欠。
問題点は多々あります。しかし、小さな問題を大きく取り上げて「日本が戦争の道に進む」と結びつけるのは、私はとても納得出来ません。
物事には良い面も悪い面もある。
人によって見方も変われば、意見も違う。
しかし結論ありきで物事を判断するのは違うと思います。
反対なら反対で問題点を改善する方向で議論すべきです。

一方的な物の見方から、最終的な結論に導こうとするやり方はプロパガンダです。
それを平気でマスコミがやっている事に、今の日本の抱える問題があるのだと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:32 | Comment(0) | 私の思うこと

2013年12月04日

もう一人自分が欲しい(笑)

131204.jpg

今日は水曜日。
長女の剣道の稽古の日です。
しかし、先週もそして今日も稽古はお休みしました。
長女が理由ではありません。
お休みの原因は私。

12月に入ってから、もうメチャメチャ忙しい。
まさしく毎日目が回る〜〜〜状態なのです(@o@)/
仕事が見事に重なり、そこに私用やあらゆる行事が重なって・・・。
とても剣道に付き添える状態ではありません。

しかし、嫁さんが付き添えるかと言えば、嫁さんも帰って来るのは、毎晩21時〜22時。
とても行ける状態ではない。
やむ終えず2週続けてお休みしています。

仕事が入って忙しいのは、それだけ私の仕事の需要があると言う事。
サラリーマン時代なら「残業ばっかり」とぼやいていたでしょうが、フリーの身にとっては、忙しい事は本当に有り難い事です。
しかしながら、やはりかなりの忙しさ。
もうちょっとゆとりが欲しいです。
今は気が張っているので平気ですが、一段落したら一気に寝込むかも(^^;)

仕事以外でもやらなければいけない事が詰まっており、きっと寝込む間もなく年を越しそうな気がする。
師走って忙しいけど、こんなにも忙しい師走は初めてかも知れません。
本当に一日がアッという間に終わって行きます。

明日も仕事が重なっています。
集中して仕事して、何とか時間を作りたい。
我が家の年賀状もまだ出来ていないのだ(^^;)
あぁ〜もう一人自分が欲しいぞ(笑)

もう一人自分がいたら、長女の宿題見たり、次女を迎えに行ったり、お風呂やご飯の間に私は仕事ができる。
ドラえもん道具出して〜〜〜と、バカな事考えていないで、仕事に集中しよう(^^;)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:54 | Comment(0) | 日記

2013年12月03日

マラソン大会

131203.jpg

今日は長女のマラソン大会があった。
本当は先週の金曜日の予定だったのですが、天気が悪く今日に延期になった。
今日の日のために、毎日学校で練習を重ねていた長女。
本人曰く、あまり走るのは得意では無いようです。

マラソンスタートの時間に合わせて、仕事を中断して学校まで見に行きました。
本当は仕事を優先したいけど、やはり応援してあげないといけませんからね(^^;)
子供に取っては親が見に来ているだけでも、気持ちの上で頑張れると思います。
特にマラソンは気持ちの問題が大きく影響しますからね。

学校の前に着くと、もう沢山の保護者が待ち構えています。
私もスタンバイすると、すぐに子供達が走って来ました。
まずは上級生の5・6年生が走って行きます。
続いて3・4年生が走り抜ける。
スタート時点なので、みんな元気に走って行く。

しばらくすると1年生がやって来ました。
長女も私に笑顔を見せて走り抜けて行きました。
公道をぐるっと回って再び学校の近くへ戻って来ます。
私は次の地点へ移動。

この辺になると、足の速さに差が出て来る。
長女は決して早い方ではないが、思ったよりも早く戻って来た。
私の目の前を元気に走り抜け、残り半分程を走る事になる。
私は最後のゴール地点へと移動しました。

ゴール地点へ移動してしばらくすると、1年生でトップの子が戻って来ました。
みんなの声援を受けて、一生懸命走って行きます。
そして次々と1年生が戻って来る。
しかし、なかなか長女の姿が見当たりません。

やはり走るのが得意で無いので、途中でペースダウンしたのかも知れない。
半分くらい戻って来た頃、ようやく長女の姿が見えました。
思ったよりも元気な顔で、最後の力を振り絞ってゴールしました。

後から順位を聞くと、やはりちょうど真ん中くらいだったようです。
あまりマラソンは得意では無い長女。
練習期間中も積極的ではありませんでした。
それでも、一生懸命頑張って走った事で、本人は満足しているようです。
ただ、託児所時代からのお友達に、途中で抜かされて負けてしまった事は悔しかった様子(笑)

寒空の下、一生懸命走る子供達の姿に、こちらが励まされた気分でした。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:09 | Comment(0) | 日記

2013年12月02日

コタツが懐かしい

131202.jpg

寒さが本格的になって来ました。
そろそろストーブが恋しい。
今はエアコン点けていますが、これからさらに寒さが厳しくなると、ストーブの温もりが欲しくなる。
しかし、一度灯油を買うと、もう後戻り出来ないので、限界まで我慢しよう(笑)

冬の暖を取る物に、もう一つコタツがあります。
しかし、我が家にはコタツはありません。
結婚してから一度もコタツを買った事が無い。
故に我が家の子供達は、コタツのある冬を知らない。

私が子供の頃は、コタツに入って寝転がってテレビ見るのが、楽しみでした。
南の島の奄美大島とは言え、冬になればやはりそこそこ寒い。
寒さのレベルが違いますが、それでも島の人間からすれば、やはり冬は寒い。
お正月になれば、コタツに入ってみかんを食べ、練炭で餅を焼いたものでした。

コタツがあるとそれはそれは、とても居心地が良い。
コタツで暖まりながら、テレビを見てうたた寝するのなんて、この上ない幸せです。
子供の頃はそれが原因で、よく風邪をひいたものでした。
コタツがあると、必ずコタツの中から出られなくなる。
大人だってそうなんですから、ましてや子供なんて、もうコタツの中で暮らすような生活になる。
それが嫌で我が家にはコタツがありません。

でも本当はコタツの温もり好きなんですけどね。
家族でコタツに入って、同じテレビ見たり、一緒にトランプしたり、そんな団らんがコタツにはあります。
家族を引き寄せる魔法のテーブル、それがコタツなのかも知れません。
コタツに暖まりながら、鍋を突くなんてのも、最高の幸せです。

妄想は広がりますが、我が家にはコタツはありません。
もう少し我慢して、どうしようもなくなったら、灯油買ってこよう(笑)
師走に入りクリスマスも近づいて来て、いよいよ本格的な冬がやって来ます。
今年の冬は寒くなりそうですね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:23 | Comment(2) | 日記

2013年12月01日

回転寿司に目が回る

131201.jpg

ふぅ〜食った食った〜〜〜。

今日は久々に回転寿司に行きました。
昔はよく行きましたが、最近は1ヶ月に一度行くかどうか。
それくらい行かなくなりました。
正確に言うと、行けなくなった(^^;)

何せ子供3人で食べますからね。
特に息子はバカみたいに食べます。
日頃はそんなに食べないのですが、好きな物は異常に食べる。
ここぞとばかりに、マグロばかり取って食べる息子。

そして娘達も以前と比べて、随分と食べるようになりました。
長女もそうですが、次女も食べる様になった。
これまでは卵とイクラくらいしか食べなかった。
しかし、今日は自ら「エビ」「マグロ」と支持してお兄ちゃんに取ってもらっていました。

あれよあれよと私の目の前には、食べた後の皿が重ねられて行く。
最終的に食べた皿の数62枚(*o*)
これにプラスして、子供達はアイス、嫁さんは茶碗蒸し、私はうどんを食べています。
単純計算でも、一人10皿は食べている計算ですが、きっと半分の30枚は息子だと思う。
それくらい、次から次へと、本当にバカみたいに食べていた(-_-;)

まぁ〜たまにしか来ないから良いんですけどね。
次から食べに来る前に、おにぎりでも食べさせてから来るか(笑)

それにしても、普通に茶碗に盛ったご飯と違って、寿司だといくらでも食べてしまうのは、なぜなんでしょうね?
娘達も、日頃はご飯残してしまう事があるのですが、寿司だといつもの数倍のお米を食べています。
おにぎりも同じで、茶碗のご飯だと食べないのに、それをおにぎりにすると食べる。
今日は娘達もかなりの量を食べたと思います。

最後に清算して、回転寿司が回る以上に、金額に目が回りました(笑)
さぁ、久々に寿司食べたし、ついに師走にも突入したし、明日からまた頑張るか〜。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:12 | Comment(2) | 日記