2013年10月25日

ドラえもんでハロウィン

131025.jpg

今日は金曜日。
金曜日と言えば、子供達にとっては楽しみの夜です。
「ドラえもん」と「クレヨンしんちゃん」があるのです。

これはもう息子が幼い時からの定番でして、金曜日の晩はこの二つのアニメのためにドタバタするのです。
まず、このアニメが始まるまでに、お風呂に入っておかないといけない。
終わってから入るとなると、8時を過ぎてしまう。

帰ったらすぐにお風呂に入り、子供達がドラえもんとクレヨンしんちゃんを見ている間に、晩ご飯を作る。
これがもうスケジュールとして出来上がっているのです。
そして今日もドラえもんが始まる寸前にお風呂から上がりました。

ドライヤーで娘達の髪の毛を乾かしながら、ドラえもんを見る。
髪の毛を乾かすのに、結構時間がかかるので、ついつい私もテレビを見てしまう。
ドラえもんを何気に見ていましたが、今日のドラえもんは「ハロウィン」がテーマになっていました。
じっくりと腰を据えて見た訳ではないので、詳細は解りませんが、みんなでハロウィンの格好をしていました。

子供達がハロウィンの格好をして、家を尋ねてお菓子をもらう内容でしたが、どうも違和感を感じました。
だって、いくらハロウィンが認識されて来たとは言っても、近所の家を回って子供達がお菓子を貰う習慣は無い。
海外ではそのような習慣があるのでしょうが、日本ではそんな習慣は定着していない。
せいぜい、ハロウィンパーティーやったり、仮称大会やったりする程度。
子供達がハロウィンの格好をして、街中を歩く姿なんて見た事ありません。

テレビの中の話題性として、ハロウィンを使っているのかも知れません。
でも、なんか違和感ありました。
ドラえもんって、自分たちの生活がそのままアニメ化されたような内容です。
サザエさんやちびまる子ちゃんにしても、昔の暮らしがそのまま映し出されている。

しかし、ドラえもんは、微妙に現代の要素を取り入れている気がします。
サザエさんは未だに黒電話のままですが、ドラえもんは微妙に変化している。
その内、のび太がスマホを使い出したりして(笑)
その意味合いでハロウィンを使ったのかも知れません。
でも、やっぱり自分たちの中に無い習慣だから、もの凄く違和感を感じたのかも知れません。

時代の流れとともに、生活環境も変わる。
長寿番組のアニメは、いつまでもアニメが始まった時代のままです。
微妙に変わって行くのかも知れませんが、やはり変わって欲しくない気もする。
サザエさんの電話は、いつまでも黒電話であって欲しい。

たかがアニメ、されどアニメ。
子供達に夢を与えるアニメだからこそ、変わらぬ存在であってほしい。
ハロウィンも良いけど、日本の祭りもちゃんと出してほしいですね。
基本は収穫祭なのですから、日本の収穫祭もちゃんと出してほしいです。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:01 | Comment(2) | 日記