2013年10月22日

ダブル台風に警戒を

131022.jpg

台風が近づいています。
27号・28号と、立て続けに日本に向かっていますが、どうやら28号が27号に追いつきそうな勢いです。
台風って1000km以内に近づくと、お互いに影響を受け合って
、予測で来ない動きをするらしいです。
これを発表した気象庁の人の名前を取って、「藤原の効果」と言うらしい。
最初、この「藤原の効果」をニュースタイトルで見た時、お笑い芸人の藤原が何かして、台風に影響を与えたのかと、マジで思いました(笑)

しかし、笑えないのは今回の台風による影響です。
特に26号で甚大な被害が発生している伊豆大島では、この二つの台風によって、さらに被害が広がる可能性がある。
そして二つの台風が接近する事によって、予測出来ないような動きや、天候が起こりうる。

これまでも二つの台風が接近する事はありました。
私の結婚式の前日に、猛威を振るった平成10年の台風7号・8号も二つの台風が重なりました。
この時は台風7号が勢力が強かったので、8号が7号に吸収されるような形で消滅しました。
台風7号は近畿圏内に多大な被害をもたらしました。
この台風によって、私の結婚式も、どうなる事か心配したものです。
結果的に前日に過ぎ去ってくれたので、何とか結婚式は出来ました。

しかし、今回の台風は、お互いに強い勢力を保ったまま、日本に接近しています。
この二つの巨大な勢力が、互いにぶつかり合うのか、それともどちらかが弱まって消えて行くのか?
今のところ、全く予測が出来ない状況のようです。

私の故郷の奄美大島は、台風の通り道となっていて、台風が来るのが当然の島です。
母から聞いた事があるのですが、昔、奄美でも二つの台風が迷走した事があったそうです。
奄美の北と南に台風が来て、お互いに影響されたのか、島を半時計回りにぐるりと回って、その後一つになって北上したとか。
昔の話で、母からの聞いた話なので、どこまで本当か解りません。
おそらく今のような気象衛星も無い時代の話だと思います。
でも、台風がお互いに影響を与えると言う「藤原の効果」からすれば、起こりうる話です。

台風27号は、2〜3日前の予報からすると、明らかに動きが変わっています。
本来はもっとスピードが速まって、日本を駆け抜ける予報でした。
しかし、今の予報では、北上するスピードが弱まりそうです。
そして28号がスピードを上げてやってくる。
下手すると、この二つの台風が並んで、日本列島を北上するかも知れません。

今年は本当に災害の年です。
このダブル台風が、更なる被害をもたらさないように、なるべく日本から遠い場所を、なるべく早く北上してほしいものです。
今週末にかけて、台風は日本に接近して来ます。
予測不能な状況に成り得る台風です。
皆さん、十分に警戒しましょう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:01 | Comment(2) | 日記