2013年10月18日

次女の選択肢

131018.jpg

やはり予想通り、一気に冷え込んで来ました。
まぁ、これが本来の気温なのでしょうが、やはりあの異常な暑さの後だけに、やはり寒く感じます。
つい、先日まで「暑いぞ〜」と言って、冷たいビールが恋しかったのに、今度はお鍋が食べたい気分です(笑)
寝るときも、扇風機を回していたのが、一気に毛布にくるまって寝る状態。
この急激な差は、やはり堪えます。

しかし、子供と言うのは強いもので、暑かろうが寒かろうが、いつもと変わらず寝ています。
暑いときは汗をかきながら、寒くなって来ると毛布にくるまって、まるで猫みたいな寝方です(笑)
いつも夜の9時過ぎには、寝る時間として、布団に入ります。
ほぼ私が寝かしつける事が多いので、子供達も「お父さん寝よ〜」と誘って来ます。

たまにお母さんが早く帰って来ると、「お母さんと寝たい〜」とお母さんに群がる事もある。
しかし、次女は何故かお母さんよりも私なのです。
今日も、晩ご飯中に「眠い」と言うので、先にごちそうさまして晩ご飯を終えた次女。
ところが、まだ食事中の私の所に来て、「お父さんと寝たい〜」と言い出しました。

私が「まだご飯食べているから待ってね」と言うと、今度はすたすたとお母さんの所へ。
これはターゲットを私からお母さんに変えたな。と思ってみていました。
お母さんもまだ食事中です。
すると次女は、お母さんの側に来て一言。

「じゃぁお母さんでいい」

言われたお母さんは目が点。
私は思わず爆笑。
「じゃぁ〜」って何「じゃぁ〜」って・・・。
お母さんに、そう言われても次女は笑ってごまかす。

しかし、私が食事を終えて、「寝るか」と聞くと、あっさりと私の所へ。
「じゃぁお母さんでいい」と言われたあげく、あっさりと去って行く次女。
我が家にとっては良くある光景なのですが、普通は考えられないですよね。
長女はお母さんに甘えたくて仕方ないのですが、何故か次女はお母さんよりもお父さんなのです。

それでも時々、お母さんにベッタリ甘える事もあり、次女としてみたら自分の気分で甘えているのかも知れません。
なんせ気まぐれでマイペースな次女です。
きっとこれからも、マイペースで周囲を巻き込んで行くのでしょう。

そしてあと10年もすれば、お父さんには見向きもしなくなる。
「お父さんがいい〜」と言ってくっついて来るのも、今だけです。
時々鬱陶しく感じる事もありますが、今だけの特別限定期間だと思って、ベッタリしたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:43 | Comment(4) | 日記