2013年10月16日

異常気象がもはや常識となって来た

131016.jpg

【写真は産経ニュースWeb版から】

台風26号は大きな爪痕を残して去って行きました。
こちら関西の方では、影響はありませんでしたが、関東から東北にかけて、甚大な被害をもたらしました。
特に伊豆大島では、局地的な集中豪雨によって、地滑りが発生。
多くの方が犠牲になり、今なお安否確認の取れていない方が、大勢おられます。

台風の被害と言えば、強風による破壊と、大雨による洪水を思い浮かべます。
つい最近も、京都で川が氾濫して、観光地が被害を被った事は記憶に新しい。
この事も驚きでしたが、今回の被害は、全くの想定外だったと言えるでしょう。

台風が来た時、基本的には家の中でじっとするのが通常です。
雨風をしのいで、台風が過ぎ去るまで外に出ない。
私も幼い頃から、台風が来るとそうやって家でじっとしていました。
こちらと違って、奄美や沖縄に来る台風は、速度が遅く2~3日台風が続くのもよくある事でした。
停電になって、暗い家の中で、何もする事無く、ただただ台風が過ぎ去るのを待っていた事を思い出します。

今回の伊豆大島の方々も、そうやって台風が過ぎ去るのを待っていたと思います。
ところが、そこへ地滑りが発生し、家ごと流される。
誰もが想像もしていなかった事だと思います。

今回、避難勧告等が出されていなかった事を、問題視する動きもあります。
しかし、誰がこんな被害を想定出来たでしょう?
大雨が降り出してから、避難勧告を出したとしても、それこそ台風の強風にあおられ、危険がつきまとう。
避難するのなら、台風が来る以前に避難しなくてはいけない。

今年の気象の変動は、明らかにおかしいです。
しかし、もはやこれが常識だと思わないといけないのかも知れません。
局地的な豪雨や、突如発生する竜巻。
いつどこで起きてもおかしくないのだと思わないといけません。

私たちは自然の中で生かされている。
自然の恵みを頂戴して、その中で生きています。
しかし、時として自然は私たち人間に牙をむき襲いかかる。
その事をよく知った上で、自然の中で生きていく事を考えなくてはいけません。

自分たちが住む街は、どのような環境で、どのような災害が起こりうるのか?
それをよく知った上で、災害時の対策を考えなくてはいけません。
自分の身は自分で守る。
その意識を持って生きていかなくては、これからの自然環境では生きていけないのかも知れませんね。

今年の様々な自然災害。
決して人ごとではありません。
いつ、どこで起きてもおかしくない。

私たちは自然の中で生かされている事を感謝し、その自然によって命を奪われる事も覚悟しなくてはならない。
そんな環境になって来ている。
厳しい現実ですが、だからこそ平穏な自然の環境に感謝しないといけませんね。
今回の災害を教訓にして、生き延びる術を私たちが学んでいく姿勢が大事だと思います。

最後になりましたが、犠牲になってしまわれた方々のご冥福を心よりお祈り致します。
また、安否確認が出来ていない方、一人でも多くの命が救われる事を願っております。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:41 | Comment(0) | 私の思うこと