2013年09月15日

価値ある試合

130915.jpg

昨日に引き続き、今日も剣道の試合でした。
今日は五條まで試合に出向きます。
昨日とは違い、今日は奈良県内から強豪が集まります。

台風が近づく中ので試合となり、朝は大粒の雨が降る中、五條へ到着。
五條に着いた時には、雨は上がり、その後もしばらくは雨は振りませんでした。
お昼過ぎから再び雨が振り出し、帰る時には再び雨の中帰って来ました。

昨日の試合で優勝した息子。
今日は団体戦で出場です。
長女は今回は応援だけなので、着いた時からずっと、次女と一緒に時間を持て余していました。
あまりに「暇だ〜」とうるさいので、途中からiPadでゲームをさせる事で、ようやく静かになりました(--;)
本当は試合を見て欲しかったのですが、まだ小学一年生、遊ぶ方が先ですね。

午前中は個人戦。
小学生・中学生一人ずつ出場しましたが、1回戦と2回戦で敗退してしまいました。
実力の差は、さほど無いのですが、僅かな差で敗れた感じがします。

午後からは団体戦。
いよいよ息子も出場します。
しかし、まずは小学生の団体戦から。
小学生は1試合目で、しかも相手は強豪チーム。

みんなで応援する中、必死に頑張りました。
結果は敗退してしまったのですが、僅差での敗退でした。
2勝2敗1引き分けと、まったく互角の戦いをしたのです。
しかし、僅かに取った本数が、相手が1本多かった。
強豪相手に健闘した子供達に、私たちも先生も心から「よく頑張った」と声をかけました。

小学生の団体戦が終わると、次は中学生の団体戦。
小学生の子供達も、自分たちの分まで一生懸命応援しました。
1回戦の相手は道場チームでは無く、中学校のチーム。
息子曰く、かなりの強豪らしい。

その息子は副将として出場。
残りの先鋒・次鋒・中堅・大将は、なんと全部女の子です。
しかし侮るなかれ、女子でも男子以上に強い子もいるのです。
そんな中で、息子は黒一点として頑張りました。

先鋒が2本勝ちと、さい先の良いスタートでしたが、続く次峰・中堅が2本負け
続く息子が引き分けでも負けが決まってしまいます。
そんな崖っぷちの状態で、2本勝ちを決め、後の大将に繋ぐ事が出来ました。
そして大将が見事に2本勝ち。
ハラハラドキドキした試合に、みんな興奮していました。

次の相手は、さらなる強豪チーム。
優勝候補のひとつとも言える、名の通った道場です。
ここは当たって砕けろの気持ちで行くしかありません。
そして当たって、見事に砕けてしまいました(^^;)
やはり相手は強かった。

しかし、大将までもが2本負けの試合で、息子だけが唯一勝利する事が出来ました。
1本取って何とか一矢報いる事が出来ました。
先鋒・次鋒・中堅と立て続けに2本取られて行く中で、唯一息子が取った1本。
思わず私も応援しているみんなも、歓声が上がりました。

昨日の試合、そして今日の試合と、息子の試合を見ましたが、以前の試合とは別人のようになりました。
動きに切れが出る様になり、闘志も感じる様になりました。
ようやく中学生らしい試合をするようになった感じです。
部活で3年生が抜け、息子と同級生の二人が最上級生となった事。
さらに、自分がキャプテンに選ばれた事。
それが、息子の剣道を変えてくれたようです。

これまで息子の試合を見て来て、注意ばかりで、褒めてあげる事は殆どなかった。
本人もそれは自覚していたようですが、なかなか自分自身、変わる事が出来ずにいました。
しかし、今日の試合を見て、ようやく息子も変わる事が出来たと思いました。
今日はたっぷり褒めてあげました。
そして「次の大会で優勝するつもりで頑張れ」と発破をかけました。
次は私たちの道場が主催する大会です。
再び強豪達が集まります。
しかし、そんな中でも優勝する気持ちで臨む事が大事だと思います。

2回戦で敗れたものの、息子の成長を見る事が出来た試合内容に、私も嫁さんも大満足で帰って来ました。
これからも、もっともっと頑張って成績を残してほしいと思います。
後は勉強・・・・・・こっちはいつになったら変わってくれるかな(^^;)
文武両道、厳しい道だけど、頑張ってほしいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:41 | Comment(0) | 日記