2013年09月06日

ドコモからiPhone

130906.jpg

ついに来たか!?
「ドコモがiPhoneを発売!!」
そんなニュースが飛び交っています。

これまでも何度か噂が出ては、フタを開けてみたら結局無かった「ドコモiPhone」。
ドコモユーザーにとっては、iPhoneを使いたくても、使う事が出来ない事態が続いていました。
そのためか、ドコモから他キャリアへ移行するユーザーが急増。
この流れを食い止めるためにも、iPhone発売は十分に可能性がある。

今回、これまでの噂と明らかに違う点。
それはドコモが否定をしていない事。
報道された内容に対して、「それは我が社が発表した内容ではない」という曖昧な表現。
さらに、社長に「iPhone売るのですか?」との問いに、無言で車に乗り込んだ。

これは「言いたいけど言えない」って事なんでしょうね。
Appleとの取り決めもあるだろうし、正式に決まるまで発表する事が出来ないのでしょう。
どこからか情報が漏れてリークされてしまったのでしょうね。
この情報がウソならキッパリ否定するハズです。
これまでがそうでしたからね。

これでついにiPhoneが3社揃い踏みとなります。
こうなると、ユーザーとしては、安定した回線とサービスを選ぶ事が出来ます。
これまでは、iPhoneを使うには、まずはSoftBankしかありませんでした。
私は長い事、auからiPhoneが出るのを待って、ようやく昨年iPhoneを手にする事が出来た。

iPhone=SoftBankの方程式が長かったので、iPhoneを使いたいために、SoftBankに流れた人も多かったと思う。
一昨年、ようやくauがiPhoneを出して、iPhone=SoftBank or auの方程式に変わった。
そしてついに、iPhone=SoftBank or au or docomoに変わる。

今回のドコモiPhone参入に喜んでいるユーザーは多いでしょう。
反面、恐々としているのはSoftBankではないでしょうか。
これまでiPhone=SoftBankの方程式で、ユーザーを取り込んで来たSoftBankですが、3社揃い踏みとなれば立場は弱い。
CMで「繋がりやすさNo.1」とか「バリバリバンバン」とか、派手にやっていますが実態は非常に疑わしい。
SoftBankユーザーの声は時として、怒りの声が聞こえて来る。

元々、回線の安定したドコモ。
そして何より企業とのタイアップが強いドコモ。
ドコモがiPhoneとiPadを売り出して、企業とのタイアップを始めたら、まさしく鬼に金棒でしょうね。
そして流出が止まらなかった個人ユーザーも、戻って来る可能性は十分に考えられます。

特にSoftBankに乗り換えたものの、不満を頂いているユーザーが、再びドコモに戻る可能性は十分にある。
SoftBankは、これまで独占して来たiPhoneという武器が使えなくなってしまった。
そうなると、後は値段で勝負するしかない。
おそらく信じられないサービスを打ち出して来るのではないでしょうか?
でも、そのサービスも内容は疑わしいと思う。

そしてもう一つ、ドコモのiPhone参入で目くじらを立てているところが。
ドコモがツートップ戦略の一つとして売って来た「ギャラクシー」のサムスン。
スマホではAppleのライバルです。
これまではドコモはギャラクシーを売りにして来ましたが、やはりiPhoneの人気には及ばない。
ドコモからiPhoneが売り出されれば、ドコモのギャラクシー販売は当然減る。

しかし、ここまで書いていて、情報がウソだったら大変ですね。
何せiPhone発売の情報が出てから、ドコモの株は一気に上がりました。
もし、情報がウソだったとしたら、株の下落は免れません。

まぁウソだったら、真っ先に否定していたでしょうし、あの曖昧回答は「言いたいけどまだ言えないのです」としか聞こえません。
ドコモからiPhone出たら、ドコモユーザーともFaceTime出来るって事ですね。
そんなに顔見て話す相手はいないけど(^^;)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:13 | Comment(0) | 日記