2013年08月22日

帰って来た二人

130822.jpg

今日は朝からスケジュール詰まりっぱなしの一日でした。
9時半から仕事の打ち合わせで平群町へ。
そのまま大阪へ出る予定でしたので、嫁さんと次女も連れて行きました。
もちろん打ち合わせ場所には連れて行きませんでしたが、打ち合わせ場所が公的な場所でしたので、その中で本を読んで待ってもらいました。

そして打ち合わせが終わった後は大阪へ。
今日は息子と長女が帰って来る日です。
そのお迎えもありますが、帰ってくるのは夕方の便。
それまでの時間、ちょっと買い物に出かける事にしていました。

行き先は「IKEA」。
嫁さんもずっと前から行きたがっていたし、私自身も行きたいと考えていたのです。
しかし、一番近いIKEAでも、大阪の鶴浜。
高速で行くしかないので、そうそう行く機会も無い。
しかし、今日は関空まで迎えに行く。
おまけに平群で打ち合わせが入ったので、そのまま25号線を走り、下道でIKEAまで行きました。

IKEAに着いた時には、もうお昼を回っていました。
まずはIKEAレストランでお昼ご飯。
平日なので駐車場は空いていましたが、それでもお昼時なので、レストランは人でいっぱいでした。

腹ごしらえをして、それから2Fを見て回ります。
モデルルームのようになっていて、IKEAの家具やインテリアで、様々な部屋が再現されていました。
「こんな部屋いいなぁ〜」と、ついつい夢見てしまうような部屋が、次から次へと出て来ます。
時に子供部屋があり、そこでは次女も大興奮。
ベッドに飛び乗ったり、椅子によじ上ったりと、かなりハイテンションになっていました。

ハイテンションになっていたのは、私たちも同じです。
IKEAの商品って、デザイン性が高く、とてもオシャレなんですが、値段がとてもリーズナブルです。
思わず「あれもこれも」と欲しくなってしまいそうな物ばかりです。
しかし、今日は買う物を決めていたので、必要な物だけ買ってIKEAを後にしました。
でも、本当に夢を描いてしまうお店ですね。
なかなか頻繁には行けないと思いますが、購入する物を決めて、行く時にまとめ買い出来る様にしたいと思います。

IKEAを出た時には、4時半になっていました。
関空までは高速で走って30分くらい。
5時過ぎには無事関空に着きました。
次女にとっては、一昨年の夏に奄美に帰った時に、伊丹空港で飛行機に乗った以外、飛行機を間近で見ていません。
一昨年はまだ一歳ちょっとなので、全く記憶に無い。
だから、飛行機を間近で見て、とても興奮していました。

第2ターミナルの駐車場の横に、展望台(小高い丘みたいなもの)があり、そこで飛行機の離着陸が見れます。
潮風に吹かれながら待っていると、一機の飛行機が降りて来ました。
ピンク色の機体、間違いなくPeachの飛行機です。
「これが北海道からの飛行機か?」と思いましたが、到着時間より少し早い。
良く見ると、後ろからもう一機降りて来ます。
時間からして、それが北海道からの飛行機のようでした。

飛行機が降りて来たのを確認して、到着ロビーに向かいました。
そして10分ほど待って、息子と次女が姿を現しました。
長女は真っ先にお母さんに駆け寄り飛びつきました。
そしてすぐに次女と手を繋いで駐車場へと向かいました。

帰りの車の中は、それはもう賑やか。
次女はまたまた興奮して、奇声を上げるし、長女はお母さんに北海道での思い出話に夢中。
よほど楽しかったのでしょうね。
そして次女も、久しぶりにお兄ちゃん・お姉ちゃんに会えて、嬉しかったのでしょう。

明日からまたいつもの家族に戻ります。
賑やかな現実が始まります。
北海道でたっぷりと遊んで、たっぷりと美味しい物を食べて来た、二人も現実が始まります。
楽しい思い出を大切にしながら、また現実を頑張ってほしいですね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:27 | Comment(0) | 日記