2013年07月31日

嬉しいお手紙

マリオの冒険001.jpg

本日、郵便受けの中にレターパックが一通入っていた。
「何だろう?」と取り出してみると、送り主は仕事でお世話になっている文芸社さんからでした。
私自身も文芸社さんから絵本を出版しているので、その関連で時々書類が届きます。
今回もその書類かと思ったら、仕事でお世話になった担当者さんからでした。

不思議に思って開封してみると、中にお手紙と新聞の切り抜きが入っています。
お手紙は担当者の方と、絵本を描かせて頂いた著者の方からでした。
今年の3月に仕上げた絵本の「マリオの冒険」の著者さんです。
著者の方のお礼の手紙が、文芸社さんに届いて、それをお知らせするために、担当者の方がお手紙付きで送って下さったのでした。

お礼のお手紙を拝見すると、なんと、このつぶやきで「マリオの冒険」の事が書かれていると、娘さんに聞いて読まれたとの事。
当時、ちょうど他の絵本と同時進行で仕事をしていた事などを、つぶやきで知って、わざわざお礼のお手紙を書いて下さったのです。
そして「マリオの冒険」の出版に当たって、掲載された新聞の切り抜きも一緒に送って下さいました。

カラーの写真付きで、「マリオの冒険」を持っておられる著者さん。
不思議と以前から知っているような親近感すら覚えました。
きっとイラストを描きながら、著者さんのイメージを自分の中で作っていたのかも知れません。
そして、そのイメージどおりの方だったのでしょう。
とても品のある、とても笑顔のステキな方でした。

仕事とは言え、自分の描いたイラストが、こうやって新聞に掲載され、著者の方の喜びに繋がっている事は、本当に私にとっても嬉しい事です。
毎回、絵本のイラストは、仕事と言いながらも、半分楽しみながら描いています。
その事は私にとってもとても幸せな事だと思います。
そしてさらに、その著者さんにも喜んで頂ける。
これは二重の幸せですよね。

今回、お礼のお手紙と新聞を頂戴した事で、さらに幸せが広がりました。
「あぁ〜この仕事やって良かった〜」と、しみじみと感じる事が出来ました。
が、そのとき、ふと気になった事が。

つぶやきを読んだのに、わざわざお手紙を・・・・。
「もしかして」と思って、慌ててその当時のつぶやきを引っ張り出してみると。
やっぱり・・・・著者さんからコメントが書かれていました。
もう一週間ほど前に(--;)
古い記事なので、コメントに全く気づかずにいてました(^^;)
申し訳ありませんm(__)m

改めて「マリオの冒険」紹介させて頂きます。
興味のある方は、是非手に取って読んでみて下さい。
よろしくお願い致します。

マリオの冒険
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:58 | Comment(0) | 絵本