2013年06月25日

オムツからパンツへ

130625.jpg

最近、次女がオシャレに目覚めたのか、自分で服を選ぶ様になった。
私が服を用意してくると、「これは嫌」とか言って、自分で服を選び直す事が多くなった。
全く以て女の子ってのは、本当にオシャレに目覚めるのが早いですね。
長女も自分で服をチョイスするようになったのは早かった気がしますが、次女はもっと早いです(^^;)

逆に息子は今でもそこら辺にある物を適当に来ている。
私たちが「その格好はおかしいだろ!!」ってツッコミ入れても、全く気にしない。
男の子と女の子で、これほど前に違うものなんですね。

しかし、オシャレに目覚めても、まだオムツの取れていない次女。
トイレ成功する数も増えて来ましたが、まだまだオムツを外すまでには行きません。
一時期はトイレに行く事すら拒んでいた時期もありましたが、最近は素直にトイレに行きます。
自ら「トイレ行く〜」と進んで行く事もあるのですが、この時は大概おしっこ出た後です(笑)

オムツ外れるタイミングって、突然やって来るもんなんですよね。
あまり親がオムツを外そうと必死になるよりも、子供の自らの気持ちを待つ方が良い気がします。
我が家の子供達は、みな託児所でトイレトレーニングしてもらったようなものです。
家ではあまり積極的にやっていないです。っていうか出来ないです(^^;)

無理矢理トイレに連れて行っても、子供が拒否反応を起こすだけなので、子供自らトイレに行く事を待つしか無い。
次女もようやく自らトイレに行くようになって来ました。
そしてトイレでウンチやおしっこに成功した時は、目一杯褒めてあげます。
次女もトイレで排泄する事が気持ち良いと感じ始めているようです。

加えて「オムツよりもパンツ」という発想に持っていけたらと思っています。
お姉ちゃんがパンツをはいてるのを見ているので、自分もパンツをはきたいという気持ちは少なからずありそうです。
パンツを履くとしっかりとトイレでおしっこをしないといけない事を、身体で覚えて行くしかありません。
まずはトレーニングパンツで徐々に慣らして行きたいと思います。

今年の夏を目標に、何とかオムツを卒業したいですね。
息子も長女も通って来た道。
次女もマイペースながら、それなりに成長して来ています。
この夏頑張ってもらいましょうか。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:09 | Comment(0) | 日記