2013年06月18日

AdobeCSからCCへ

130618.jpg

AdobeのアプリをCreative Cloudにして1年になります。
初年度だったので、ひと月\3,000で利用して来ましたが、1年経つので\5,000に料金が上がります。
あぁ〜せめて\500とか\1,000のアップにしてほしいですね。
だっていきなり\2,000のアップはきついです。

まぁそれでもこれで仕事している以上は、使うしかないんですけどね。
これまでのように、バージョンアップの度に、10万円近いアップ料金が必要だった事を考えれば、私にとっては月払いの方が良いです。
バージョンアップ料金が要らなくなるのと、全てのアプリが使えるってのが、やっぱり嬉しいです。

Adobeも今後はCreative Cloudに全面移行する方針で、これまでのCSシリーズを一変してCCと変更しました。
そしてその提供が本日より開始されました。
早速ダウンロードしてテスト開始です。

使っていないアプリも、何なのか解らないアプリもありますが、ひとまず全部ダウンロード(笑)
私の欲張りな性格で、使える物はどんどん使おうって考えです。
だって使い放題なんだもん。どんなアプリでどんな事が出来るのか、少しずつでも勉強していきたいと思います。

とは言え、そんなに一気にテストは出来ないので、ひとまず仕事でメインに使うIllustratorを開く。
見た目はCS6と変わらない。
アイコンも色が微妙に違うだけ。
これって絶対に間違えてクリックするよな(笑)

IllustratorCCの今回の一番の売りは、「文字タッチツール」でしょう。
これまでは文字を入力して、その中の一文字だけ変形させる事は不可能でした。
それが今回から可能になったのです。
一文字だけ大きくしたり、変形したり回転させる事が可能。
これまでは、文字をアウトライン化するか、その文字だけ独立させるかで対応していました。

確かに便利な機能です。
でも、正直私はあまり使わない気がする。
例えば本文の扱いの中で、一文字だけ強調するとか、インデント的な扱いにするのなら、使いやすいかも知れない。
でも、タイトルとかロゴとかで使うには、ちょっと使いづらい。

もう一つの目玉。
それがブラシツールに画像が使える様になった事。
こちらの方が私としては嬉しい。
使い方としては、木の枝を樹皮の写真で作ったブラシで作れる。
そして葉っぱもブラシの拡散ツールで、沢山葉っぱがあるように作れる。
他にもいろいろと使い道はありそうです。

実は今回、一番私が期待していた機能が、IllustratorからCSSの書き出しが出来る機能。
Webページのデザインをする時、私はまずIllustratorでラフ的にイメージを製作する。
その上で、必要なパーツを作り出し、Dreamweaverでコーディングしていく。
今回のIllustratorCCでは、Illustratorで製作した状態からCSSが書き出せるらしい。
これはとても嬉しい機能。

でも、まだテスト出来ていません(^^;)
こちらはボチボチテストしてみようと思います。

まだまだCS6も十分に使いこなせていない状態で、CCへと移行しました。
仕事で使うには、まだまだ不安要素が多いので、仕事は当分CS6で行います。
そして徐々にCCへと移って行きたいと思います。

それにしても、変わりましたね〜。
一昔前までは、バージョンアップの度に、パッケージ版を購入して、配送されて来た物を開けて、DVDでインストールする時代でした。
今は、ネットで簡単にダウンロードですからね。
パッケージもDVDも必要なくなってくるのですから、アプリの値段ももっと下げて欲しいぞ!!
特に私のように長年使い続けているユーザーは大事にしてくれ(笑)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:02 | Comment(0) | 仕事