2013年06月30日

夏が始まる

130630.jpg

【写真は2年前の奄美帰省】

6月も終り、いよいよ本格的な夏に向かって行きます。
今年の梅雨明けはいつなのか?
どんな夏になるのか?
気象の変動が激しい年なので、ちょっと不安でもありますが、それでもやはり夏が来るのは嬉しいですね。

四季折々の楽しみがありますが、無条件でワクワクするのは、やはり夏ならではです。
「夏」と言うだけで、妙にワクワクした気分になりますよね。
これってやっぱり子供の頃の「夏休み」の影響なんでしょうか(笑)
特別な予定が無くても、なぜか「夏」と言うだけで、イベントがあるような気分になります。

でも、今は「夏休み」と聞くと、「子供が学校に行かない」という恐怖の言葉に置き換わってしまいます。
あぁ〜もうすぐ夏休みなんですね〜。
ちと憂鬱(笑)

私も夏大好きなのですが、どうしても奈良の夏だけは慣れません。
もう奈良に来てからの方が、故郷の奄美大島で育った年月より長いのですが、それでも大和盆地の夏は慣れません。
暑くてじめじめした盆地の暑さは、カラッとした暑さの奄美の暑さとは別物です。
気温も奈良盆地は35℃なんて当たり前ですが、奄美では暑くても33℃くらいです。
加えて湿気が少ないので、暑くても木陰に入れば風が涼しい。
そのかわり太陽の下に30分も居れば、火傷するような日焼けになります。

同じ夏でも全く違う夏。
生まれ育った環境の夏に身体が適応していますので、奈良盆地の夏にはいつまで経っても慣れないのでしょうね。
同じ事が嫁さんにも言えます。

嫁さんの故郷は北海道十勝(生まれ育ったのは札幌ですが)。
夏に北海道に行くと、これまた違う夏がある。
北海道も暑い事は暑い。
しかし奈良盆地のような湿気は無いし、夜になれば心地よい風が吹く。

お互い湿気の少ない夏を過ごして来ているので、奈良盆地の暑さには二人とも弱い(^^;)
私は奈良に来て初めて夏バテというのをしましたからね。
まだ二十歳のバリバリに体力がある時に、あまりの暑さにダウンしてしまいました(笑)
突然の環境の変化に、身体が適応出来なかったのだと思います。
でも、奈良で生まれ育った人には当たり前の夏なのでしょうね。

同じ夏でも、各地によって夏の気候は様々なんだと思います。
盆地の夏、海辺の夏、島の夏、高地の夏、大地の夏、都会の夏。
それぞれの暑さがあり、それぞれの楽しみ方があるのだと思います。
大和盆地の夏、本当に暑いですが、逆に言えばそれだけ涼しさを求める事が出来る。
一番手っ取り早いのは、冷たいビール(^o^)v
あっそれは大人だけの話(笑)
子供達を連れて、どこか川遊びにでも行きたいですね。

今年の夏。
どんな夏になるか解りませんが、少しでも夏の思い出作れたらと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:13 | Comment(0) | 日記

2013年06月29日

相性の問題か(^^;)

130629.jpg

以前、このつぶやきで「我が家はTOSHIBAと相性が良くない」と書いた事がある。
いつだったか過去の記事を読み返したら、なんと一年も前の事だった。
その相性が良くないTOSHIBAさん(TOSHIBAさんゴメンナサイ)なのですが、やはり今回も相性は良くなかったようで・・・。

一昨日から洗濯機が動かなくなってしまったのです。
何度洗濯機を回してもE-1の表示が出て止まってしまう。
ネットで調べたら同じような症状の人がいて、どうやら排水が出来ずにエラーになるようです。
糸くずフィルターの所を開けて、手動で排水をしたら再び動くのですが、しばらくするとまたエラーになる。
これを繰り返していました。

昨日電話をして、本日修理に来てもらう事に。
それまで洗濯をしない訳にはいかないので、一昨日は手動で排水を繰り返しながら洗濯。
今日はコインランドリーで洗濯をする事に。
う〜ん、やっぱり我が家は相性良くないのだ(^^;)

夕方に修理の方が来られて、約小一時間かけて何とか修理完了。
やはり排水の部品が壊れていて、排水が出来ない状態だったようです。
修理代と部品代、そして出張費合わせて17,000円ほどかかりました。
部品代と修理費は知れているけど、やはり出張費が一番高い。
そりゃ〜技術持った人が来ているのですから当然ですけどね。

ジョーシン電機で購入していたので、5年保証に入っていたハズ・・・と、昨日調べていたのですが。
ちょうどこの5月で5年過ぎていたΣ( ̄ロ ̄lll)
なんとタイミング良く故障したものだ。
痛い出費ですが、洗濯出来なくては困るので、何とか修理してもらいました。

しかし、本当にTOSHBAさんとは相性良くないなぁ〜。
もう一つのTOSHIBA製品の、ハードディスクレコーダーも相変わらず調子悪いです。
しょっちゅうエラーになって、コンセント抜いて無理矢理再起動しないと使えません。
これも一度修理に出して、HDを完全に入れ替えているのですが、やっぱりダメですね。
5年保証使えた時だったので、修理代はかかりませんでしたが、今度完全に故障したら、もう買い替えですね。

洗濯機も一度修理してもらっています。
その時は5年保証内だったので、修理代はいらなかったのですが、今回はダメでしたね。
5年保証に入っていても、殆どの他メーカーさんの製品は、使う事も無くそのまま買い替えになる事が多い。
しかし何故かTOSHIBAさんだけは、5年保証を使い、さらにまた故障する事が多い。

昨年この事をつぶやいた時に、関東に方から「我が家はとてもTOSHIBAとは相性が良い」とコメントを頂きました。
その時に、もしかして関東と関西で違うのかもしれないと思いました。
TOSHIBAは関東の会社です。
一方PanasonicやSHARPは関西。
Panasonic・SHARPは比較的相性が良い我が家。
これはもしかすると、関東の会社と関西の会社で違うのかもしれないと思いました。
関東から北と、関西から南では、50Hzと60Hzの周波数の違いがあります。
これが実は微妙に影響しているのでは?

でも、そうだとしたら、関西から南の人たちは皆、TOSHIBAやHITACHIとは相性が悪い事になる。
逆に関東から北の人は、Panasonic・SHARPとは相性が悪いことに・・・。
やっぱ我が家だけの問題かな(笑)

洗濯機も今度故障したら買い替えかなぁ〜。
せめて10年くらいはもって欲しいので、あと4〜5年は頑張ってくれ〜(^^;)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:38 | Comment(0) | 日記

2013年06月28日

卒オムツに向けて

130628.jpg

数日前に次女のオムツの事をつぶやきました。
その事をまるで知っていたかのように、次の日から次女が目覚めました。
託児所に迎えに行くと、先生がビックリしたような声で教えてくれました。

その日、次女は3回もトイレでおしっこに成功して、一度もオムツを汚さなかったらしい。
それを聞いて私もビックリして、次女に「凄いね〜」と言うと、次女も満面の笑みで喜んでいた。
託児所では比較的おトイレ成功している確立が高い。
やはり先生方がちゃんと見てくれているので、トイレに行くタイミングが良いのでしょう。
加えてお友達も沢山いるので、お友達に刺激されて、自分もトイレに行くのだと思う。

その日も託児所だけなのだろうと思っていました。
ちょうど水曜日だったので、迎えに行った後に剣道の稽古があります。
そのまま稽古場へ向かいました。

剣道でも4回「トイレに行く〜」と言って、その内の2回は出ませんでしたが、残りの2回はおしっこに成功しました。
結局その日は一日オムツを汚さなかったのです。
これですっかりやる気スイッチが入ったのか、次の日も託児所でオムツを汚さなかった次女。
家でもトイレで用足しが出来る様になってきました。

さらに本日、あるチャレンジをしました。
以前から「パンツ履く〜」と言っていた次女に、朝からパンツを履かせて託児所に行ったのです。
本人はもうすっかりお姉さん気分。
しかし私は気がかりでなりません。
何度も何度も「おトイレ大丈夫?」「おしっこしたくなったら言いや」と聞きながら託児所に向かいました。

託児所で先生に「今日はパンツ履いていますので」と伝えると、先生も「凄〜い」とビックリ。
次女は得意そうに満面の笑み。
きっと汚して帰って来るだろうと思いながらも、託児所を後にしました。

そして夕方迎えに行くと、またまた先生がビックリしながら「おトイレ全部成功しました」と伝えてくれました。
ちゃんとパンツでも汚さずに、トイレで用を足せたのです。
またまた私が驚いて「やったね〜凄いね〜」と言うと、次女はもう得意満々の笑顔。
家に帰って来てからも、私が手を離せない時に「おトイレ大丈夫?」と聞くと「おしっこ行く〜」と答えます。
私が手を離せないのでお兄ちゃんに連れて行ってもらっても、ちゃんとトイレでおしっこ出来ました。

本人はすっかりオムツを卒業したつもりのようで、「もうオムツ要らない」と言い切っています。
パンツも自分の好きなパンツを選べるのが嬉しいようです。
ちなみに今日はおしりにミニーちゃんがプリントされたパンツでした。
服と一緒で、これからパンツも自分で選ぶ様になるんでしょうね。

これですぐにオムツが不要になる訳ではありません。
就寝時はやはりオムツでないと不安なので、しばらくは寝るときだけはオムツです。
でも、日中パンツで過ごせる様になれば、オムツの消費量も激減します。
これは本当に助かる。

時々失敗もすると思いますが、このままオムツ卒業となってほしいですね。
しかし、子供って本当に突然出来る様になるものですね。
私たち大人も、実は自分で出来ないと思っているだけで、その気になれば何でも出来るのかも知れません。
そんな事を思わせる次女の変身ぶりでした。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:02 | Comment(0) | 日記

2013年06月27日

夢を現実に

130627.jpg

もうすぐ6月も終りです。
いやはや、本当に早いです。
どうしてこんなにも月日の流れが速いのか。
もう今年も半分終わるんですからね。
なんだか信じられません。

7月に入るとすぐに七夕がやって来ます。
次女は託児所で短冊を用意してくれて、先日願い事を書いて提出しました。
もうすぐ、託児所の入り口に、みんなの願い事を書いた七夕飾りが登場する事でしょう。

願い事。
私たちは「こうであってほしい」「こうなりたい」と願いを託します。
しかし、それとは別に、「こうなるんだ」という夢も持ちます。
特に子供の頃は「大きくなったら○○になる」という夢を持っていたと思います。

皆さんは、自分の子供の頃の夢を覚えていますか?
私の子供の頃の夢。
実はあまり覚えていないんですよね(^^;)
意外と夢の無い現実を直視する子供だったのかも知れません。

でも、小学校の卒業の寄せ書きには、将来の職業の夢に「画家になりたい」と書いた事は覚えています。
その当時から絵を描いたり、物を作るのが好きでしたから、そう書いたのだと思います。
中学校の時には、ギターに夢中になっていたので、「ギタリストになりたい」って書いていたと思います。
その時の夢中になっているもので、子供の夢なんてコロコロ変わるものですよね(笑)

その後、工業高校に進学して、そのままの流れで電機メーカーに就職したわけです。
その頃は「夢と現実は違う」と、妙に大人ぶって自分を言い聞かせていたように思います。
ところが、やっぱり自分の好きな事をしたくなって、転職して印刷会社などを経て、今の私がある。
小学生の時に描いた夢「画家になりたい」に、かなり近い職業になっている。
そう考えると、幼い頃に描いた夢と言うのは、一番自分が本当にやりたい事なのかも知れませんね。

自分のやりたい仕事を出来る。
これはとても幸せな事だと思います。
しかし、その反面、苦労もやはり多い。
全てが楽しい事ばかりでは無い。
それでも自分が好きで始めた事で、自分が社会貢献できる事は、本当に嬉しい事です。
あとは、もっと稼げる様にならないと・・・・永遠の課題かも(笑)

自分の事を振り返ってみて、ふと子供達を見る。
中学二年生の息子は、全く何を考えているのか解らない。
夢があるようで無い。
ただただ、今が楽しければそれで良い・・・・みたいな雰囲気を感じます。

私自身が途中で道を変えたので、出来る事なら子供達には最初から夢を求めて欲しい。
そのためには努力をしないと行けませんが、途中で道を変えるのは、やはり覚悟がいるし苦労も多い。
子供達が夢を追い求めるのなら、親として最大限のサポートはしてあげたい。
しかし、息子に関しては、全くその気配は無い(-_-;)

長女は今のところ「パティシエになりたい」と言っていますが、これも途中でコロコロ変わるのでしょうね。
女の子ですから、なおさら流行に敏感です。
次女は・・・・まだまだ遊ぶ事と食べる事に夢中です(笑)

まぁ、子供達の将来は、子供達で決めて行くでしょうから、私は私の仕事を精一杯頑張るしかありません。
毎年託児所の短冊には「元気ですくすく育ちます様に」的な言葉を書いています。
何よりも家族が元気で過ごせる事が、一番の願い事です。
夢は願うものではなく、叶えるものですからね。
自分の努力でつかみ取りましょう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:12 | Comment(0) | 日記

2013年06月26日

腐っている日本の政治

130626.jpg

今日は凄い雨でした。
私の住む町でも大雨が降り、洪水警報が発令されたため、長女はいつもより1時間ほど早く学校から帰って来ました。
特に大きな被害も無かったのですが、また今週末には雨の予報で、引き続き注意が必要となりそうです。

天気も大雨でしたが、政治の世界も荒れ模様のようですね。
本日で通常国会が閉会したのですが、参議院で安倍総理に対して問責決議が可決されました。
正直訳が解りません。
第二次安倍内閣が発足して約半年。
何か大きな失策でもありましたか?

民主党政権下で異常なまでの円高と、それに伴う株価の低迷。
どうにもならない閉塞感の中、ようやく衆議院が解散され、政権交代が実現し第二次安倍内閣が発足しました。
円高は是正され、理想とされる1ドル100円前後まで円は下がりました。
それに伴い、株価も1万4000〜5000円代まで回復。
アベノミクスへの期待感で、景気も上向きになって来ています。

問責決議する意味が全く解りません。
どうみても、単なる「対決姿勢の演出」にしか見えない。
来る参議院選挙のために、野党としての大義を作るための問責。
そのために、重要な法案が廃案となってしまいました。

送電分離等の足がかりとなる「電気事業法改正案」や、ソマリア沖での海賊に対応する「日本船警備特措法案」。
そして問題となっている生活保護の改正に伴う法案等も全て廃案となった
いったい誰のための政治なのか?
何のための問責決議だったのか?

今回の問責決議に納得できる日本国民なんて、殆どいないと思います。
対決姿勢を示すのなら、選挙の前に党首討論したり、政権公約で示せば良いだけの事。
安倍総理に対して問責決議を可決した事で、自分たちの姿勢が評価されると思っているのでしょうか?
全く逆効果だと思います。

発足以来、これと言った失策も無く、大臣の問題も殆どない内閣。
だからこそ支持率も高いし、期待感も高い。
その総理大臣に対して、問責を叩き付けると言う事は、日本国民に対して納得出来るだけの説明が必要です。
なぜ安倍総理ではダメなのか?しっかりと説明する義務がある。
そうでなければ、単なるパフォーマンスと見られ、参議院選挙前に墓穴を掘った形になってしまうのです。

重要な法案を全て犠牲にしてまで決議した問責です。
私たちの生活に関わる重要な法案を廃案してまで決議したのです。
ちゃんと説明した頂かなければ、私たち日本国民は納得出来ません。
まぁ説明するだけの理由も無いと思いますけどね。

本当にもう日本の政治家には嫌気がさして来ています。
自分たちの政党の事、自分たちの利益しか考えていません。
国のため、国民のためなんて、口先だけで、全ては我がのため。
ここまで日本の政治は腐りきっているのかと、今回の問責決議を見て思いました。

本当に日本国のためを思って動いている安倍政権を、倒す事が彼らの目的なんでしょうね。
何たって自分が一番の人たちばかりですから。

日本の腐りきった政治の中から誕生したのが、民主党政権であり、その中から日本史に悪名を残す総理大臣も誕生しました。
一人は福島第一原発の事故を拡大させた菅直人元総理。
そしてもう一人は史上最高の悪名を残すかも知れない鳩山元総理。
またまたこの人はやらかしました。

香港でのテレビ取材に対し、中国が「尖閣諸島を日本が盗み取った」という見解に理解を示す発言をしています。
そしてまた中国に行くそうです。
中国に行って、日本の元総理として、中国政府にしっぽ振って「尖閣諸島は日本だけのものじゃない」とでも言うのでしょう。
本当にこの人は国賊と言う言葉がピッタリの人となってしまいました。
日本の国益を損なうだけじゃなく、日本にとって本当に疫病神となりそうです。
自分の事しか考えていないこんな人を、総理大臣にしてしまった国民にも責任はありますが、あまりにもその後の言動が酷過ぎます。

この人をこのまま野放しにするのは、あまりにも危険です。
自らの言動で、日本に多大なるリスクを生み出したとして、逮捕するか、もしくは財産を没収する意味も含めて損害賠償をさせるべきです。
知恵は無いのに、お金だけ莫大に持っているから、変な動きばかりするのです。
この人からお金を取ってしまえば、何の魅力も無い人です。
ただの宇宙人で終わるのです。

こんな政治家ばかりが目立つ日本の政治。
一生懸命頑張っている政治家がいる中で、あまりにも自分たちの事しか考えない政治家が多い。
次の参議院選挙。私たちはしっかりと候補者の事を調べて、日本の未来を託せる人に投票しましょう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:23 | Comment(0) | 私の思うこと

2013年06月25日

オムツからパンツへ

130625.jpg

最近、次女がオシャレに目覚めたのか、自分で服を選ぶ様になった。
私が服を用意してくると、「これは嫌」とか言って、自分で服を選び直す事が多くなった。
全く以て女の子ってのは、本当にオシャレに目覚めるのが早いですね。
長女も自分で服をチョイスするようになったのは早かった気がしますが、次女はもっと早いです(^^;)

逆に息子は今でもそこら辺にある物を適当に来ている。
私たちが「その格好はおかしいだろ!!」ってツッコミ入れても、全く気にしない。
男の子と女の子で、これほど前に違うものなんですね。

しかし、オシャレに目覚めても、まだオムツの取れていない次女。
トイレ成功する数も増えて来ましたが、まだまだオムツを外すまでには行きません。
一時期はトイレに行く事すら拒んでいた時期もありましたが、最近は素直にトイレに行きます。
自ら「トイレ行く〜」と進んで行く事もあるのですが、この時は大概おしっこ出た後です(笑)

オムツ外れるタイミングって、突然やって来るもんなんですよね。
あまり親がオムツを外そうと必死になるよりも、子供の自らの気持ちを待つ方が良い気がします。
我が家の子供達は、みな託児所でトイレトレーニングしてもらったようなものです。
家ではあまり積極的にやっていないです。っていうか出来ないです(^^;)

無理矢理トイレに連れて行っても、子供が拒否反応を起こすだけなので、子供自らトイレに行く事を待つしか無い。
次女もようやく自らトイレに行くようになって来ました。
そしてトイレでウンチやおしっこに成功した時は、目一杯褒めてあげます。
次女もトイレで排泄する事が気持ち良いと感じ始めているようです。

加えて「オムツよりもパンツ」という発想に持っていけたらと思っています。
お姉ちゃんがパンツをはいてるのを見ているので、自分もパンツをはきたいという気持ちは少なからずありそうです。
パンツを履くとしっかりとトイレでおしっこをしないといけない事を、身体で覚えて行くしかありません。
まずはトレーニングパンツで徐々に慣らして行きたいと思います。

今年の夏を目標に、何とかオムツを卒業したいですね。
息子も長女も通って来た道。
次女もマイペースながら、それなりに成長して来ています。
この夏頑張ってもらいましょうか。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:09 | Comment(0) | 日記

2013年06月24日

世界の富士山へ

130624.jpg

富士山が世界遺産登録となりました。
登録は確実とされていたので、「ようやくか」という気持ちでしたが、ビックリしたのが「三保の松原」も含まれていた事。
富士山から45km離れていて、富士山の一部とは言えないとの見解から、除外される事が確実視されていました。
しかし、フタを開けてビックリです。
これには地元の方々も驚き&歓びの一言だった事でしょう。

どうやらこの滑り込み登録には、必死のロビー活動があったようです。
三保の松原を世界遺産に含める様に、世界の代表に説明して回ったようです。
三保の松原と富士山が一体である事。
また三保の松原からの富士山が美しい事、そして浮世絵にも描かれている事。
これらを各国の代表に根気よく説明していたようです。

パンフレットなどを見せて、その美しい風景や浮世絵を見せられた各国の代表は、すぐにその素晴らしさに納得したと言います。
結果、三保の松原を世界遺産から除外する事に、19カ国中18カ国が反対した。
これだけ反対されたら、世界遺産に登録しない訳にはいきません。
日本の努力が報われた瞬間でした。

これは形を変えたひとつの外交と言えますね。
政治の外交も、これくらい必死になってロビー活動をするべきです。
日本の良さを、日本の誠実さを、しっかりと各国へ説明しなくてはなりません。

晴れて世界遺産登録となった富士山。
本当に美しいですからね。
今まで登録されていなかった方が不思議です。

ただ、手放しには喜べません。
課題も沢山あります。
世界遺産登録された事で、確実に観光客が増えるでしょう。
ただでさえ、富士山は世界中から人が集まります。
最も大きな問題となるのはゴミ問題でしょうね。

そして登山客も一気に増加するでしょう。
そうなると事故も増えます。
またトイレ等の施設の問題もあります。
富士山を訪れる人を、どのように受け入れるか、それが一番の問題ですね。

また、問題と言うよりは懸念があるのが、富士山の噴火です。
以前から「いつ噴火してもおかしくない」と言われている富士山。
世界遺産登録となったものの、いつ噴火するか解りません。
しっかりと観測しているので、予兆が現れたら解ると思いますが、やはり心配材料のひとつです。

今回の世界遺産登録で、世界からも注目される事ですが、やはり私たち日本人も、もう一度富士山を見つめ直す時ですね。
世界遺産に登録されたと言う事は、しっかりとその環境を守り、後世にその姿を残していかなくてはいけません。
本当に美しい富士山。
世界遺産登録の名に恥じない様に、いつまでもその美しさを残して行きたいですね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:12 | Comment(0) | 日記

2013年06月23日

おもちゃの新たな価値

130623.jpg

日曜日の朝くらいゆっくりと寝たい。
しかし、日曜日の朝に限って子供って早起きなんですよね。
テレビの音で目が覚めて、ふとテレビの方向を見ると、次女がテレビ体操(ラジオ体操)を見ながら、真似て体操をしていました(笑)
私が見ている事に気づくと、照れ隠す様に笑いながら体操を止めました。

日曜日って子供にとってはやはり楽しいのでしょうね。
まぁ私も子供の頃は、日曜日になると早起きしていた記憶があります。
特別何かある訳でも無いのに、何故かワクワクして早起きしていました。
何なんでしょうね?あの感覚。
ただただ休みってだけで、ウキウキ・ワクワクしていました。

日曜日の朝は、子供達にとってテレビの楽しみがある。
朝の7時〜9時まではヒーロー者の時間帯です。
7時半から戦隊ヒーローが始まり、8時からは仮面ライダー。
そして8時半になるとプリキュアが始まる。

さすがに息子は中学生なので、ヒーロー者は観ません。
娘達もヒーロー者には興味が無いので、7時〜8時半くらいまではテレビはあまり見ない。
ところが8時半になると、娘二人がプリキュアを楽しみに観ています。

午後から買い物に出かけ、いつものようにイオンモールへと向かいました。
ジョーシンへも寄ったのですが、娘二人は早速おもちゃ売り場へ。
そこにはプリキュアのおもちゃも沢山。
早速二人でいろいろと触りながら遊んでいました。

息子が幼い頃には、戦隊シリーズや仮面ライダーシリーズで、毎年おもちゃの種類が変わっていました。
最近の子供向けのテレビ番組は、明らかにおもちゃを売るためのテレビ番組となっています。
一年ごとにヒーローが代わり、その度におもちゃも一新されます。
新しいヒーローの度に、子供達は新しいおもちゃを求める。

最初は男の子向けだけでした。
しかし、今度はプリキュアがその女の子版として登場しました。
こちらも毎年シリーズ化して、その度におもちゃが変わる。
子供達はその度に、新しいおもちゃを求める様になる。

我が家は、息子が3歳くらいの時に、アバレンジャーという戦隊シリーズのロボットを与えました。
ところが、その数ヶ月後、新しい戦隊ヒーローに変わりました。
その時「しまったやられた!!」と思ったのです。
それからは、二度と買う事はしませんでした。
本当にきりがないですからね。

プリキュアも娘達は喜んで観ていますが、おもちゃを買い与えた事はありません。
買ってあげたのは、シルバニアファミリーやアンパンマンなど、ずっと続いているシリーズです。
同じシリーズの中で、新しい仲間が増えて行くのは良いと思う。
シルバニアファミリーに新しい動物のファミリーが増えるとか、アンパンマンのキャラクターが増えるとか。
しかし、1年単位で全てが刷新されるのは、やはりおもちゃを効率よく売るためだけの戦略としか見えない。

戦隊ヒーローの初代と言えばゴレンジャー。
私が小学生の頃に始まったゴレンジャー。
そりゃ〜私も夢中になりましたよ。
おもちゃとか欲しくてたまりませんでしたが、貧乏だったので一切買ってもらえませんでした。

そのゴレンジャーの頃は、1年で終わっていなかったと記憶しています。
いつから1年単位のサイクルになったのでしょう?
もう少し長くやっても良いと私は思います。

何か大人の都合で、子供達のおもちゃまで変えてしまっている気がしてなりません。
1年単位でおもちゃも捨てられて行くみたいで、もっと長く愛される番組とおもちゃを作ってほしいです。
そんな点ではトミカのプラレールが面白い企画をしています。
男の子なら誰でも一度は憧れたプラレール。
線路を繋げて、そこに電車を走らせる瞬間。子供達の目が輝きます。

そのプラレールも、小学生中学年くらいまで。
我が家も沢山レールを買いましたが、使わなくなったので譲りました。
でも、男の子って乗り物への憧れって、幾つになってもあるんですよね。
特に電車は大人になっても夢中になっている人は大勢います。

そんな大人も楽しめるプラレールをトミカは考え出したのです。
プラレールの線路は電車が一つ乗っかる構造です。
しかし、乗せる電車を半分のサイズにして、プラレールの線路をそのまま活かして、電車が二両平行して走れる車両を開発したのです。
これは素晴らしい発想です。
その名も「プラレールアドバンス」。

自社がこれまで積み重ねて来た「プラレール」というブランド。
それを捨て去るのでは無く、そこから新たな価値を見いだして行く。
子供の頃に使ったプラレールを捨てるのでは無く、再び活用して新たな展開をして行く。
小さくなった車両を買ってくれば、今までのプラレールを使って、また遊ぶ事が出来る。
しかも一本のレールで、電車が並行して走れるので、対向車両が出来る事になる。
よりリアルな鉄道模型となるのです。

たかがおもちゃ。されどおもちゃ。
おもちゃには子供の夢が詰まっています。
子供に夢を抱かせるのがおもちゃの役目です。
どんどん新しい物を作っては、古い物を捨てるので無く、そこから新たな価値を見いだす努力が必要なんですね。
おもちゃに限らず、私たちの生きてゆく中でも。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:09 | Comment(0) | 私の思うこと

2013年06月22日

蛍の舞う風景

空梅雨を補う様に、二日間たっぷりと降った雨もすっかり上がり、今日は久々にお日様が顔を出しました。
本日は嫁さんが休みだったために、次女も託児所お休みです。
長女はもちろん学校休み。
息子は部活のため、朝から出て行きました。

午後からは息子も長女も、友達と遊ぶために、それぞれに出かけて行きました。
長女は近所の同級生達と、その辺で遊んでいるので、時々家に戻って来ます。
その度に、次女も一緒に行きたくて、お姉ちゃんに断られて大泣きしていました。
あまりに次女がストレス溜まっているので、夕方にちょっとお店に出かけました。
育てている野菜の肥料を買うために。

それでも、次女はお出かけ出来るのが、嬉しくてたまらない。
一目散に車に乗り込みました。
お買い物はすぐに終わったのですが、このまま素直に帰るハズのない次女。
そこで、ペットコーナーに犬を見に行きました。

130622-3.jpg

ちょうど一匹の犬が、ガレージに出ていて、私たちが近寄るとしっぽを降って寄って来ました。
人なつこいわんちゃんのようで、手を差し出すと、ペロペロ舐めて喜んでいます。
最初はちょっとビビっていた次女も、手を出してわんちゃんを触っていました。

買い物を終えて、夕方からお出かけの予定。
それまでに、息子も長女も帰って来る約束です。
本日の夕方からの予定。
それは蛍を見に行く事でした。

3年程前に、蛍を見に行ったきり、蛍を見ていません。
毎年「蛍見に行きたいな〜」と行っている内に、夏になってしまうのです。
なぜ今日は行けたのか?
実は急遽、剣道の稽古がお休みになったのです。
いつもなら動けない時間帯。
このチャンスを逃がすまいと、即決しました(笑)

隣の市まで車を走らせるので、途中のコンビニで、飲み物と軽く食べれる晩ご飯を買う。
目的地までは30分程。
陽も落ち少しずつ暗闇が広がって行く。
目的地に着いた頃は、随分と薄暗くなっていました。

130622-2.jpg

まずは腹ごしらえ。
車の中で晩ご飯を食べて、暗くなるのを待ちます。
カエルの大合唱をBGMに晩ご飯を食べました。
ふと見ると、東の空にお月様が浮かんでいます。
水の張った田んぼにまあるいお月様。
日本の美しい風景ですね。

皆が晩ご飯を食べ終わる頃には、すっかり闇に包まれました。
いよいよ蛍を見に車を降ります。
ところが次女はすっかり眠っていました。
晩ご飯前から寝てしまったようで、仕方なく抱っこして連れて行きました。

私たちの他に、二家族程見に来ていました。
しかし、まだ時間が早いのか、蛍が見えません。
しばらく待っていると、一匹光っているのが見えました。
その後、ポツポツと光りますが、なかなか舞ってはくれない。

私たちより先に来ていた家族の方が、別の場所から見えるポイントを教えてくれました。
そこへ移動すると、確かに蛍が飛んでいます。
幻想的な緑色の光が、あちこちで光っています。
次女も目覚めて、初めて見る蛍に不思議そうにしていました。

130622-1.jpg

何とか写真に収めようと、カメラを構えますが、なかなか難しい。
何とか撮れた写真がこれ(笑)
近づいて撮れたら良かったのですが、川を挟んで撮影していますので、これが精一杯でした。
写真には撮れませんでしたが、幻想的な蛍の舞を見て、とても心が落ち着きました。

昔はどこにでもいたんでしょうね。
もっと気軽に蛍が見れるような、そんな環境を取り戻して行きたいですね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:13 | Comment(0) | 日記

2013年06月21日

My Birthday

130621.jpg

台風はいつの間にか、温帯低気圧に変わりました。
お陰で何事も無く一日が終わりました。
ただ、梅雨前線と重なっているので、これからも大雨が降るところもあると思います。
十分ご注意下さいね。

さて、そんな台風が接近していた中。
私は今日で、またひとつ年を重ねました。
さすがにこの年になってくると、「お祝い」って感じでもないですね(^^;)
それでもfacebookでは、大勢の人からお祝いメッセージを頂戴しました。
改めてお礼申し上げます。
ありがとうございました。

梅雨真っ最中の誕生日ですので、毎年天気が良くないイメージです。
今日も一日雨の天気でした。
まだ台風が来なかった分だけマシでしたけど(笑)
以前は誕生日の日に、台風が来た事もありましたし(^^;)

誕生日ですが、いつもと変わらない一日。
普段通りに仕事して、普段通りに次女を託児所に迎えに行って。
普段通りに娘達をお風呂に入れて。
普段通りに晩ご飯作って食べさせて。

しかし、その後は普段通りではありませんでした。
嫁さんが気を効かせて、帰りにケーキを買って、買い物をして帰って来ました。
娘達はご飯を食べていたのですが、ケーキがある事が解ると、突然「もう食べれない」と言い出しました。
ケーキを食べる事に気持ちが行って、ご飯どころじゃ無くなったようです(笑)

ところがケーキを出してみてビックリ。
ケーキがつぶれてしまっています。
自転車で持って帰って来たので、振動で崩れてしまったようです(笑)
それでもローソクを立てて、みんなでハッピーバースデーを歌ってくれました。

ローソクの火を消すと、次女は待ちきれない様子で、お皿に崩れたケーキを乗せると、夢中で食べ始めました。
先ほどまで、ダラダラと晩ご飯を食べていたのが、別人のようです。
そしてぺろっと一皿食べると、さらにもう一つ食べたいと言い出しました。
ケーキのおかわりです。
晩ご飯もろくに食べていないのに(^^;)
本当におかわりでもう一皿出すと、さすがに全部は食べきれませんでしたが、ほぼ完食に近い状態まで食べていました。

私の誕生日ですが、私よりも娘達が喜んでいた誕生日でした。
お父さんが幾つになったのかも知らないまま、ケーキを食べて満足した子供達。
またひとつ年を重ねました。
昨年から何か成長したのだろうか(笑)
毎年そう思いながら一年が過ぎている。
来年の今日は、今年よりも成長したと思える様に、一年を頑張りたいと思います。

ビールも入っているので、半分酔っぱらった状態でつぶやいています。
いつも以上に誤字脱字多いかも知れません。
お誕生日と言う事で、おゆるしを(笑)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:17 | Comment(0) | 日記

2013年06月20日

台風が来ています

130620.jpg

数日前まで「雨が降らない〜」って言っていたのに、今度は一気に大雨です。
今年の梅雨はやはり極端ですね。
前半空梅雨、後半大雨です。

この大雨で水不足は解消されるかも知れませんが、今度は水害が起きている所もあり、困ったものですね。
加えて台風4号も接近しているので、明日から明後日にかけて、十分な注意が必要です。
台風自体はそんなに大きくありませんが、梅雨前線と台風が重なるので、さらなる大雨が降る可能性もあります。
天気予報を見てみると、北上した後、九州の西で突然方向を変えて、そのまま四国に向かいそうです。
何とも気まぐれな台風さんです。

私は奄美大島で生まれ育ったので、子供の頃から台風は何度も経験しています。
正直言って、本土に上陸する台風の比じゃありません。
勢力が強いまま、しかもスピードが遅いので、それこそ台風が来たら、最低でも2〜3日は台風が続きます。
こちらのように、数時間で通り過ぎるような台風じゃない。

だから最初にこっちで台風を経験した時、「えっもう行ったの!?」って感じでした。
私にとって台風は、猛烈な雨風が少なくとも1日中続くものと認識していました。
しかし、その僅かな時間の台風でも、甚大な被害が出る事が毎回不思議でなりませんでした。

奄美での台風に被害は、ほぼ暴風による被害です。
しかし、こちらの被害は雨による被害が多いんですよね。
土砂災害や河川の氾濫が被害を大きくしている。

もう一つ不思議に思ったのが、台風が来ているのに、外で作業をして亡くなってしまう方がおられること。
よく屋根から落ちたとか、用水路に流されたとか、ニュースで聞く度に不思議でした。
私の意識の中では、台風が来たら家から出ないと言うのが常識でした。
それこそ、外に出たら命取りです。
だから台風が来たら、家の中に1日中、下手したら2〜3日缶詰状態でした。

しかし、こちらでは台風でも外に出て、田んぼの様子を見たりするんですよね。
その時に足を取られたりして、亡くなってしまう方がおられる。
気持ちは解りますけどね。田植えを終えたばかりの時期なら、尚更田んぼが気になる。
でも、やっぱり台風が来たら、じっと家や避難所で台風が過ぎるのを待つ事です。

そう言う私も、長年こちらでの生活に慣れて、すっかり台風の怖さを忘れています。
奄美で体験していたあの台風を、今経験したら、すっかり怯える事でしょう。
今回の台風。風はさほど強くありません。
しかし、この時期の台風は雨を降らせます。
梅雨前線とも重なりますので、明日、明後日にかけて十分注意したいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:47 | Comment(0) | 日記

2013年06月19日

日本経済の骨格

130619.jpg

安倍政権が発足してから、約半年が経ちました。
最初は飛ぶ鳥を落とす勢いだった安倍政権ですが、ここに来てやや失速気味の感もあります。
アベノミクスの期待感が若干落ち着き、そろそろ実働的な景気回復が求められ始めている。
確かに異常なまでの円高は是正され、株価もある程度回復しました。
しかし、それは期待感の現れであり、実質的な成長が出来なければ、単なる絵に描いた餅に終わる。

アベノミクスの第三の矢として、成長戦略が発表されていますが、やはり弱い。
だからこそ株価も乱高下を繰り返しているのだと思います。
アベノミクスに対する期待と不安が、交互に押し寄せている結果なのかも知れません。

とは言え、全く何も手を打てなかった民主党政権からすれば、グイグイと日本を引っ張って行く安倍政権に期待を寄せているのは、日本国民だけではない。
今回のG8でも、アベノミクスが高く評価された事からして、世界も注目し期待感を持っている。
やはり日本経済が強くなければ、世界も困ると言うのが本音なのでしょう。

日本経済が本当に強くなるには、小手先だけの戦略では達成出来ないと思います。
今でも十分に成長している日本経済。
ここからさらに成長するには、大胆な政策が出来ないと達成は見込めない。

輸出がメインの大企業は、円高が是正され、息を吹き返しました。
これは本当に日本にとって、とても嬉しい事です。
しかし、大企業の下請けや、町工場等の中小企業はどうでしょう?
まだまだ景気回復にはほど遠い状況にあります。

円安になる事で、輸入品の価格が高騰します。
材料を海外から仕入れる企業にとっては、生産コストが上がる事になる。
コストが上がったから、値上げを・・・と出来る企業はまだ良い。
大企業の下請け企業や、町工場などは、生産コストが上がっても、取引先への販売価格は決まっていて、値上げなど出来ない。
そうなれば当然身を削るしか無い。

輸入等の材料費の高騰も問題です。
しかし、もっと問題なのは、電気代の値上がりだと思う。
電気を使わない企業など、100%無い訳で、電気代の値上がりはそのまま企業のコストアップに繋がる。
輸入材料費の場合は、なるべく安い取引を探したり、代替え品等で対応の可能性はある。
だが電気代だけはどうしようもない。

私は日本経済が成長する上で、電気料金の大幅値下げが一番の近道だと思う。
仮に電気料金が今の半分になったら。
企業だけでなく、一般家庭でも随分と楽になるでしょう。
浮いた半分のお金は他の使い道に回ります。
それだけでどれだけ景気が回復するか。

しかし、現状ではとても無理な話です。
原発事故があってから、原発は残念ながら風前の灯です。
無くなる事は無いとしても、原発で電気をまかなう事は難しい。
それに原発で電気を作ったからと言って、電気料金は安くならない。

原発が使えない分、今は火力発電がメインとなっています。
その火力発電の燃料費が、また海外からの輸入頼り。
ここにもバカ高いコストがかかり、そのまま電気料金に乗っかって来ています。
こんな状態では電気料金は値上がりする一方です。

本気で日本経済を強くするのなら、やはり資源を持つ事が一番の近道です。
日本独自の資源の確保。これしかありません。
以前から何度もつぶやいていますが、メタンハイドレートの有効活用が一番の近道だと思います。
「え〜この間、採掘成功したけど、そのままじゃん」って思う人も多いでしょう。
確かに愛知沖で世界初のメタンガスを抽出に成功したのは、記憶に新しい。
しかし、採取するのにコストがかかり過ぎて、まだ資源としては使えません。

今すぐに資源にするのなら、やはり日本海側に多く眠っている、メタンハイドレートを使うしかないのです。
独立総合研究所の青山繁晴氏が、もう何年も前から訴えているように、日本海側には簡単に採取できる状態のメタンハイドレートが、固まりで存在しています。
それを取り出して、火力発電に使えば、すぐにでも電気料金は下げる事が出来る。
何せ、目の前の海に眠っている資源を使えるのです。

こんな美味しい話がなぜ実現化出来ないのか?
これにはやはり利権があるのでしょう。
長年日本は石油を海外から仕入れて来ました。
その事によって作られて来た利権。
日本が自前の資源を持つ事を、喜ばない国からの圧力もあるでしょう。
しかし、一番は日本が資源を持つ事によって、自分たちの利権が無くなってしまう事を嫌う人たちがいる。
この事が一番のネックなんだと思います。

日本がいつまでも石油や天然ガスを、輸入し続ける事で、自分の懐を潤わせる人がいる限り、日本の経済は強くなりません。
「我がさえ良ければ」という思いの人よりも、「日本のために、未来の子供達のために」と思う人が、より増えて行く事が、日本の経済を強くし、日本という国が世界をリードする事になります。

アベノミクスの本当の課題は、これまでの利権にどっぷり浸かった勢力と、いかに戦うかなのだと思います。
そしてその戦いはすでに水面下で始まっている。
安倍政権の足を引っ張ろうとする勢力が、確かにある。
残念ながら自民党の中からも。

みんなが保身に回れば、その国は崩壊していく。
家族でもみんなが力を合わせるから、成り立って行く。
親は夫婦で手を取り合って、子供は成長の中で、少しずつ親を手助けする。
親は命をかけても、我が子を守ろうとする。
自分のためではなく、相手のために。

国家も大きな家族と言える。
「我がさえ良くば」と思うのなら、国家なんて要らない。
国に対して不満があるのなら、自分が国に何が出来るのかを考えなくてはならない。
国が嫌だというのなら、違う国に行けば良いのです。
それも出来ないで、ただただ不満だけを言うのは、国民とは言えないと私は思う。

私たちの日本。
私たちの国。
だからこそ、私たちがしっかりと考えて、より素晴らしい国にしていく。
国が何をしてくれるのかではなく、私たちが何を出来るのか。だと思う。
大それた事は出来ないにしても、自分の国に誇りを持って、「我がのため」では無く「国のため、みんなのため」を思う人が増えれば、日本はもっともっと素晴らしく、経済ももっと強くなるのだと思います。

話があっちこっちに飛んでしまいました。
日本の経済を強くするには、自前の資源を持つ事。
それには保身を捨てて、みんなが国の事を思う事。
それが大事だと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:32 | Comment(0) | 私の思うこと

2013年06月18日

AdobeCSからCCへ

130618.jpg

AdobeのアプリをCreative Cloudにして1年になります。
初年度だったので、ひと月\3,000で利用して来ましたが、1年経つので\5,000に料金が上がります。
あぁ〜せめて\500とか\1,000のアップにしてほしいですね。
だっていきなり\2,000のアップはきついです。

まぁそれでもこれで仕事している以上は、使うしかないんですけどね。
これまでのように、バージョンアップの度に、10万円近いアップ料金が必要だった事を考えれば、私にとっては月払いの方が良いです。
バージョンアップ料金が要らなくなるのと、全てのアプリが使えるってのが、やっぱり嬉しいです。

Adobeも今後はCreative Cloudに全面移行する方針で、これまでのCSシリーズを一変してCCと変更しました。
そしてその提供が本日より開始されました。
早速ダウンロードしてテスト開始です。

使っていないアプリも、何なのか解らないアプリもありますが、ひとまず全部ダウンロード(笑)
私の欲張りな性格で、使える物はどんどん使おうって考えです。
だって使い放題なんだもん。どんなアプリでどんな事が出来るのか、少しずつでも勉強していきたいと思います。

とは言え、そんなに一気にテストは出来ないので、ひとまず仕事でメインに使うIllustratorを開く。
見た目はCS6と変わらない。
アイコンも色が微妙に違うだけ。
これって絶対に間違えてクリックするよな(笑)

IllustratorCCの今回の一番の売りは、「文字タッチツール」でしょう。
これまでは文字を入力して、その中の一文字だけ変形させる事は不可能でした。
それが今回から可能になったのです。
一文字だけ大きくしたり、変形したり回転させる事が可能。
これまでは、文字をアウトライン化するか、その文字だけ独立させるかで対応していました。

確かに便利な機能です。
でも、正直私はあまり使わない気がする。
例えば本文の扱いの中で、一文字だけ強調するとか、インデント的な扱いにするのなら、使いやすいかも知れない。
でも、タイトルとかロゴとかで使うには、ちょっと使いづらい。

もう一つの目玉。
それがブラシツールに画像が使える様になった事。
こちらの方が私としては嬉しい。
使い方としては、木の枝を樹皮の写真で作ったブラシで作れる。
そして葉っぱもブラシの拡散ツールで、沢山葉っぱがあるように作れる。
他にもいろいろと使い道はありそうです。

実は今回、一番私が期待していた機能が、IllustratorからCSSの書き出しが出来る機能。
Webページのデザインをする時、私はまずIllustratorでラフ的にイメージを製作する。
その上で、必要なパーツを作り出し、Dreamweaverでコーディングしていく。
今回のIllustratorCCでは、Illustratorで製作した状態からCSSが書き出せるらしい。
これはとても嬉しい機能。

でも、まだテスト出来ていません(^^;)
こちらはボチボチテストしてみようと思います。

まだまだCS6も十分に使いこなせていない状態で、CCへと移行しました。
仕事で使うには、まだまだ不安要素が多いので、仕事は当分CS6で行います。
そして徐々にCCへと移って行きたいと思います。

それにしても、変わりましたね〜。
一昔前までは、バージョンアップの度に、パッケージ版を購入して、配送されて来た物を開けて、DVDでインストールする時代でした。
今は、ネットで簡単にダウンロードですからね。
パッケージもDVDも必要なくなってくるのですから、アプリの値段ももっと下げて欲しいぞ!!
特に私のように長年使い続けているユーザーは大事にしてくれ(笑)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:02 | Comment(0) | 仕事

2013年06月17日

ネットの言葉遣い

130617.jpg

ソーシャルネットメディアが浸透してから、結構な年月が経ちます。
私は最初はmixiでしたね。
でも、今はmixiは放置状態に近いです。

mixiの後にTwitterが一気に広がりました。
そしてその後、facebookという感じでしょうか。
私はいずれもアカウントを持っていますが、実質動いているのはfacebookだけですね。

このつぶやきも、mixiとTwitterには自動的に投稿されます。
facebookはブログが連携出来ていないので、自動で更新しています。
mixiにもTwitterにも、毎日ブログの転載記事が上がるので、外から見ると活用しているように見える。
でも、実際には活用出来ているのはfacebookだけです。

最近、Twitterやブログなどで、「暴言」を吐いて責任追求される人が多い。
政治家だけでなく、官僚や有名人など、本当に増えている気がします。

私はこのブログをもう10年近く続けています。
(実際にブログ形式にしてからは6年くらい)
最初は自分の書いた物が、ネットで誰でも見れる事に、ビクビクしながらアップしていました。
だから文章ひとつにも、とても気を使っていた気がします。
でも、長い事続けていると、誤字脱字は当たり前。
そんな状態になっています。

これだけソーシャルネットが普及して、誰でもかれでもが、気軽に情報を発する時代。
そうなってくると、その言葉はどんどん軽くなっている気がする。
最初は言葉を選びながら、発していた情報が、普段通りの言葉遣いのような情報になってくる。
つまりは日常会話とネットでの情報発信の境目が無くなって来る。

親しい者同士のメールなら、普段通りの言葉遣いで良いでしょう。
しかし、それが不特定多数が目にするブログやTwitterだったら。
それはやはり問題だと思う。

インターネットの利点でもあり欠点でもあるのが、情報の倍速化だと思う。
良い情報も悪い情報も、人から人へ、もの凄いスピードで広まる。
リアルな社会である「口コミ」に似ているが、それが多方面に一気に広まり、広まれば広まるほどスピードが速くなる。
著名人であれば、さらにそのスピードは速まる。
だから本来は情報を発信する側として、慎重にならないといけないのですが、もう感覚は麻痺しているのでしょうね。
それはその人だけの問題でなく、ネット社会全体がそんな状態なんだと思います。

誰もが気軽に情報を発する時代。
だからこそ、皆がその認識を持って、責任を持って言葉を発しなければいけないと思う。
礼儀作法、日本人としてもう一度見直す必要がある気がします。
ネットだからこそ、顔が見えないからこそ、礼儀を重んじる事が大切になって来る。

私も毎日つぶやいている身ですので、十分に反省して気をつけてつぶやきたいと思います。
まぁ私の場合、半分は家族ネタなので、怒られるとしたら家族からですね(笑)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:21 | Comment(0) | 私の思うこと

2013年06月16日

父の日だったんだ(笑)

130616.jpg

今日は父の日でしたね。
世のお父さん方、「いつもありがとう」って労って頂きましたか?
えっ?私!?
私は労ってもらう時間も無く、一日予定が詰まって忙しく動き回っていました。

午前中はいつもの剣道の稽古の付き添い。
帰って来て、早めのお昼ご飯を食べたら、仕事の件で話しがあるために外出。
15時すぐには帰って来たものの、今度は18時から自治会の話し合い。
家に戻って来たのは21時頃。

娘達はもうすっかり夢の中でした。
息子はと言うと、またまた約束を破ったようで、私は帰るなりいきなり息子へ説教。
労ってもらうどころの父の日ではありませんでした。
だいたい私自身が、今日が父の日だって事すら忘れていましたから(笑)

でも、次女にはしっかりプレゼントを頂きました。
それは、託児所で制作してきた「父の日プレゼント」。
実は昨日の内で貰っていました。
それでも今日はバタバタしていて、父の日だって事を思い出しませんでした(^^;)

次女のプレゼントは「お手紙入れ」らしい。
もちろん次女が作ったのではなく、先生方がある程度下ごしらえをして、色をぬったり紙を貼ったりしたが、次女の仕事だったと思う。
それでも、次女は自分が作った事を必死にアピールしていました(笑)
先生から受けた説明だと、メッセージが書いてある部分がネクタイらしい。
そしてそれを箱の中に入れて、お手紙やハガキを入れて下さい。との事だった。

メッセージの紙の部分がネクタイになっているあたり、先生方もいろいろと考えているのですね。
毎回、この手の制作物を見ると、本当に手が込んでいて感心します。
一生懸命先生方が考えて下さって、それを子供達に一生懸命作らせているのですね。
そして作った子供達は「自分が作ったの〜」と自慢げに、お父さんに渡すんですよね(笑)

今日は先週に引き続き、ドタバタした一日で、労ってもらう余裕もありませんでした。
でも、お父さんは子供達が元気でいてくれたら、それで十分です。

おぉ〜なんて素晴らしいお父さん(自分で言うな 笑)
いや、でも本当にそうなんです。
何よりも子供達が元気でいてくれる事が、一番の労いなんです。
反抗期で言う事を聞かない息子も含め、元気で学校や託児所に通ってくれる事が、一番嬉しいのです。
お前達が親離れして、社会人になってタップリ稼いだら、その時はお父さんを労ってくれぃ(笑)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:45 | Comment(0) | 日記

2013年06月15日

ようやく雨

130615.jpg

ようやくまとまった雨が降りました。
お昼過ぎから降り出した雨。
最初はシトシトと梅雨らしい雨でした。

今日は息子が剣道の試合のため、朝から隣町の体育館まで送って行き、その足で次女を託児所に送り届けました。
そのため、次女のお迎えはもちろんですが、息子も迎えにいかなくてはなりません。
次女を早めに迎えに行き、嫁さんが仕事を終えて合流してから、息子を迎えに行きました。

雨は次第に本降りになり、シトシトからザァザァに変わりました。
そして隣町の体育館に着いた頃には、ザァザァからダァダァになりました。
もの凄い雨です。まるでバケツの水をひっくり返したような、大粒の雨が降って来ます。

傘をさして駐車場から体育館に行くまでに、すっかり靴はぐしょぐしょになりました。
丁度試合も終り、最後の解散のために、集まっていたところのようで、体育館前に皆集合していました。
他の学校の生徒も沢山玄関口に集まっています。
皆、この大雨で動くに動けない様子。

しばらく雨のやむのを待っていましたが、いっこうにやむ気配はない。
しびれを切らした生徒達が、大雨の中走って行く。
中には剣道の防具を抱えて、小走りに雨の中走る生徒も。

梅雨に入ってから雨が降らない日が続き、今朝もこんな大雨が降るとは誰も想像しなかったのでしょう。
傘を持って来ている人など皆無に近い。
みんな駐車場の車まで、雨の中走っていました。

私も傘をさしていても、足下からズボンの半分くらいまで、雨でびしゃびしゃになりました。
家に帰る頃には雨も普通の降り方になりました。
迎えに行った時が、一番激しく降った時でした(^^;)
何と言うタイミングの悪さ。

しかし、この大雨で少しは潤ったでしょうか。
雨の必要な時期に雨が降らないと、田んぼや畑が困ります。
また夏に水不足になっても困ります。
ようやく降った雨。今年の梅雨は男梅雨かも知れませんね。

肝心の息子の試合の結果ですが、2回戦負けだったようです。
先日の市中体では個人戦2位になったのですが、市から一歩でるとなかなか勝てません。
また次の試合で頑張ってもらいましょう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:21 | Comment(0) | 日記

2013年06月14日

久々の島料理

130614.jpg

今日も暑かったです。
でも、関東は梅雨空らしいですね。
やはり台風3号の後の低気圧が影響しているのでしょうね。

昨日は突然暑くなって、クーラーを入れたからなのか、もの凄く身体がだるかった。
晩ご飯を食べて、ケンミンSHOWを観ながら横になっていたら、いつの間にか寝てしまった。
あぁ〜〜〜やっちまったぃ。
でも、ぐっすり寝たせいか、今日は朝からスッキリしていました。

そして、今日も朝からスカッと晴れて気温上昇モードだったので、やはりクーラーON。
あまり冷やすと、まただるくなるので、気温高めにして仕事しました。
そんな中、突然携帯が鳴った。
奄美の母からだった。

2日前に荷物を送ったらしい。
今日の午後には着くから・・・との電話でした。
そして予告通り、16時頃に荷物が到着。
中には冷凍された島料理が詰まっていました。

冷凍庫に何とか詰め込みましたが、その中から早速晩ご飯に使いました。
夕食のテーブルに登場願ったのは「豚骨」です。
読んで時のごとく「豚の骨」です。
骨を食べるのではなく、豚の骨ごと煮込んだ島料理。
奄美では「ウヮンフィヌィ」と言います。

今日はこの豚骨を食べながら、久々にビールで喉を潤しました。
あぁ〜〜〜〜美味しかった〜〜〜〜。
疲れも吹っ飛ぶ美味さでした。

美味しい豚骨食べて、美味しいビールも飲んで。
明日も暑いと思うけど。
さぁ、明日も頑張るか!!
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:04 | Comment(0) | 日記

2013年06月13日

雨は降らないが野菜は育っています

130613.jpg

いや〜今日は暑かった〜ヾ(@o@;)A``
さすがに熱過ぎてクーラー入れました。
私の身体も持ちませんが、それより先にMacがうなり声をあげておりました(笑)
昨日の台風の影響で、南の熱い空気が運ばれてきたのでしょうか?
いきなり猛暑日になりました。

しかし、雨降りませんね。
このままだと、夏場に水不足になってしまいます。
田んぼにも水が入りましたが、このまま雨が降らないと稲も育ちません。
農家の皆さんはやきもきしながら、毎日の天気予報を見ているのでないでしょうか。

我が家も今年は夏野菜を植えて育てています。
プランターに入れて育てているので、夕方の水やりだけで済んでいますが、やはり雨が降らないので、毎日水やりは欠かせません。
最も簡単なキュウリとミニトマトを植えて、今のところ何とか育っています。
紫蘇はちょっと厳しいかな〜。

キュウリは既に2本、手頃な大きさまで育っています。
あと2〜3日もすれば、食べごろかも知れません。
ミニトマトは青い実が出来始めています。
こちらもあと1週間程で食べごろを向かえそうです。

ミニトマトもキュウリも、出来始めるとどんどん出来ます。
せっせと収穫して、せっせと食べないといけません。
食べきれない場合は、キュウリは漬け物に、トマトはトマトジュースにする等の工夫が必要ですね。
以前も食べきれないで、そのまま収穫できずに腐らせてしまったり、収穫しても冷蔵庫で朽ちてしまったりしました。
もったいないので、今の内から対策を考えておかなくては。
とか言いながら、結構子供が食べるので、食べきってしまう可能性もありますけどね(笑)

本当は茄子とかも育てたいのですが、そこまでは手が回りません。
我が家の生活リズムからして、夕方に私が水やりをするのが精一杯です。
他の野菜を育てても、きっと育てる事は出来ないでしょう。
今年ひとまずキュウリとミニトマトを育てて、いけそうなら来年チャレンジしたいと思います。

それにしても暑い。
昨日まで窓を開けていれば、心地よい風が入って来ていたのだが、突然熱風に変わりました。
あぁ〜〜〜〜大和の蒸し暑い夏がやってくるのですね。
夏は大好きなんですが、奈良盆地のこの蒸し暑さだけは、いつになっても慣れません(^^;)
今年の夏はキュウリとミニトマトをたっぷり食べて、時々ビール飲んで、なんとか乗り切ろう。
って、まだ梅雨も終わっていないけど。
というか、梅雨入りまだなんじゃないの?
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:12 | Comment(0) | 日記

2013年06月12日

私のMac道

今日はめちゃくちゃ風が強かった。
やはり台風の影響なのでしょうね。
暑いので窓を全開にして仕事をしていましたが、もの凄い風で書類が舞う舞う(笑)
しかし、窓を閉めると蒸し暑いので、結局窓を開ける。
これを繰り返した一日でした。

暑さでPower Mac G5もそろそろうなり始めています。
元々熱を発するのがパソコンの宿命です。
暑くなると内部はさらに熱くなり、内蔵されたファンが回り始める。
真夏日の部屋の中は、蒸し風呂状態になるので、そうなるともの凄い勢いでファンが回ります。
本当にプロペラ機が飛んでいるんじゃないかと思うくらい、もの凄い勢いでファンが回る。
そのまま飛んで行きそうな勢いです(笑)

昨日、新しいMacProについてつぶやきましたが、その辺の熱対策はどうなっているのでしょう?
あれだけコンパクトになっているので、熱もたまりやすい気がするのですが。
ホームページで見ると、熱を上部から放出する作りになっているようです。
MacProが今の形になってから、10年以上経つので、技術もしっかり進歩しているのでしょうね。

それにしても、本当に技術の進歩と言うのは凄いですね。
私がMacに初めて触れた頃は、今のような環境はとても信じられません。
まず、個人でパソコンを持つなんて事が信じられない時代でした。

私が初めて自分用にMacを購入したのが、Power Macintosh 6200でした。
130612.jpg
まだフロッピーディスクのドライブが付いていて、CD-Rのドライブがようやく付き始めた頃です。
もちろんモニターはブラウン管。
今のように液晶ではないので、モニターを置くと、一気に場所が狭くなりました。
このPower Macintosh 6200を何年使っただろう?
4〜5年使ったのかな?

次にPower Mac G3を使いました。
130612-2.jpg
初めてのタワー型で、いかにも「プロ仕様」という感じで、嬉しかったのを覚えています。
この頃のパソコンは、みんなこんな色でこんな形をしていましたね。
パソコンにデザインを求めていなかった時代です。

このPower Mac G3も5年くらい使ったかな。
いろんな仕事をして、いろんなデータを作りました。
最後はモニターが完全に点かなくなって、終わったのを今も鮮明に覚えています。

そして今使っている(もうメインではないが)のが、Power Mac G5です。
130612-3.jpg
こうやって見ると、全然変わってしまいましたね。
この間にポリカーボネートのG3やG4があるのですが、私はタイミング悪く使っていません。
外観だけを見ても、これだけ変化してきたMac。
そして今回の新Mac Proで大きく変わりました。

紹介してきた機種は、私が仕事でメインで使った機種です。
実はこれと平行してiMacも今のiMacで4台目です。
元々はメインの機種を仕事用、iMacを家族用と位置づけていましたが、今はiMacが仕事用になっています。
どうしてもメインの機種は買い替えが5年周期くらいになります。
その間に、どんどんOSもCPUもグレードアップされ、どんどん古くなっていきます。

iMacの方が性能的に上の場合があり(今まさにその状態)仕事をiMacで行う事になる。
Power Mac G3からG5に移行する間も、実は1年くらいiMacで仕事をしていました。
今も1年以上、iMacで仕事をしています。
できればこのiMacで仕事をしながら、何とか次の新Mac Proにバトンタッチできるように頑張りたいですね。
130612-4.jpg
時代の変化とともに、Macもこれだけ変化して来ました。
20年前にはとても出来なかった事が、今ではいとも簡単に出来る時代です。

私の仕事はMacと共に歩んで来ました。
Macが無ければ仕事が出来ないと言っても過言では無い。
今年中には発売されるらしい新Mac Pro。
それに向かって一生懸命仕事を頑張ろう(^^;)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:32 | Comment(0) | Macintosh

2013年06月11日

新しいMacPro

130611.jpg

アップルが米国時間の6月10日、日本時間では6月11日の深夜2時頃。
開発者イベントの「Worldwide Developers Conference(WWDC)」を開幕しました。
例年この時期に開催していて、いろんな商品やサービスの発表がされます。
今年もいろんな噂が飛び交っていました。

しかし、確実に解っていたのが、iOSの次期バージョン「iOS7」とMacのOSXの時期バージョンが発表されること。
そしてそのとおりに、iOS7とOSXのOS X Mavericksが発表されました。
iOS7はこれまでのiOSからアイコンがフラットになりました。
一見すると時代を逆戻りしたアイコンに見えますが、やはりそこはアップルです。
洗練されたアイコンデザインと、操作性で見事に新しくて魅力的なiOSに生まれ変わっています。
これまでのiOSとがらりと変わっているので、楽しみな反面、最初は戸惑うかも知れませんね。

MaxOSの時期バージョン「OS X Mavericks」は、名称がネコ科の動物では無くなりました。
これまでTigerやLionなど、ネコ科の動物の名称がついていたOSX。
しかし、もうネコ科の動物がいない。
会場ではその事に触れていて、「それではSea Lion(アザラシ)ではどうか」と、アザラシの顔の入ったOSXアイコンまで用意して笑いを取っていました。
やはりアップルのプレゼンは面白い。

結局ネコ科の名前は使えないので、カリフォルニアの地名をテーマとするリリースになったようです。
初のリリースは、北米で最大級の大波がやって来る土地の名を冠した「OS X Mavericks」。
だから直前に公開したパネルには、大波の写真が入っていたのですね。
デフォルトデスクトップも同じ大波の写真でした。
OS X Mavericksもファインダー機能等が増えて、ますます便利になっていそうです。

他にも沢山の発表がありましたが、私が何と言っても一番ビックリしたのが、時期MacProの発表。
もう10年近く、筐体のデザインは同じで、スペックだけ変更され続けてきたMacPro。
アップルがあまりにも、MacProのバージョンアップを行わない事から、「アップルはMacProを廃止する」という噂まで流れていました。
私もあながちあり得ない事ではないかもしれないと、MacProの消滅を半分覚悟しておりました。

しかし、一年程前から新しいMacProが開発されているという情報が出始めていて、そして今日ついにその姿がベールを脱いだのです。
衝撃的でした。
今までと全く違う、予想もしなかった形のMacProが映し出されていました。
それは黒い筒の形状で、とてもパソコンとは思えない形状。

実にシンプルでスタイリッシュ。
さすがはアップルです。久々に衝撃を受けました。
そして思わず「欲しい〜」と思いました。
しかし、まだ発表されただけで、いつから発売なのか、いくらになるのか?全くその情報はありません。

デザインにも驚かされましたが、もう一つ驚いたのが小ささ。
現状のMacProと一緒に映っている写真は、まるでMacProでは無く、サードパーティ製品か何かのようです。
めちゃくちゃ小さくなっている。
おそらく高さにして25cmほど、幅は16cm程度と思われます。
それでいて、今のMacProの2倍のスピードらしい。

くぅ〜〜〜〜〜欲しい〜〜〜〜〜。
でも、金無いな〜(T_T)
めちゃくちゃ仕事頑張って稼がないといけませんね。
ちくしょう久々にアップルの発表に心躍らされた一日でした。
新しいMacPro買える様に目標たててガンバロウ。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:11 | Comment(0) | Macintosh

2013年06月10日

次女の覚めた言葉

130610.jpg

長女が小学生になって、二ヶ月が過ぎた。
元々誰とでも友達になる長女だったので、心配していなかったが、やはりあっという間に友達と遊ぶ様になった。
子供の順応性は凄いものです。

長女が託児所から居なくなる事で、次女の事が心配だったのですが、こちらも要らぬ心配だったようです。
毎日託児所に行くのを楽しみにしていて、休みの日などは「託児所行きたい」と言うほど。
休みの日でも、私たち親が遊んでくれる訳でも無いので、よほど託児所が楽しいのでしょうね。

そんな次女も三歳になってますますおしゃべりになって来ました。
どうして女の子ってこんなに口が達者なんでしょうか?
長女もそうでしたが、話し始めるとあっという間に言葉を覚えます。
しかも、まるで大人口調の話し方をする様になるのです。
息子の時は4歳くらいまで、まともに会話出来なかった記憶があるのですが、男女の差ってやつでしょうか(笑)
やはり男は女より劣っているんですよね。

今日も託児所に向かう車の中で、思わず絶句した事がありました。
それは車の中で見ていたテレビ番組。
次女にとっては、朝の車の楽しみの時間です。
NHK教育の番組を、毎日楽しみに観ているのです。

今日はちょっと早めに出たので、テレビは「みいつけた!」の時間。
椅子のキャラクター「コッシー」、女の子の「スイちゃん」、サボテンのキャラクター「サボさん」が登場する番組。
そしてこの番組の中のコーナーとして、「オフロスキー」が登場する「よんだ?」がある。
バスタブの中で「オフロスキー」がくつろいでいるシーンから始まるこのコーナー。

オフロスキーはピンクに雲の模様が入ったパーカーのような格好。
フードを被り、頭には黄色い角のような物がある出で立ち。
最初みた時は「何じゃこりゃ!?」と思いましたが、慣れって怖いもので、今は何も感じずに観ています(笑)
このオフロスキーが最初にバスタブに入りながら画面に向かって話しかけて来る。

「よんだ?」
「よんだ?」
「よんだよね」

そう言ってバスタブから出て来て、いろんな事をやるのです。
この「よんだ?」がそのままコーナー名になっている訳ですね。
そして今日も同じくテレビの向こうから、オフロスキーが聞いて来ます。

「よんだ?」
「よんだ?」
「よんだよね」

その時、私の後ろのチャイルドシートに座ってテレビを観ていた次女が一言。

「よんでないわ」

私は思わず絶句。
もう関西弁丸出しの、それも覚めた言葉で「よんでないわ」です。
次女にとっては、コッシーやサボさんは好きかも知れないが、オフロスキーはあまり好きじゃないのかも知れません。
それにしても、めっちゃドライな言い方で、思わず絶句でした(^^;)

こうやってどんどん大人の言葉を真似て行くのでしょうね。
ましてやお姉ちゃんがいるので、ますますおしゃべりは上達しそうです。
口だけはどんどん達者になっていく次女。
行動ももっと達者になってくれ〜と思いますが、よくよく考えたらまだ三歳になったばかりでした(笑)
あぁ〜女の子って、本当に口が達者で怖いです(^^;)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:09 | Comment(2) | 日記

2013年06月09日

奈良デザイン協会総会へ

130609.jpg

今日は久々にJRに乗って奈良まで。
目的は奈良デザイン協会の総会出席。
いつもは「ならデザインカフェ」で集う場所ですが、今回は奈良デザイン協会の総会です。

奈良デザイン協会会員となって約2年ほどになりますが、初めての総会出席でした。
初めてお会いする先輩方と、総会そして食事会と、いろいろとお話を聞かせて頂きました。
ならデザインカフェは、奈良デザイン協会の活動のひとつです。
私もならデザインカフェに参加して、奈良デザイン協会の会員になりました。

まだまだ解らない事だらけの中、会員として何も出来ずに時間だけが過ぎています。
最近はデザインカフェの方にも参加できない状況が続いていました。
どうしても共働きで子育てをしていると、お互いの時間の調整が難しい。
平日の夜に出て行く事は、ほぼ不可能に近い状況が続いています。
今後もなかなか時間は調整が難しいと思いますが、なるべく時間を作ってデザインカフェにも参加をして行きたいです。

ならデザインカフェに参加してから、いろんな人と知り合う事ができて、自分の視野を広げる事が出来ていると思います。
一人ではなかなか知り得ない情報も、人が集まる場所ではいろんな情報が集まる。
そしてそこで人と人の繋がりが出来ます。
そこから新しい物が産まれてくる可能性を秘めています。

これはあくまでも私の個人的な想いです。
ならデザインカフェで人が集まり、特に若い人が集まってくる事によって、いろんな構想が生まれる可能性があります。
しかし、個人の集まりではなかなか実現は難しい。
それを実現するプロジェクトを、デザイン協会が後押し出来たら理想かなと思っています。

言わば、ならデザインカフェは人材の発掘場所です。
いろんな人が集まり、いろんな情報が集まり、いろんな発想が生まれる場所。
しかし、何かをやろうとすると、やはり組織的な事が必要です。
時としてお金が必要になる場合もある。
ならデザインカフェから産まれて来たプロジェクトを、奈良デザイン協会がバックアップする事が出来れば、一番理想的な気がしています。

でも、私自身がもっと、ならデザインカフェに顔を出す事が、今一番の課題ですね。
今日の奈良デザイン協会の総会に出席して強く感じました。
仕事と子育ての両立、加えて自治会の役員など、あまりにも自分の時間が無い現状。
その合間をぬって、何とか活動もしたいと考えています。

逆に見れば、今しか出来ない事を、今必死でやっている状況です。
自分が必要とされている事を幸せと感じながら、自分にやれることを一生懸命頑張る。
子供が大きくなってから「あの時もっと頑張っていれば良かった」って後悔したくないですからね。
今、自分に出来る事。
常にそれを考えながら頑張りたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:14 | Comment(0) | 日記

2013年06月08日

有意義な飲み会

130608.jpg

今日は飲み会でした。
飲み会と言っても、半分お仕事のような飲み会。
校区の生涯学習委員の会合だったのです。

各町から担当者が出てくるのですが、4月から担当者が入れ替わった町もある。
私も昨年から担当させて頂いているのですが、最初はなかなかメンバーの顔と名前が覚えられなかった。
ようやく覚えた頃にメンバーが入れ替わり、また一から覚える事になります(^^;)

そんな意味でも親睦を兼ねた会合でもありました。
私にとっては初めてお目にかかる方々です。
しかし、村の方々は顔なじみのようで、すぐに会話が弾んでいました。
やはり昔からの地の人は、繋がりが強いです。

私の町は新しい町なので、なかなか繋がりが無い。
今、自治会に関わっていて、そこが一番の課題だと思っています。
村のように顔なじみの関係になるには、時間を要すると思いますが、少しでもそうなるような町づくりを出来たらと思っています。

この4月から生涯学習委員のメンバーが入れ替わりましたが、公民館の館長さんも代わりました。
長年お勤め頂いた館長さんが退職され、この度新しく館長さんになられた方。
なんと、昨年度までの小学校の校長先生でした(笑)
私にとっては校長先生のイメージがまだまだ強く、なかなか公民館館長として見れない。
校長先生とお酒を呑んでいる感覚でした(笑)
まぁでも、ボチボチ慣れて行く事だと思います。

自治会の事でもそうですが、この生涯学習の事も、いろいろと改善していく余地があります。
昨年度はとにかく自分が慣れる事で必死でしたが、今年度は館長さんも代わり、メンバーも代わり環境も変わりました。
いろいろと自分の思うところを、どんどん出していこうと思います。
そんな想いの一部を、館長さんとも話す事が出来ました。

館長さん自身も、いろいろと考えておられるようで、前向きに話を聞いて下さいました。
大いに盛り上がった会合となり、最後は二次会に誘われましたが、明日が早いため今回は辞退しました。
新しいメンバーの皆さんとも、親しくなる事が出来ましたので、これからの生涯学習委員活動に活かしていきたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:22 | Comment(0) | 日記

2013年06月07日

リアルで繋がる事の大切さ

130607.jpg

先日の事、突然携帯電話が鳴った。
見覚えの無い番号だったが、とりあえず電話に出る。
聞き慣れない男性の声だった。

最初は何かの勧誘か?と警戒しながら話を聞く。
ところが電話の主は、とある印刷会社のO氏からだった。
もう13年くらい前の事だろうか?
私がフリーになりかけの頃に、一度お会いした事のある方でした。

久しぶりの電話にビックリしながらも、話の内容を聞くと、仕事の件で相談がしたいとの事。
翌日お会いする約束をして、この時は電話を切った。
しかし、ふと私の頭を疑問がよぎる。
もう13年も連絡を取っていなかったのに、何で私の携帯番号が解ったのだろう?
その間に引っ越しをして、家の電話番号も変わり、携帯の番号も変わっている。

翌日お会いした時に、その訳を聞いてみた。
すると、私が2年前からお付き合いしている、別の印刷会社のI氏に聞いたとの事。
最初は昔の家の番号に電話をして、昔の携帯の番号に電話をして、繋がらないのでI氏に訪ねたらしい。
同じ市内の印刷会社なので、もしかしたら知っているかもしれないと思ったとか。
それがドンピシャ当たった訳ですね(笑)

約13年ぶりのO氏との再会。
近くの喫茶店で話をしました。
どうやらホームページの相談を受けているらしく、デザイナーを捜していたらしい。
話はすぐにまとまり、一緒にクライアントの所へ出向く事になった。

そして今日、O氏と共にクライアントのところへお邪魔して来ました。
最近クライアントと直接会話する機会が減っていたので、久々の打ち合わせにちょっとワクワク(笑)
大方の内容を聞いて、O氏から見積もりを出させて頂きました。
結構良い感触でしたので、話が進む事を期待したいと思います。

久々の再会で、突然仕事に発展しそうな勢い。
このO氏はとてもやり手の営業マンです。
私の描いているイラストを見せたら、もの凄く気に入って、早速仕事に繋げたい様子でした。
嬉しいですね。私もどんどん仕事でイラスト描く機会を増やしたいと思います。

フリーで仕事をしていると、どうしても家の中で閉じこもって作業に追われます。
数日前にも、その事をつぶやきました。
自分で営業に回るのも一つですが、それも限界があります。
やはり今回のように、お互い持ちつ持たれつで、仕事を進める事が出来ればベストです。
一本の電話で展望が随分と変わって来そうな予感。

最近、ネットでの繋がりの仕事ばかりでした。
それはそれで良い面もあるのですが、その仕事以外の話は広がらないんですよね。
もし仮に今回の件が、ネットで繋がっていたら、ホームページの話だけで終わっていた。
実際に会ってお茶しながら、「最近どう?」って話をするから、いろんな話が出来る。

私がイラストを描いている事、絵本を描いている事に、もの凄く興味を示して頂き、仕事にまで繋がりそうな勢い。
実際に会って話をして、イラストを見ているから話が広がって行く。
今後、どのような展開になるか解りませんが、仕事に繋がる様にもっと頑張りたいと思います。

やはり人と人の繋がりって大事ですね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:10 | Comment(2) | 仕事

2013年06月06日

雨の降らない梅雨

088水無月の唱.jpg

梅雨入りしたのに、雨が降りませんね〜。
今年は空梅雨でしょうか?
それとも実は、まだ梅雨入りしていなかったのでしょうか(笑)

今日も雨が降りそうなどんよりとした天気でしたが、結局雨は降らずに終わりました。
田んぼには水も入り、いよいよ田植えの季節、梅雨本番のはずなんですけどね。
後半になってドッと雨が降るのかも知れません。

さて、今年は我が家も、夏野菜の一つでも育ててみようと、キュウリとミニトマトを植えました。
ゴールデンウィークに苗を植えてから、あっという間に育って、今、どちらも花が咲き始めました。
キュウリの花の下には、ちっちゃなキュウリの形が、そしてミニトマトも青い小さなトマトが出来始めています。
いや〜植物の力って凄いですね。
あっという間にこんなにも育つのですから。

この調子だと今年の夏は、キュウリとミニトマトには困る事なさそうです。
次女の託児所のお弁当には、毎日キュウリとミニトマトが入りそうですね(笑)
あっ、と言う事は、必然的に私のお昼ご飯のお弁当も同じ事になる(^^;)

雨が降らないので、毎日夕方は私が水やりをしています。
キュウリとミニトマトだけでなく、紫蘇も植えているのですが、紫蘇の方は今ひとつ成長が良くありません。
そして、側には朝顔も芽を出してきています。
長女が学校で植えた朝顔の、余った種を持って帰って来て植えていたのです。
じかに地面に植えると、ダンゴムシに食われてしまうので、ひとまずポットに入れて育てています。
だいぶ芽が出て来たので、そろそろ場所を変えて、じかに植え直そうかと思っています。

今年の夏はキュウリとミニトマトを沢山食べながら、朝顔の花を堪能できるかも知れません。
でも、雨が降らないのは困ったものですね。
このまま空梅雨で終われば、下手をすると夏場に水不足になりかねません。
プール等の使用が制限されたり、何よりも断水なんかになったら大変です。

梅雨は梅雨らしく雨降ってほしいですね。
雨乞いのお祈りでもしたら良いですかね。
それとも雨男の私が、何かイベントをしたら良いかな(笑)
でも、最近は私の雨男パワーも弱っているからダメか(^^;)

神様〜そろそろ雨を恵んで下さいませ〜。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:46 | Comment(0) | 日記

2013年06月05日

委託販売店閉店のお知らせ

130605.jpg

昨日、ポストに一通の手紙が届いていました。
送り主は委託販売でお世話になっている、鹿児島のポストカード屋さん「くるみ」さんでした。
店主さんには、いつも丁寧な対応をして頂き、とてもお世話になっている方です。
一度もお会いした事はありませんが、その細やかな対応に、いつもお人柄を感じておりました。

「何のお手紙だろう?」と封を開けると、3枚の便せん。
読む前から何となく書いてある事の全貌を感じた。
なぜだか解らない。でも、別れの予感を明らかに感じた。

手紙を読むと、やはり予感は当たっていました。
お店を閉店する事のお知らせと、これまでの感謝のお気持ちが綴られていました。
当たり前の事と、毎月送らせて頂いていたPOSTCARD。
その事にも感謝の言葉が添えられていて、本当に店主さんのお人柄を感じます。

ご自身も還暦となり、「元気な内に店を辞めたい」との思いから、今回の決断に至ったようです。
きっと苦悩されたのでしょうね。
委託販売をしている作家の皆様への想いもあり、簡単に閉店する決断は出来なかったのだと思います。
しかし、それを乗り越えて、今回の決断に至り、今は気持ちもスッキリしているのではないでしょうか。

今回の閉店のお知らせ。
とても寂しい事ではあります。
でも、何故か手紙を読み終えたとき、「寂しい」とか「残念」とかの気持ちよりも、「感謝」「達成感」の気持ちの方が強かった。
数少ない委託販売先が、ひとつ消えてしまうのは、正直寂しいし残念です。
しかし、それよりも、これまでお付き合いさせて頂けた事への、感謝の気持ちの方が大きい。
別れではあるけれど、何か希望に満ちた別れのような気持ちになりました。

ぽすとかーどやさん くるみさんとのお付き合いは、もう5年ほどになります。
私がネットで見つけて、委託販売のお願いをメールで送らせて頂いたのが、お付き合いのスタートでした。
それから毎月、私の方からポストカードを発送し、3ヶ月に一度、返却分を送って頂いていました。
毎回、返却分のポストカードとともに、何か小さな雑貨が入っていました。
時に小物入れだったり、時に巾着袋であったり。
いつも家族で楽しみにしていました。
こんなところにも、店主さんのお人柄を感じながら、お付き合いをさせて頂いておりました。

出会いがあれば別れがある。
不思議と読み終えた時に、心の中に爽やかな風が吹いたような気持ちになりました。
ただただ「ありがとう」という言葉が、心の中で響いていました。

ぽすとかーどやさん くるみさんは、今月6月15日をもって閉店となります。
永きに渡りお付き合い頂いた事に、心から感謝申し上げたいと思います。
また、ぽすとかーどやさん くるみさんで、私のポストカードをお買い求め頂いたお客様。
誠にありがとうございました。

最後になりましたが、店主さまのこれからのご活躍を、心よりお祈り申し上げます。
ありがとうございました。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:09 | Comment(0) | ショップ情報

2013年06月04日

ついにワールドカップ出場決定

130604.jpg

やった〜サッカー日本代表、ついにワールドカップ出場を決めましたね。
引き分けでも出場が決まる今日の試合。
できれば勝利で出場を決めたかったけど、負けていての引き分けなので、良かったです。

でも、実は私試合を見ていません(^^;)
観たい気持ちはありました。
しかし、子供達にご飯を食べさせて、寝かしつけないといけない。
絶対に試合を観ていたら、ご飯を食べるのも遅くなってしまう。

隣の家から歓喜の声や、悲鳴が聞こえて来る度に、観たい気持ちをぐっと抑えて子供達を寝かせました。
それに、どうも私がテレビ観戦して応援すると、負ける事が多い気がして、今日は観たい気持ちをぐっと我慢しました。
結果、引き分けたのですから、やはり観なくて良かったのかも知れません。
ヨルダン戦はテレビ観戦して、応援して見事に敗れてしまいましたから。

それにしても、やはり決めたのは本田ですか。
やっぱり持っていますね〜この男は。
大舞台であればある程、ウキウキしてくるのでしょうね。
後半のロスタイムでPKを決めるあたり、本当に持っています。

今の日本代表、司令塔の本田がいないとやはり上手く機能しないのでしょうね。
昨日帰国したばかりで、代表チームに合流していきなり本戦です。
そこで大事な点をたたき出すのですから、やっぱり凄いです。
本田が居てこそ、岡崎も香川も長友も活きて来るのでしょう。

やっとワールドカップ出場を決めました。
最近は出場するのが当然のような雰囲気さえありますが、やはりワールドカップに出場を決めるのは大変な事です。
そんなプレッシャーの中、出場を決めてくれた日本代表にありがとうを、そしておめでとうを言いたいですね。

最近は日本代表らしくない試合が続いておりました。
今回の試合でベストメンバーが揃いました。
ワールドカップに向けて、課題をクリアして行き、さらに強いチームへと成長してほしいです。
そしてワールドカップでは優勝を目指して、頑張って欲しいですね。
本田圭介は本気で優勝を狙っていますからね。
前回のワールドカップでもそうでしから、今回はさらに本気で行くでしょう。

私たちも本気で優勝を目指して応援しましょう。
頑張れ日本。頑張れ日本代表。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:37 | Comment(2) | 日記

2013年06月03日

久々の会議

130603.jpg

久々に「ならデザインカフェ」の会議に出席して来た。
もう何ヶ月行っていなかっただろう?
今年に入ってからは一度も出席出来ていないし、本番の「ならデザインカフェ」にも参加出来ていない。
約1年近く、スタッフの皆さんと顔を合わせていなかったかも知れません。

今日は嫁さんの帰りも比較的早かった(早く帰ってもらったのだが)ので、遅れての参加でしたが、何とか会議に出席出来ました。
久々でしたが、facebookで情報を知っていたりするので、意外と久々という感じはしませんでした。
次回の会議、そしてならデザインカフェ本番に参加できるかは解りませんが、なるべく時間を作って参加して行きたいと思います。

どうしてもフリーで仕事をしていると、一日中仕事部屋に閉じこもって、一人で黙々と仕事をする事になる。
それはそれで、自分のペースで仕事を出来て、良い面もあるのですが、やはりフラストレーションは溜まる。
時には外に出て、人と交流を図らなければ、やはりいろんな意味で視野は狭くなって来る。
そんな事を感じた今日の会議でした。

本当はもっともっと外に出て、いろんなイベントに参加して、自分の視野を広げたい。
しかし、子育てと両立しながらは、やはり難しい。
出かけるのなら、平日の日中しかない。
でも、そうなると仕事(作業の時間)が削られる。
かと言って夜は絶対に出れない。

この数年、このジレンマで苦しんでいる。
いろんな事にもっと前向きに進みたいのだが、それが出来ないのが現状。
仕事も忙しい割りには儲けが少ない。
今はどこもそんな状況なんでしょうね。
景気回復するまで、まだまだ厳しい現状は続くのでしょう。
アベノミクス効果が現れるまで踏ん張るしかないですね。

今、自分自身の状況と言うのは、本当に厳しい状況だと思います。
しかし、これを何とか耐えて頑張れば、自分の力になると思う。
ここで踏ん張れるか踏ん張れないかで、未来は変わってくるのでしょう。
時々息抜きしながら、頑張るしかありません。

頑張れ自分。
そう言い聞かせて明日からも頑張るぞ。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:54 | Comment(2) | 日記

2013年06月02日

日本とアフリカのパートナーシップ

130602.jpg

安倍総理がマラソン会議を行っています。
マラソンと言っても、走って会議している訳でも無く、マラソンの会議をしている訳でもありません。
アフリカの諸国と、分刻みの会議を行っています。
日本で行われた第5回アフリカ開発会議。
この機会を逃す事無く、安倍総理はアフリカの国々と良きパートナーとなるための一歩を踏み出しました。

日本から遠く離れたアフリカの国。
私たちのイメージするアフリカは、野生動物とか、貧困の国とか、そんなイメージが強い。
実際にまだまだインフラが整っていない国が殆ど。
言わば未開発の地でもある。

今回、安倍総理がマラソン会議を行ってでも、アフリカと強いパートナーシップを作りたいのは、アフリカが未開の地だからだと思います。
日本の技術が最も活かされる場所。そこがアフリカであると言えます。
インフラの整備、ライフラインの充実。
日本の技術を持ち込んで、日本企業の開発のもと、アフリカの人材を育てる。
アフリカの国々が豊かになれば、日本の商品を買う事が出来ます。

また、アフリカで作られた食材を、日本も輸入する事ができる。
そんなWin Winの関係を築くための第一歩が、今回のマラソン会議だったのでしょう。
中国と違って、日本に対して敵対心を持たないアフリカの人々。
日本人が丁寧に仕事をして、アフリカの人々に仕事を教えれば、日本と強い絆で結ばれると思います。
中国や韓国のように、恩をあだで返すような国ではありません。

いつまでもアメリカの顔色をうかがい、中国に気を使う日本であってはならない。
日本が世界のリーダーシップをとりながら、世界中を豊かにして行く事が求められている。
しかし、あまりに露骨にやり過ぎると、アメリカ・中国・ロシア等の大国が必ず横やりを入れて来ます。
日本は上手く世界と付き合いながら、アフリカの諸国と連携を強めていかなくてはなりませんね。

これまでアフリカを植民地支配して来たヨーロッパ。
近年、アフリカに援助と言いながら、進出してきた中国。
いずれも、アフリカが豊かになるのではなく、資源等を奪って行くだけでした。
中国に至っては、中国人が大量に押し寄せ、アフリカ中で問題になっています。

だからこそ、アフリカの諸国も、今日本に注目しているのでしょう。
安倍政権を批判する人はいます。
「やり過ぎだ、動きが速すぎる」
でも、今まで何もしない、何も出来ない。そんな政治が続いてきたのではないですか?
だからこそ、積極的に行動する安倍政権の支持率が高いのです。
みんな期待しているのです。

日本の明るい未来のためにも、そしてアフリカの未来のためにも、日本とアフリカ諸国がパートナーシップを計るのは最良です。
後は、アルジェリアで起きたようなテロ対策などを、双方で協力して行く事が急務ですね。
今こそ我が国日本が、世界の先頭に立って走る時代です。
頑張りましょう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:21 | Comment(0) | 私の思うこと

2013年06月01日

朝からラジオ体操

130601.jpg

以前風邪でダウンしてからというもの、何となく調子が悪い。
なかなか身体がスッキリとしない日が続いていました。
身体が全体的にダルい感じが抜けなくて、気持ちもなかなか前向きにならない日々でした。

今日も朝から身体がダルい。
土曜日なので長女だけはお休み。
後はそれぞれに仕事・学校・託児所に出て行った。

お昼ご飯を食べ終わった頃に、どうにもダルくて、ビデオを見ていた長女に肩と腰を踏んでもらいました。
今、ちょうど良い重さになっている長女。
腰から肩へ、そして最後は太ももも踏んでもらい、だいぶスッキリとしました。
特に肩は自分でも知らない内に、かなり凝っていたようで、踏んでもらってだいぶ楽になりました。

風邪でダウンした後に、なかなか体調が本調子にならなくて、スッキリとしませんでしたが、ようやく調子が戻りつつあります。
昼間に長女に踏んでもらわなければ、まだまだ不調のままだったかも知れません。
100%戻った訳ではありませんが、80%くらいは本調子に戻った気がします。

やはり体力が落ちているのでしょうね。
運動のひとつもしていませんから、体力はがた落ちです。
運動している時間もなかなか出来ないので、せめてもの運動と思い、今、ラジオ体操を続けています。
朝6時25分から、NHKでテレビ体操をやっているので、その時間に起きてラジオ体操をしています。

ラジオ体操って以外と身体を使うんですよね。
しっかりと体操すれば、それなりの運動になります。
身体がダルい日々も、ラジオ体操をしながら何とか頑張って来ました。
何もしないよりはマシなので、今後もラジオ体操を続けたいと思います。

本当はもっと早起きして、ラジオ体操の前にウォーキングでもしたいところ。
なかなか起きれないんですよね。
気持ちの問題かも知れませんが。
せめて30分でも歩いて、その後ラジオ体操すれば、もっと良いのでしょうね。

そうなると5時30分には起きていないといけない。
う〜ん、厳しいなぁ〜(^^;)
これだけ早起きしようと思えば、必然的に早く寝ないといけませんからね。

ようやく体調も戻りつつあるので、もう少し早起きして、ちょっとでも歩いてみようかな。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:11 | Comment(0) | 日記