2013年05月25日

あぁ〜〜バカ息子

130525.jpg

朝目を覚ますと、隣で寝ているはずの息子がいない。
今日は学校も休みで、テスト前の期間中なので、部活も休み。
通常なら私たちに起こされるまで、とことん寝ているはず。

まさか早起きして勉強でもしているのか?
そんな0.01%もありえない事を考えながら、部屋を覗くとやっぱり姿が無い。
ところが玄関は内鍵がかかっている。
つまり玄関から出て行った形跡はない。

どうやら窓から出て行ったようです。
昨日からどうも行動が怪しかった。
どこかに電話していたり、どこからか電話が来たり。
やっぱり何か企んでいたようです。

先週の日曜日も、突然朝に出て行って、昼過ぎまで帰って来なかった。
散々私に叱られて、「二度としない」と言いながら、また同じ事を繰り返している。
最近これの繰り返しです。
その時は「反省した」「二度としない」。そう言いますが、翌日から同じ事の繰り返し。

中学2年生ですから、親の言う事を素直に聞くはずがない事は解ります。
思春期ですからね。親への反抗もあって当然でしょう。
しかし、息子を見ていると、その内容があまりに幼稚で、こちらもばからしくなってくる。

今日も帰って来たのは、結局夜の8時過ぎ。
何をしていたのか問いつめても、変な言い訳ばかり。
最初から嘘なのは解っているので、とことん問いつめたら、半分切れ気味に友達と遊んでいた事を言いました。
しかし、遊びと言うのが、街中をぶらつくとかそんなんじゃない。
虫取りをしていたようなのです。
息子の足は泥だらけだし、頭にも木の枝のカスみたいなのが付いています。
「お前は小学生か」としか言いようがありません。

他の同級生は必死で勉強を頑張っている時に、一日いっぱい外で虫探しで遊び。
「こいつの将来どうなるんだ」と心配しても、本人は何食わぬ顔。
だから余計に腹がたつ。
親に反抗するにしても、親の言う事を聞かないにしても、それなりの筋が通っていれば、まだぶつかり合いも出来る。
しかし、幼稚な行動に親としても呆れてしまって、情けなくなってしまいます。

男の子って自分のスイッチが入るまで、本当にやる気がありません。
中学生と言う難しい時期でもあるので、これからも息子との格闘は続くでしょう。
呆れる事ばかりですが、親が真剣に向き合わなければ、子供はさらに逃げて行く。
将来「お前こんなバカな事ばかりしてただろ!」って笑い話になるように、今は親も必死に頑張るしか無い。

それにしても、息子のバカ行動に・・・・あぁ〜〜〜〜〜〜〜〜腹が立つヽ(`Д´#)ノ
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:11 | Comment(0) | 日記