2013年05月15日

我が家の朝

130515.jpg

朝の光景。
長女は学校の準備に追われるが、次女は比較的まったりな時間を過ごす。
長女は7時半には家を出るが、次女は託児所に向かうのは8時。
つい数ヶ月前までは、長女も同じ様にまったりとしていた。
しかし、今は時間に追われる様に、学校へと向かう毎日です。

子供の適応性と言うのは、本当に凄いものですね。
大人であればなかなか馴染むのに時間がかかりますが、子供は本当にあっという間に慣れてしまう。
次女もお姉ちゃんがいない託児所で心配でしたが、全く無用の心配でした。
何事も無かった様に、変わらず託児所を楽しんでいます。

昨日はたまたま嫁さんが仕事休みだったので、次女も託児所お休みになりました。
ところが朝から「託児所は?」「なんで託児所行かないの?」「託児所行きたい」と、お母さんに質問攻めしていました(笑)
日曜日などは、「なんで託児所お休みなの?」と聞いて来る。
よほど託児所が楽しいのでしょうね。

息子の時に3歳児のクラスに上がった時に、突然託児所を嫌がった時期がありました。
それまで普通に通っていた託児所を、突然行きたがらないようになったのです。
嫌がる息子を無理矢理託児所に預け、大泣きしていた頃がありました。
そんな経験があるだけに、次女が嫌がらないか心配でした。

お姉ちゃんが託児所から居なくなって、寂しくなる時期に3歳児のクラスに上がる。
タイミング的に心配していたのですが、逆に休みの日にも「託児所に行きたい」とまで訴えて来ます。
親としては本当に有り難い事です。

息子は中学へ。
長女は小学校へ。
次女は託児所へ。

それぞれの生活が始まっています。
それぞれに楽しい事、辛い事、いっぱいあるでしょう。
それでも毎日毎日朝がやって来ます。
ドタバタの朝がやって来ます。
そうして成長していくのでしょうね。

子供達が巣立った後、こんなドタバタの朝を懐かしく思える日が来るのでしょう。
それまでドタバタの朝を満喫したいと思います。
次女はしばらくマッタリの朝だと思いますが(笑)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:32 | Comment(0) | 日記