2013年05月14日

テレビの未来

130514.jpg

最近テレビを見る機会が減りました。
元々、テレビを見る方ではなかったのですが、最近ますます減っています。
まぁテレビが面白くないというのもありますが。
ひとつは子供の寝る時間が早くなった事もあります。

最近は長女が、9時を過ぎるととたんに寝てしまいます。
やはり小学校生活で緊張感があるのでしょうね。
とても楽しんでいる反面、勉強などで疲れるのでしょう。
これまでは「もう9時過ぎたから寝るよ」と寝かしつけていましたが、最近は気がつけば寝ていた・・・って事が多い。

そうなると、次女も早々と寝る。
布団に添い寝して10分から20分程で寝てくれます。
そうなると、子供達が寝た後は私の自由な時間が出来る。
仕事や創作活動の時間に充てる事が出来るのです。

これまでは子供達が寝る時間が遅くて、一緒にダラダラとテレビ見ていたりしていた。
そして子供達を寝かしつけるタイミングで、私も寝てしまう事も多かった。
だからテレビも何となく見ていた感じです。

本当に面白い番組や、楽しみにしている番組は、しっかりテレビを点けてみますが、ダラダラとテレビを見る時間が減った事は、とても良い時間の使い方が出来る様になりました。
そもそもテレビの時間に合わせて、自分の生活を合わせていた方がおかしいんですよね。

でも、昔は今のように録画なんて出来なかったから、それこそテレビに合わせて時間を調整していました。
特に土曜の夜は、「まんが日本昔ばなし」と「8時だよ全員集合」を見るために、必死に時間を合わせていましたね。
ベストは7時までにお風呂に入り、7時半から8時の間にご飯を食べる。
8時にはテレビの前で、しっかりスタンバイして、ドリフのコントを腹を抱えて笑うのが定番でした。

今はそんな怪物番組も無いし、面白い番組もありません。
そしてテレビのあり方も大きく変わって来ている気がします。
やはりネットの普及はテレビの存在を大きく変えて来ています。

これからテレビはどこへ向かうのでしょうか?
ネットと上手く融合していかなければ、これまでのやり方ではテレビは単なる箱になってしまいます。
そしてテレビを放送する局も問われている。
昔の様に「良い番組を作り上げる」という意識が欠落していると思います。
安く早く手軽に番組を作ることばかり。
だから「テレビがつまらない」と言われるのです。

報道についても同じ。
みんな右倣えの報道で、そこに加えて自分の主観を盛り込んでくる。
だから真実が見えて来ないし、全く真逆に受け止められたりする。

今、まさにテレビは問われているのでしょうね。
テレビだけではなく、私たち日本人が問われているのでしょう。
敗戦後の高度成長と共に育ったテレビ。
でも時代は大きく変わりました。

新しい時代がやってきます。
そして私たちも、新しい日本を作り上げていきたいですね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:13 | Comment(0) | 私の思うこと