2013年02月18日

懐かしのCDレンタル

130218.jpg

先週の月曜日に、またまたDVDを借りていて、その返却日が昨日の日曜日でした。
先週DVDを借りた時に、CDアルバム2枚レンタル無料券を貰っていたので、DVDを返しながら今度はCDを借りました。
映画も観たい映画が沢山あり、ほとんど観れていない状態ですが、音楽も聴きたい音楽が沢山ある状況です。

最近は息子も音楽を聴き始め、お正月にお年玉でCDを買おうとして、CDの値段を知って諦めた経緯があります。
本人はCDが3,000円前後するとは思わなかったようで、一気に購買意欲がしぼんだのでした(笑)
その時はEXILEに興味を示していたのですが、今回はまた違う曲を探していました。
それはゆずの新曲「イロトリドリ」です。

しかし、新曲なのでまだレンタルは開始されていないようで、結局息子はレンタルせず。
2枚は無料で借りれるのですが、他にも借りたいCDがあり、結局5枚一週間で1,000円のレンタルと2枚無料の合計7枚借りる事にしました。
2枚は嫁さんが聴きたいCDを。
1枚は長女が選んだCD。
残り4枚は私が選んだCD。

嫁さんのために借りたのは、絢香のベスト盤と、ユーミンのベスト盤(日本の恋とユーミンと)です。
これは嫁さんもそうですが、私も聴きたいCDでした。
長女が選んだのは「コクリコ坂から」の挿入歌CD。
以前テレビで放映されていた「コクリコ坂から」を録画していて、何度か観ているのです。

私は懐かしい音楽を聴きたくて、フォーク時代のCDを選曲。
1枚は松山千春のグレイテストヒッツ。
「大空と大地の中で」や「恋」が入っているベスト盤です。

もう1枚は長渕剛のベスト盤。
しかし、これも昔のシングルベスト盤です。
「順子」や「巡恋歌」などの初期の長渕剛の歌ばかり。
中でもずっと聴きたかったのが「祈り」でした。

もう一つのフォーク時代はさだまさし。
実は以外とさだまさしの歌って好きなんです。
これもグレープ時代の歌と、さだまさしとしての初期の時代のベスト盤。
「精霊流し」や「無縁坂」など、懐かしの名曲がずらり。

残りの1枚は、さらに昔のCDです。
昭和の歌姫、美空ひばりのベスト盤。
名曲の「愛燦々」や「川の流れのように」はもちろんの事「お祭りマンボ」も入っています。
この「お祭りマンボ」は、子供の頃、母が良くラジカセで流していたので、ずっと耳に残っています。

しばらくは懐かしい音楽で、昭和に戻ってみたいと思います。
ちなみに長女が「コクリコ坂から」を選んだのは、その中に「朝ごはんの歌」という歌があり、映画の中で主人公が朝ご飯を作る時に流れているらしい。
これがえらく気に入っているようで、口ずさむほどに歌える状態だったようで、実際に音楽を聴いてそのとおりだったのでビックリしました。

映画は観る時間を作らないと観れませんが、音楽は聴き流せるので良いですね。
まだまだ聴きたい音楽が、本当に沢山たくさんあります。
また機会を見て借りたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:28 | Comment(0) | 音楽/映画