2013年02月02日

北の大地が揺れた

130202.jpg

今日は暖かかったですね〜。
3月の気温だとかで、一足先に春を頂戴したような気持ちでした。
夜もストーブを点けずに過ごす事が出来て、春が来たような気持ちで嬉しかったです。
でも、明日からまた寒くなるようで、本当に一瞬の春でした。
こうやって三寒四温で、徐々に春が近づいてくるのですね。

さて、そろそろ寝ようかなと思いながらテレビを見ていたら、地震速報が・・・。
「どっかで地震があったんだな」と思って速報を待っていると、震源地は北海道十勝中部。
しかも最大で震度5強って出ているじゃありませんか。
そうです。嫁さんの実家が十勝なんです。

急いで嫁さんが電話を持って来て、息子が北海道に電話を入れました。
最初はなかなか繋がりませんでしたが、ようやく繋がって無事を確認。
特に大きな被害も出ていないとの事でしたので、ひとまず安心しました。
まだ、余震が続く可能性があるので、気は抜けませんが。
今日は北海道も暖かかったようで、雪が緩んでいる可能性もあり、雪崩等が心配なようです。
北海道の皆さん、くれぐれもご注意下さい。

定置カメラで釧路や帯広の町が揺れる様子が出ていました。
その中で釧路港の映像だったと思うのですが、停電する瞬間をとらえた映像がありました。
地震による停電だと思うのですが、ちょっと不思議な映像でした。
停電と言っても真っ暗ではなく、一部の部分だけが電気が消えている。
しかも、停電になる瞬間に、上の方から光が落ちて来て、一瞬光った瞬間に停電になっているのです。

最初息子がそれを見つけて「これ何の光?」と不思議そうに聞いて来ました。
私はてっきり、地震で街灯等の明かりが取れて、上から落ちて来たのかと思っていました。
でも、何度かその映像を見ていると、落ちて来たのにしては、スピードが遅い。
そして上から降りて来て、町中に落ちていようにも見える。
町中に降りた瞬間に、一瞬光って、それと同時に停電が発生している。

まさしく上空から光る物体が降りて(落ちて)来て、電線かなにかに接触して、停電が起きた。
そんなイメージなのです。
でも、上空から落ちて来る光ってなんだろう?
そもそも街灯などの光なら、落ちた瞬間に消えるので光るはずがない。
一体この光は何?
もしかして地震の影響で、上空にいたUFOが落ちて来たの(^^;)

何とも不思議でしたが、考えても解らないので寝ます(笑)
大きな被害がない事を祈りつつ。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:58 | Comment(0) | 日記