2012年12月26日

第二次安倍内閣とマスコミ

121226.jpg

【写真はSankeiWebから】

第二次安倍内閣が発足しました。
長かった民主党政権がようやく終わりました。
本当にこの三年三ヶ月の間に、日本は大きく沈んでしまいました。
マニュフェストは一切守らずに、逆にやらないと言っていた消費税増税を押し進めました。
まさしく詐欺政権であったと言っても良いと思います。

この民主党政権を生み出したのは、まぎれもなくマスコミの誘導です。
「政権交代」と高らかに誘導し、民主党を大勝に導きました。
その民主党がどのような事をして来たか。
日本の危機にあっても、党内の方にばかり気を取られ、日本はどんどん活力を無くしていきました。

この三年三ヶ月で、日本国民は学んだと思います。
マスコミが高らかに誘導する物は怪しいと。
それが今回の選挙に結びついたのだと思います。

「民主でも自民でもない第三極」と新たな勢力を持ち上げ、最初は維新の会を持ち上げました。
しかし、維新の会が揺らぎ始めると、突然出て来た「未来の党」を持ち上げます。
「脱原発」「卒原発」と、やたらと原発を取り上げようと必死でした。

それでも自民党の優勢が変わらないと解ると、最後の手段として「どの政党に入れて良いか解らない選挙」とまで言い出しました。
政党が乱立してよく解らないとマスコミが有権者を迷わす作戦に出た。
それでも有権者は騙されませんでした。
自分の考えで、自分の意志で、それぞれに投票をした結果が、自民圧勝に繋がりました。

こうして第二次安倍内閣が誕生する事になったのですが、マスコミは内閣発足前から、いえもっと前の自民党総裁選から安倍バッシングを始めています。
様々な手法を使って、何とかマイナスイメージに結びつけようと必死です。
しかし、それをやればやるだけ、自分たちの首を絞めていると言う事に、なぜ気づかないのでしょう。
視聴者は馬鹿だから、こうやってマイナスイメージを見せつけたら、それで騙されると思っているのでしょうね。
本当に視聴者をバカにしています。

選挙で選ばれて発足する内閣を、発足前から叩くと言うのは、民意を無視していると言えます。
つまりマスコミは民意を代表しているのではなく、自分たちの考えに民意を誘導したいだけなのです。
そうやって日本の政治を誘導して来た結果が今の日本です。
マスコミは「政治が劣化している」とよく政治家を叩きますが、最も劣化しているのは、マスコミだと思います。
だから「マスゴミ」なんて呼ばれるのです。

第二次安倍内閣は発足前から、経済立て直しのためのデフレ脱却に向けて動いています。
発足前から動きを見せるなんて、これまでの内閣では無かった事です。
それに市場も反応して、円安・株高の傾向に動いています。
滑り出しは順調だと思います。
しかし、マスコミは不安材料を出して来て不安を煽ります。

景気と言うのは、半分以上は気持ちの問題です。
その気分を盛り上げるのは、本来マスコミが最も得意とするところです。
本当に日本の経済の上昇を願うのなら、ここは「日本の景気が上向き」と気分を高めるべきです。
不安材料を持ち出し、水を差すの言うのは、日本の経済復活を望んでいない証拠です。
いったいどこの国のマスコミだ?って誰でも思いますよね。

第二次安倍内閣の最大の敵。
それは野党でも無く、ましてや中国でもありません。
第一次安倍内閣でも痛い目にあったマスコミが最大の敵です。
私たち日本国民は、冷静な目で、第二次安倍内閣の評価をしないといけません。
マスコミの姑息な手に騙されない様に注意しましょう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:33 | Comment(1) | TrackBack(0) | 私の思うこと