2012年12月16日

自民圧勝・民主惨敗

121216.jpg

フタを開けてみれば、自民圧勝の選挙でした。
でも正直、自民圧勝と言うよりは、民主自滅という感じでしょうか。
第三極ともてはやされた維新も、民主と同じくらいの議席に留まりました。
まぁしかし維新は初めての選挙ですから、十分すぎる結果だと思います。

兎にも角にも「民主党政権だけはご免だ」という結果が今回の選挙の結果だと思います。
閣僚経験者が見事に落選していますからね。
いかに国民が民主党政権に厳しい判決を下したかと言えるでしょう。
三年三ヶ月もの間、日本国のためではなく、自分たちのため、そして近隣諸国のためだけに政権運営をしてきた結果です。
当然の報いだと思います。

鳴り物入りで登場した「日本未来の党」もフタを開けてみれば大惨敗。
他の少数他党も散々たる結果です。
こうやって見ると「脱原発・卒原発」って高らかに謳っていた党が惨敗しています。
ほらね〜マスコミに乗せられて、脱原発って言っていれば票が入るなんて思い込むからですよ。
日本国民をバカにするんじゃないって言いたいです。

前回の選挙で、日本国民もかなり勉強したのですよ。
夢物語のような事を堂々と掲げる政党は信用出来ない。
民主党政権でもう嫌と言う程、経験したきたので、簡単に騙されないのです。

民主党を逃げ出した人たちは、看板を変えて、最終的に「日本未来の党」に集結しました。
名前を変えて、党首も滋賀県知事を担ぎ上げる事で、有権者を騙せると思っていたのでしょう。
有権者をバカにした結果が今回の選挙の結果です。

今回の選挙は、かなり投票率が低かったようです。
これはかなりマスコミの影響が大きいと私は思います。
マスコミが「政党が乱立してよく解らない」「争点が見えて来ない」と、自ら「わかりません」宣言をしていました。
自らの意志で投票する人は、迷わなかったと思います。
しかし、政治に関心の薄い人、政治に嫌気のさした人などは、マスコミが「わからない」と言うと、もうどうでも良く感じた事は事実だと思います。

それでも自分の意志で投票する事が大事なのですが、今回はかなりの人が自分の意志投票を棄権した事になります。
厳しい言い方ですが、私はそんな方は今後の政治に対して、何も文句を言える資格は無いと思います。
私たちが直接政治に関わる事が出来る、唯一の方法が選挙です。
そして今回の選挙は、今後の日本を大きく位置づけるための選挙でした。
その選挙を棄権すると言うのは、自ら発言権を捨てる事です。

自民圧勝の結果となり、今年中に安倍政権が誕生する事になります。
おそらく自民・公明の連立政権になるのでしょう。
しかしこの構図も、変わりつつあると思います。
安倍総裁は経済対策を第一に訴えていましたが、憲法改正そしてその先の国防軍も訴えていました。
公明党はこれには賛成出来ません。

こうなると、連立にヒビが入ります。
自民・公明から自民・維新に変わる可能性も十分にあります。
私は個人的には公明党とは離れた方が良いと思う。
本来、自民党と公明党は考え方が違います。

さぁ、ついに民主党政権が終わり、新たな政権の枠組みが見えて来ました。
以前、このつぶやきで「第二次安倍内閣を切望する」と書いた事があります。
現実となり嬉しい反面、厳しい現状に不安要素も多いです。
しかし、自民党は以前の自民党とは変わっています。
安倍氏も以前よりは動きやすいのではないかと思います。

日本を取り戻す。
その戦いはこれからです。
是非、頑張って頂きたいと思います。
そして私たち有権者は、自民党政権がやる事を、しっかりと見て判断をしなくてはいけません。
間違った事をしたら、再び選挙で厳しい判決を下す。
それが私たち国民の義務です。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:52 | Comment(4) | TrackBack(0) | 私の思うこと