2012年12月07日

緊張が走った

121207.jpg
【写真はSankeiWebから】

緊張が走った瞬間でした。
またあの惨事が・・・・。と思った方も多いでしょう。
そして何より避難した皆様方が、最も恐れていた事でしょう。

東北での震度5弱の地震で、宮城県には津波警報が発令されました。
私の 住んでいる地域も、震度1だったらしいのですが、全く気づきませんでした。
私が地震の事を知ったのは、子供達を迎えに行こうと、車のエンジンをかけた時。
車内のテレビモニターに、地震速報のニュースが流れていました。

子供達を迎えて、いつもなら子供達がNHK教育を見るために、チャンネルを変えるのですが、今日はどのチャンネルにしても、地震速報。
それでも子供達には理解できないのでしょうね。
何度も「2チャン(NHK教育)見たい」と言っていました。

幸いにも大きな被害にはならなかったようで、津波も最大で1mの津波だったようです。
そのためでしょう。テレビ各局も、ほどなくして通常の番組編成に戻りました。
「もしかしたらドラえもんもやってないかもよ」と、私に言われて覚悟していた長女でしたが、ドラえもんとクレヨンしんちゃんはいつも通り見る事が出来ました。
画面の一部に、日本地図が載って、津波警報と注意報の表示は出ていましたが。

東日本大震災から1年と9ヶ月。
まだまだ復興も出来ず、心の傷も癒えない中での今回の地震。
本当に被災地の方々にとっては、悪夢の再来か!?と緊張が走ったと思います。
特に大きな被害も無く本当に良かったと思います。

特に心配したのが原発でしたが、こちらも何事も無かったようで、一安心。
しかし、問題はやはり福島第一原発です。
他の原発は何かあっても、対策が取れると思いますが、福島第一原発だけは、対策が出来ません。
東日本大震災と同じレベルの津波が、もう一度来たら、完全にアウトです。
一日も早く津波対策をしなくてはいけないハズなのに・・・・。
脱原発の前に、こちらが最優先課題ですよね。

なぜマスコミもそこのところを黙っているのでしょう?
野田総理は「安全宣言」しましたが、どこが安全なのか?
日本の未来のために、一日も早く福島第一原発を安全な状態にしないといけません。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 私の思うこと