2012年12月05日

またひとつ日本の宝の灯火が消えてしまった

121205.jpg

突然の訃報に日本中が驚きました。
歌舞伎役者の中村勘三郎さんが、お亡くなりになりました。
闘病中であった事は報じられていましたが、あまりの突然の訃報である事そして若すぎる死に、驚きとともに残念でなりません。

若者にも歌舞伎をもっと見てほしいと、様々な手法を歌舞伎に取り入れて来た勘三郎さん。
これから20年、30年と歌舞伎の世界を引っ張って行く人材だっただけに、本当に残念です。
あまりにも若すぎる、そしてあまりにも大きな存在を失った。
歌舞伎界だけでなく、日本の宝を、またひとつ失ってしまったような悲しみです。

今年は本当に日本にとって大切な人々が、この世を去ってしまった年です。
日本の宝の灯火が、ひとつひとつと消えて行く。そんな寂しさを感じて止みません。
消えて行った宝の灯火は、次の世代に受け継がれ、新たな宝の灯火が灯ることでしょう。

勘三郎さんの後は、息子である勘九郎さん七之助さんが中心となって、頑張ってくれる事と思います。
日本の歌舞伎をもっともり立ててゆく様を、勘三郎さんも天国で見守っている事でしょう。
私も歌舞伎をこの目で見た事が無いので、一度歌舞伎の舞台を見たいと思います。
すぐには無理でしょうが、機会があれば、是非この目で歌舞伎を見たい。

勘三郎さんの訃報を受けて、私のように改めて歌舞伎に興味を持った人もいる事でしょう。
そう考えると、最後の最後まで、歌舞伎に全てをかけて57年の人生を全うしたのかも知れませんね。
まだまだやり残した事が沢山あり、まだまだやるべき事が沢山あったと、ご本人も思っているはずです。
しかし、それは息子さんを始めとした、歌舞伎界に任せて、ゆっくりとお休みになって下さい。
本当にお疲れ様でした。心よりご冥福をお祈りいたします。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記