2012年12月03日

便利なFaceTime

121203.jpg

【写真はAppleサイトから】

毎晩、嫁さんの仕事が終わると、お迎えコールが入る。
これまでは自宅の電話にかかってくる事が多かったが、最近は携帯にかかってくる。
というのも、iPhoneに変えてから「FaceTime」を使ってテレビ電話が使える様になったから。

電話としてかかってきた場合は私が出ますが、FaceTimeでかかってきたら、子供達を出してあげます。
お母さんの顔が画面に映ると、子供達は揃って「お母さ〜ん」と手を振ります。
そして「お迎え行くね〜」と言うのです。

このFaceTime機能。
iPhone同士なら電話番号で繋がります。
さらにiMacやiPadともApple IDに登録したメルアドで繋がる事が出来ます。

実は昼間に北海道に居る嫁さんの妹から、FaceTimeで私の携帯にかかって来ました。
年賀状をお願いしたいと言う内容でしたが、iMacを最近買い替えたので、FaceTimeを試してみたようです。
最近姉妹で話をしていないとの事だったので、今夜にでも一度FaceTimeで繋げる事を話で電話を切りました。

今日は珍しく嫁さんも早く帰って来たので、早速晩ご飯の後にFaceTimeを繋げてみました。
妹のところはiMac、こちらはiPadから送信してみました。
しかし、なかなか繋がりません。
おそらくiMacへ送信しているので、気がついていないのでしょう。

そこで、携帯で電話をしてiMacに送信している事を伝えました。
そうするとようやく繋がりました。
これまで家の中でiPadとiPhoneで遊び感覚でFaceTimeをしたり、私と嫁さんのiPhone同士でのFaceTimeはありましたが、外との通信は初めてです。

相手の顔が出た瞬間に、家族中がiPadの前に群がりました。
姉妹で話がしたいのに、子供達が我先にiPadの前に顔を出します。
長女は最近歯が抜けたのを見て欲しくて、iPadの前で大きな口を開け、次女は次女で物珍しさに顔を近づけます。
そして息子もその合間をぬって顔を覗かせます。
しばらくは話よりも、子供達の雑談になってしまいました。

ようやく落ち着いて姉妹の会話が始まりました。
お互いの顔を見ながら話すのは、やはり会って話しているような感覚なのでしょうね。
電話で話すよりも、会話が弾んでいる感じがしました。

長女は二つ上の従姉と会いたがっていましたが、残念ながらもう寝てしまっていたようです。
でもFaceTimeで繋がる事が出来たので、これからはちょくちょくFaceTimeで顔を会わすでしょう。
やっぱり相手の顔を見て話すと言うのは、会っている感覚になるので、嬉しいですね。
何よりも嬉しいのが、ネット回線を使って話せるので、電話代がかからないって事です。
これから先はこれが普通の時代になっていくのでしょうね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | Macintosh