2012年10月12日

メディアの問題点

121012.jpg

【写真はSankeiWebから】

昨日、ひろきくんの事が紹介されたニュース。
その大きな流れは、まずアメリカで日本人研究者の森口氏が、iPS細胞を使ってすでに手術を行っていたというところからでした。
ひろきくんも心臓手術の他に、iPS細胞を使っての手術も可能になるかも?というニュアンスの内容になっていました。

ところが一転してその話の雲行きが怪しくなってきた。
手術を行ったとされた米マサチューセッツ病院が、その事実は無いと否定したのです。
とたんにメディアの目は、疑惑へと変わった。
再び森口氏をインタビューするが、どうも森口氏の対応がおかしい。
一方のiPS細胞の生みの親である、山中氏はこの件に関して質問をされて、「森口氏の論文を見てみないとコメントできない」と実に冷静にもっともな返答をされた。

真実はどうなのか?
今の段階では解らない。
でも、森口氏の対応を見る限り、どうも信憑性に欠ける気がしてならない。
今回のノーベル賞受賞に便乗した感が否めません。

今回の件、ひろきくんの事が取り上げられる等、すぐ身近でメディアの動きを感じる事が出来た。
日頃から今の日本のメディア(マスコミ)の対応に問題を感じていたが、今回の件でますますその気持ちが強まった感じです。
「iPS細胞を使ってすでに手術が行われていた」
この超ビッグなネタに、マスコミが飛びついた感じがしています。
そしてどこよりも早く報じたいという気持ちが、見切り発車の報道につながった。

良く言えばスピード感がある。
しかし、その反面正確さは無い。
どうも見切り発車の報道が多い。
間違った情報を視聴者に与える。これは報道機関としては致命的です。

まだ真実は解りません。
でも、最初に報道されていた内容とは明らかに違うようです。
真実の解明が必要ですね。
それもメディアの責任だと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 私の思うこと