2012年10月11日

ご支援・ご協力お願い致します

120903.jpg

今日の夕方のnews everyと夜のNews ZEROで永田ひろき君の事が取り上げられていました。
9月頭から「ひろきくんを救う会」が本格的に始動して、私も半分仕事、半分ボランティアの状態で関わらせて頂いています。
news everyは子供達を迎えに行った車の中で、News ZEROは子供達を寝かしつけた直後に見ました。
どちらも難病の心臓病を持つ患者として紹介されていましたが、心臓移植のために募金活動をしている事には、あまり触れて頂けなかったのは、ちょっと残念でした。

今回の取材はやはりノーベル賞を受賞したiPS細胞に関わる事が大きいと言えるでしょう。
これまで心臓移植をする意外に道はなかったのですが、iPS細胞の研究の結果、移植をしなくても病気を治せる可能性が高まるのです。
その期待感があってニュースでも取り上げられたのだと思います。

しかし、実際の患者は近い将来に期待を寄せている暇はありません。
一日一日が勝負なのです。
確かにiPS細胞への期待感は大きい。
でも、それを待っているゆとりは全く無い。
極端な話、明日小さな命が絶たれる可能性もあるのです。

私も今回の件に関わっていなかったら「これでたくさんの命が救われるなぁ〜」とのんびりと見ていたかも知れません。
しかし、実際の患者は今すぐにでも手術を必要としている人がほとんどなのです。
今日までの募金総額は約6000万円です。
目標金額の半分にも達していません。

この6000万円には、沢山の善意の募金、そして同じ様に手術を待ち望みながら、悲しくも願いが叶わなかった、他の会からの支援も含まれています。
それでもまだ半分にも達しません。
今回のニュースでひろきくんの事を、多くの皆様に知って頂いた事は本当に良かったと思います。
しかし、決して楽観視は出来ない状況なのです。

一人でも多く、そして1円でも多く、募金が集まるためにも、より多くの人に知ってほしいと思います。
皆様方のご支援・ご協力を賜りたいと思います。
どうぞよろしくお願い致します。

ひろきくんを救う会ホームページ
http://hiroki-sukuu.com
ひろきくんを救う会facebookページ
https://www.facebook.com/hiroki.sukuu
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:54 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記