2012年08月21日

氷の消費が早い

120821.jpg

まだまだ暑い日が続きます。
暑い時に消費が早いのが「氷」です。
冷蔵庫では製氷機で氷が作られますが、この時期は消費が早くて追いつきません。
そこで毎日タッパに水を入れて、冷凍庫で氷を作っています。
それでも氷の消費が早いので、タッパを2個に増やしました。

氷を消費しているのは私なので、私が責任を持って氷を作っています。
毎朝、タッパの氷を取り出し、ビニール袋に入れて、トンカチで叩いて細かくしています。
アイスコーヒーの氷に使ったり、水を冷やすのに使うのが大半。
製氷機で作られた氷に比べて、トンカチで叩いた氷は不規則に割れて、コップに浮かべてもなかなか良い。
見ているだけでも涼しさを味わえる。

本当は美味しい水で氷を作ったら、もっと美味しい氷になるのでしょうね。
しかし、ただが氷にそんな贅沢は出来ません。

でもテレビで観ましたが、天然の氷を使ったかき氷はおいしそうでした。
氷と言うよりは、雪に近い食感で、かき氷を食べても頭にキーンと来ないとか。
一度食べてみたいですね。
天然の氷は冬の間に、氷の職人が手間ひまかけて作った物を、天然の氷室で保管。
夏場に取り出しかき氷にするらしい。

自然の力と人の手で作られた氷。
製氷機で作られる氷とは、天地の差があるのでしょうね。
我が家の場合は単に「冷やす」というのが目的の氷ですので、毎朝私がタッパに水を張る作業だけで十分です(笑)

まだまだ暑い毎日。
しばらくは我が家の氷作りも続きそうです。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記