2012年08月15日

終戦の日に思う

120815.jpg

今日は67回目の終戦の日です。
あえて「終戦記念日」とは言いません。
私も今まで何のためらいもなく「終戦記念日」と言って来ました。
もちろんメディアも日本政府もそう言って来ました。

しかし、この言葉がおかしいことを教えられました。
毎週欠かさず観ている番組。
正確には録画して、観ているのですが、関西テレビのニュースアンカーという番組。
その水曜コメンテーターの青山繁晴氏の言葉に考えさせられました。

8月15日は終戦ではあるが、それは日本が敗戦した日。
敗戦した事によって終戦となった日なのです。
敗戦した事を記念日と呼ぶのはおかしな話です。
だから私も「終戦記念日」とは言わず、「終戦の日」と記したいと思います。

今日は日本中で祈りが捧げられた一日となりました。
お盆でもあるので、ご先祖様に対する祈りと、戦争で犠牲になられた方への祈り。
そして忘れてならないのは、日本を護るために戦い亡くなられた英霊の方々への祈り。
靖国神社へは多くの方々が参拝に来られ、民主党政権からは初めて閣僚が二人参拝されました。
その事はフェアに評価したいと思います。

私たちは戦後教育で「日本は戦争をした悪い国」と教わって来ました。
戦争に負けたのだから、戦勝国のアメリカの言う事を聞かなければならない。
戦争でアジアの諸国に多大なる迷惑をかけた。
だから何を言われても反論してはならない。
そう思い込んで67年間歩んで来たのではないでしょうか?

靖国神社に参拝をしたら、中国・韓国が反発するから総理大臣は参拝してはならない。
そんな思い込みから、靖国神社を戦争の悪しき象徴にしてしまってはいないか。
日本を命がけで護って下さった英霊たちに、日本の総理大臣が参拝をしない事の方が、本当は明らかにおかしい。
それなのに「中国・韓国が騒ぐから」という事で参拝が出来ない現状がおかしい。

戦後、私たちの国・日本は、ただただひたすらに謝り続け、外交で摩擦が生じない事を選んできました。
その結果、諸外国は日本に友好的になったでしょうか?
友好的になった国ももちろんあります。
しかし、近隣諸国はどうでしょう?

この数日間は、韓国のあまりにも非礼な行動が目につきます。
拉致問題、ミサイル問題を抱えている、北朝鮮は言うまでもありません。
北方領土をいつまでも返さないロシア。
そして今日の祈りの日に、尖閣諸島に香港の活動家らが上陸をしました。

日本はいつまで平謝りの外交を続けるつもりでしょうか?
いつまでも話し合いだけで解決できると思っているのでしょうか?
命をかけて日本を護って下さった英霊の方々が、今の日本を見たら何と思うでしょう?

平和への祈りはもちろん大事です。
誰しもが争いは辞めて平和を望んでいます。
しかし、それは相手も同じ思いの場合だけです。
戦後、日本に友好的な国なら、話し合いで十分に平和な関係を築けるでしょう。
実際に築いて来れています。

問題はそうでない国々です。
反日的な国といくら話し合いをしても、何も解決はしません。
話し合いをするには、日本も「いざとなれば戦う」という気迫を見せなければいけません。
毅然とした態度と、その裏に見え隠れする武力とで、ようやく相手は話し合いのテーブルにつきます。

67回目の終戦の日。
二度と戦争を起こさないためにも、平和な日本を護るためにも、67年を振り返る必要があります。
そして何のための戦争だったのかを考える必要があります。
そうすれば先人たちが、何のために戦ったのか?
どんな想いで戦ったのか?少しでも見えてくるのではないでしょうか。

記念日ではないのです。
敗戦の辛く悲しい日なのです。
そして同じ思いを二度と繰り返さないためにも、日本は強くなければならない。
毅然とした態度で諸外国と向き合わなければならない。

私たちに出来る事。
英霊たちに祈りを捧げ、感謝する事。
そしてこれからの日本を真剣に考えている人間を国会に送る事です。
一人一人が考えましょう。
私たちの国です。
私たちの日本なのです。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 私の思うこと