2012年08月11日

韓国はオリンピックにふさわしくない

オリンピックもそろそろ終わりに近づいて来ました。
メダルを獲得した選手も、獲得出来なかった選手も、日本代表として精一杯頑張ったのですから、皆胸を張って帰って来てほしいと思います。

今日は女子バレーが、韓国を破って銅メダルに輝きました。
なでしこジャパンは、最後にアメリカに敗れてしまい、銀メダルに終わりましたが、金メダルと変わらない試合の内容でした。
敗れてピッチで涙ぐみながら、佐々木監督の話を聞く選手たち。
しかし、表彰式の時には、満面の笑みで登場しました。
見ていて本当に清々しい気持ちにさせてくれるなでしこジャパンです。

男子サッカーは、惜しくも韓国に三位決定戦で敗れ、こちらはメダル獲得はなりませんでした。
しかし、男子サッカーも本当によく頑張りました。
なでしこばかりが注目される中、正直、良い意味での期待はずれな活躍だったと思います。
メダル獲得は出来ませんでしたが、素晴らしい試合内容ばかりだったと思います。

私は日韓戦は観ていないのですが、ニュースで気になる情報がありました。
何でも韓国が勝利を決めた後に、選手の一人がプラカードを持ってピッチを駆け回ったらしい。
そのプラカードが「独島(韓国名、日本名は竹島)は我々の領土」と書いたものだったらしく、これが問題となっている。

五輪では政治的なパフォーマンスはNGとなっています。
五輪憲章で政治的宣伝活動を禁止しているにも、関わらず今回のパフォーマンスをした選手。
IOCも問題として、調査に取りかかるようです。

ちょうど試合の前日に、韓国の大統領が竹島に上陸したばかり。
それを受けて、これはアピールできる絶好のチャンスと見たのでしょう。
しかし、やってはいけない事くらい、分からないのでしょうか?
それとも分かっていても、大丈夫だと思っていたのでしょうか?
これではいくら日本に勝利しても、自分たちで自分たちの評価を下げているようなもの。
その事にどうして気づかないのか?
それが韓国人だ!!と言われれば、それまでなんですけどね(^^;)

今回のオリンピックは、何かと韓国人が絡むとやっかいな事が多い。
柔道の判定も相手は韓国人。
最初の判定からして、まず疑問。本当に審判も買収されていたのでは?と疑いたくなります。
そして女子フェッシングで、ドイツ選手に敗れた韓国人選手が、抗議して一時間以上コートに泣きながら座り込み。
その後の試合進行の妨げになりました。

そしてそして、バドミントンでの無気力試合。
さらに今回の問題と、本当にいろいろと問題が多い。
どうしても韓国の試合を見ていると「とにかく勝てば良い」という姿勢が伺える様に思う。
だからこんな問題が起きるのでしょうね。

日本を代表した選手たちの清々したとは、全く違う気がしています。
やはり民族性なのでしょうね。
オリンピックも残りわずか。
最後まで精一杯頑張ってほしいですね。
そして韓国には、ちゃんと処分をするべきだと思います。

【プラカードを持って走る韓国選手】
120811.jpg
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:26 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記