2012年08月10日

奪われ行く領土

120810.jpg

日本は相変わらず近隣諸国から舐められています。
明確な日本の領土である「竹島」を韓国に実行支配され、ついには大統領が竹島に上陸してしまいました。
これはあからさまな日本への冒涜であるにも関わらず、日本のメディアは相変わらず「オリンピック一色」です。
オリンピックがいけないと言っているのではありません。
もう少し問題として取り上げないといけない事なのに、まるで他人事のような対応がおかしいのです。

今回の韓国の動きは、明らかにロシアの真似をしたと言えると思う。
北方領土にメドベージェフが大統領時代に足を踏み入れ、最近今度は首相として足を踏み入れました。
そうする事により、「自国の領土」というアピールを国内・国外に向けて行う。
日本は一応抗議しますが、せいぜい「遺憾の意」と言うだけで終わる。
全く厳しい姿勢を見せない事は、ロシアも織り込み済みです。

そのロシアのやり方、そして日本の対応を見て、韓国も真似をしたという事でしょう。
ああぁ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜情けない。
日本は近隣諸国に何をやられても、「遺憾の意」って言うだけで、その後は「まぁ〜お互い仲良くやりましょう」みたいな外交ですからね。
そりゃ〜近隣諸国からすれば、「日本は何をしたって本気で怒らない」と思っている事でしょう。

ちょうどオリンピックで日本中が盛り上がっている、そして高校野球も盛り上がっている。
そんな時期を狙っていたかのように、韓国は大統領が竹島に足を踏み入れました。
そしてまさしく狙い通り、日本のマスメディアはオリンピック一色で、この問題については軽く触れる程度です。
逆に言えば、日本のマスコミもあまり竹島問題には触れたくないのでしょうね。
韓流ブーム、K-POP、韓国ドラマなどなど、どう考えてもテレビが無理矢理盛り上げているとしか思えない。
日本のマスコミは、もはや日本のものでは無いと言っても過言では無いと思います。

韓国にも韓国の事情があると言えるでしょう。
李明博大統領は、もうすぐ任期が終わります。
政権末期の打ち上げ花火として、自分の名を売っておく必要があったと思われます。
韓国の大統領は、何故か任期終了後に逮捕されたり、謎の死をとげている。
任期中の様々な利権や裏取引を暴露され、権力者から一気に犯罪者へと落ちる。
それを少しでも避けるために、自分の名を挙げ、味方を多く作りたいのだと思います。

北方領土・竹島・尖閣諸島。
日本の固有の領土が、近隣諸国によって、次々と奪われていきます。
私たちはただただ、それを指をくわえて見ているだけ。
いくら国民が声を大にしても、それを取り上げるメディアは無い。
政治家も口先で抗議しても、何も行動は起こさない。
そして、国民の声を代表して、口を開く政治家はメディアには無視される。
下手をすればメディアによって潰される。

これが日本の現状なんですよね。
戦後事なかれ主義で突き進んできた結果だと思います。
外交=仲良くする事と勘違いしてきた結果だと思います。
本当の親友とは、おかしな事を「おかしい」と強く否定できる間柄だと思います。
お互い自分の意見をぶつけ合うからこそ、相手の気持ちも理解できる。
今の日本は、相手が怒らない様に、単に気を使っているだけです。
それでは真の外交は出来ない。

それは「日本は戦争に負けたから、強く主張してはいけない」とか、「アジアに迷惑をかけたから日本は何も言ってはいけない」とか、勝手な思い込みです。
そしてその心理を他国は利用してきます。
いつまでも敗戦国のままで良いのでしょうか?
このままでは、主権国家とは言えません。
独立国家でありながら、自国軍も持てず、領土を奪われても何も出来ない国は、いずれ侵略される運命です。

オリンピックでアスリートたちが、日の丸を背負って戦っているように、私たちも日の丸を背負って戦うべきです。
もちろん言論で。そしてその言論のバックには武力が必要です。
決して使う事のない、しかし、いざとなれば行使すると言う強い姿勢を見せながら、相手を威嚇する事が大事です。
それが本当の話し合い外交なのです。
多くの日本国民は目覚めています。
後はそれがいかに政治に結びついていくかですね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 私の思うこと