2012年08月08日

詐欺的政権と永田町

男子サッカーは残念ながらメキシコに敗れてしまいました。
男子の分までなでしこには頑張ってほしいですね。
そして是非金メダルを獲ってほしいです。
男子もまだ銅メダルをかけた3位決定戦があります。
宿敵韓国を倒して、堂々の銅メダルを獲ってほしいです。

さて、オリンピックが盛り上がっている中、永田町も何やら盛り上がっていたみたいですね。
しかし、こちらの盛り上がり方は、国民そっちのけで、自分たちの都合だけで盛り上がっている。
消費税増税法案を可決させるための、民主・自民・公明の三党合意のはずが、解散の時期を巡ってもめていたようです。
自民党内からは、三党合意を破棄して、内閣不信任案を出す動きもありましたが、結局谷垣総裁は野田総理の「近い将来解散する」という言葉を、そのまま信じたようです。

野党第一頭の自民党の総裁ともあろう方が、こんな子供だましの言葉をホイホイと信じ込む事が驚きです。
そもそも「近い将来」っていつ?
来月も近い将来だし、来年だって近い将来です。
野田総理は「これで任期一杯続けられる」と心の中で大笑いしている事でしょう。

国民の審を問わずして、マニフェストに書いていない消費税増税をするのですから、はっきり言ってマニフェスト違反です。
きつい言い方をすれば詐欺政権です。
そんな政権の言う事を真に受けて、倒閣のチャンスをわざわざ見過ごしてしまいました。

谷垣総裁の後ろには、森元総理や古賀氏など、古い体質の大物議員の陰が見え隠れします。
この人たちの狙いは、民主党と手を組んで与党に返り咲く事でしょう。
つまり民主・自民による大連立。
それに真っ向反対し、強硬姿勢を取って来たのが小泉進次郎議員を筆頭にした、若手議員たち。

しかし、結局谷垣総裁は、大物議員たちの甘いささやきに乗っかってしまったのでしょう。
これで自民党の支持率は大幅にダウンする事でしょうね。
次の総選挙は、まさしく泥沼の「選ぶ政党がない」選挙になりそうです。

私は日頃から同じような事をつぶやいていますが、自民党の中にも民主党の中にも、国を思い真剣に動く議員がいます。
一方で自民党の中にも、民主党の中にも、いったいどこの国の議員だ!!って思う人も沢山います。
次の総選挙は党で選ぶのではなく、人で選ぶしかないですね。
自分の選挙区の候補者をよく調べ、その人の理念・思想・実績などをよく見る事が大事だと思います。

次の総選挙では、必ず原発問題は争点になりますので、原発問題をしっかり考えている人を選ぶ事が大切です。
上辺だけで「原発の無い豊かな社会を・・・」なんて言っているだけの人は要注意。
原発に頼らず自然エネルギーで・・・なんて綺麗ごと言っているんじゃ、その人は失格だと思います。
理想と現実のギャップは大きい。その理想に向かって現実問題をどうクリアしていくのか?
そこを語れる人でないと、私たちの一票を入れてはいけないと思います。

原発は減らす方向で考え、新たなエネルギーを考える。
その間のエネルギーは、どうしても原発が必要となるので、いかに安全に原発を管理するかが大事。
そして原発が止まればOKなのでは無く、使用後の核燃料の処理をどうするのか?
そこが一番大事な問題です。

そして「原発=悪」と考えるような人に、私たちの一票を託してはいけないと思います。
原発の技術は決して無駄ではありません。
日本のこれまで培って来た技術を、まるで悪事のように考えるような人には、決して票を入れてはいけないと思います。
これは「戦争・平和」とよく似ていて、「日本は戦争をした。だから日本は悪い。」という思想とよく似ています。
「日本は原発を作って来た。だから日本は悪い。」そう考える人が、少なからずいると思います。

何事もそうですが、物事を単純に「善と悪」と決めつけるのは幼稚です。
私たちが生きる世の中では、様々な人が様々な事で、複雑に関わり合って生きています。
一方から見ると「善」と見えても、見方を変えると「悪」にもなります。
物事を一面だけとらえて見るのではなく、それを取り巻く状況を、多方面から見ないといけません。

原発が事故を起こし、原発はリスクが高く、決して安全ではない事を学んだ私たち。
しかし、だからと言って、今すぐ原発を止めればOKとはなりません。
現実問題をしっかりと見据えて、今出来る事、将来に向けてやるべき事を、切り分けて考える事が大切です。
今、一番大切な事、それは電力不足にならないように、必要ならば安全をしっかり確保して原発を動かす事。
そして何より、福島第一原発を安全な状態に持って行く事。

その先の将来に向けて、新たなエネルギーを確率する事。
そして使用済み核燃料の処理を、しっかりと考えて実行に移す事。
私はそう考えています。

話がどんどんそれてしまいました(^^;)

永田町の世界を見ていると、本当に「真剣に国を思っている人はいるのか?」と思うような事ばかりです。
しかし、必ず国を思い行動する政治家はいると思います。
そんな政治家を私たちは選ばなくてはいけません。
テレビや新聞だけでは解らない情報も、今やインターネットなどで入手できます。
来る「近い将来」の解散総選挙に向けて、私たちも準備をしておかなければいけませんね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 私の思うこと