2012年06月22日

無駄な議員たち

いったい何をしているのでしょう?

消費税法案を巡り、与党内でおおもめ。
民主・自民・公明の三党合意をしていながら、その民主党内で反対意見が相次ぎ、党内が全くまとまらない。
このデフレ下で消費税を増税する事には、私も反対です。
そもそもその前にやるべき事は沢山あるだろうと。それは多くの国民が思っている事だと思います。

しかし、それなら反対派ももっと以前から反対をしていなくてはいけません。
野田総理が消費税増税に舵を切った時点で、党内でもっともっと議論をして、しっかりと意見をまとめなくてはいけない。
結局のところ、それをやらずにほったらかしておいて、今頃になって「反対だ」と騒ぐのもおかしい。
反対と騒ぐ人に限って「国民のために」「国民の声」という言葉を口にします。
まるで自分たちが国民の声を代表しているような言い方には、正直うんざりします。

初期の段階で強く反対しなかったのは、結局自分の立場を守りたいだけの事。
とにかく「反対だ」の声を上げておけば、国民に受けが良いと考えていたのでしょう。
真剣に消費税増税を辞めさせようと思うのなら、自分の立場を捨ててでも反対するのが、国会議員の務めです。
今、反対を強く叫んでいる議員も、いざ議決となったらどうなるか解りません。

おそらく多くの議員が、「本当は反対だが、三党合意したのだから」と、言い訳しながら賛成票を投じるでしょう。
反対票を投じる議員も、裏で「反対だけど罰則はかけないでね」という約束を取り付けるでしょう。
そしてどちらも嫌な議員は、欠席して投票しない。

今、反対派のリーダーは小沢一郎のように報道されています。
しかし、実際はリーダーなんていないのだと思います。
小沢一郎も、自分がリーダーに担がれて、強がって見せていますが、本当は消費税増税なんてどうでも良いのです。
ただただ権力と地位が欲しいだけ。

もし、議決となったら、小沢一郎は欠席して無投票でしょうね。
自分だけは地位を守りたいから、反対票は投じないでしょう。
本当のリーダーなら、自ら反対票を投じ仲間を引き連れて党を割るでしょう。
昔の小沢一郎ならそんなパワーもあったかと思いますが、今の小沢一郎はいつも逃げています。

政治家として最後の花火を打ち上げたらどうでしょうかね。
反対派を引き連れて党を割り、新党を立ち上げて民主党に半旗をひるがえすくらいの事をやってくれたら、私も少しは評価したいと思います。
まぁ、期待はできませんけどね。

日本の政治は本当に堕ちる所まで堕ちましたね。
小学生の学級会の方が、よほどまともです。
おっと、これでは小学生に失礼ですね(笑)
こんな姿を見せられるから、子供たちは大人を馬鹿にして、大人になりたくないと思うのではないでしょうか。
ダメな政治家ばかりじゃないんですけどね。
これまたマスコミがダメな政治家ばかりを追いかける。
負の連鎖です。
この負のスパイラルから抜けるには、時間をかけてでも、私たち国民一人ひとりが意識を変えるしかありませんね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 私の思うこと