2012年05月15日

恥を知れ

病は気から・・・なのか、気分的に調子悪いと体調まで調子悪くなるようです。

今日は鼻水と痰が続き、夕方には頭がボォ〜ッとして来ました。
調子が悪いと余計にイライラが増幅します。
今夜もやはり子供達にぶち切れてしまった(-_-;)

ぶち切れると言えば、思わずぶち切れそうになった。
沖縄復帰40周年の今日、その式典に野田総理が出席していました。
相変わらず心のこもっていない、淡々とした話し方で沖縄の人達に話していました。
きっと多くの沖縄県民が白けた気持ちで聞いていた事でしょう。

私が沖縄県民だったらぶち切れると思うのですが、混乱の元凶である鳩山元総理までもが沖縄入りし、またもや「最低でも県外に基地を移転」等とほざいています。
この男には本当に「恥じる」という言葉は無いのでしょうね。
あれだけ沖縄を、いや日本中を、いやアメリカまでも巻き込んで、ハチャメチャにしたのに、一切責任を感じていないのですね。

私達の日本が、こんな人間に総理を任せていたと思うと、本当に恐ろしい事です。
そしてその延長で菅・野田と、民主党政権が続いているのです。
夢のようなマニフェストで国民をだまし、政権を握った民主党。
薔薇色の未来は半年もしない内に、当時の鳩山総理の元で崩れ去ります。
最後は収集がつかなくなり、結局誤魔化すために菅総理にバトンタッチ。

しかし、菅総理は何も目標ももたない総理ですから、何もしない。
外国人献金問題で窮地に立たされた時に、東日本大震災が起きる。
その後は、勘違い総理として、災害を大きくしてきた。
またまたどうしようもなくなり、今度は野田総理へバトンタッチ。

野田総理は先の二人からすれば、まだマシと誰もが思った事でしょう。
しかし、フタを開ければ、ただただひたすらに消費税増税だけ。
本当に日本の将来を考えているのでは無く、どうやって政権を維持するか。
権力にしがみつくための努力をしているようにしか見えません。

最近はぶち切れる事も通り越して、ほぼ無気力に近い状況ですね。
日本の政治は落ちる所まで落ちた感があります。
無政府に近い状態だと思います。

体調悪い時に怒りのつぶやきをすると、余計にイライラしそうですが、ここは思いっきり吠えておけば少しは楽かも(笑)
こんな無能な政権は必要無い。
一刻も早く解散して、国民に審を問うべきです。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 私の思うこと