2012年04月30日

安さとリスク

高速道路で起きた悲惨な事故。
高速バスが事故を起こし、7名もの方が命を落とされてしまいました。
ゴールデンウィーク中という事もあり、東京ディズニーランドに向っていた人が多かったようです。
バスの運転手は居眠り運転であった事を認めています。

先日の京都での事故。
小学生の列に車が突っ込んだのもやはり居眠り運転でした。
個人の運転であれば、どうしても眠い時には休憩を挟み、それでも眠かったら仮眠する事も出来ます。
しかし、高速バスの運転となるとそうはいかない。

時間内にバスを運航させないといけない緊張の中、長距離を運転する。
それも深夜に走る。当然お客さんはみな気持ち良く眠りについています。
眠くならないのがおかしいのであって、きっと眠さ対策をしながら、バスの運転手も運転していると思います。

私達利用する側にとっては、バスの運転手はプロ。
最初から安全を信じて疑いません。
でも、実際にはバスの運転手も人なのであって、体調が悪い時もあれば、眠くなる時もある。
今回は運悪く事故になってしまったのであって、実は随分と前から危ない事はあったんだと想像します。

バス会社によっても違うようですが、通常は運転手は二人体制で行うようです。
しかし、今回の事故を起こした会社は一人で運転していました。
価格競争の中で、コストダウンのために運転手を一人にしていたのでしょう。
安全より利益を重要視した結果だと思います。
「なんとけしからん!!」と怒りの声をあげる人も多いでしょう。
でも、結局は私達利用する側が、競走の要因になってこのような現状を作り出して来たのです。

バス会社も「一人でも大丈夫だろう」と、安全対策を怠った事は事実です。
しかし、バス会社だけが悪い訳ではありません。
そのような価格競争を生み出してきた利用側にも、少しの責任はあると思います。
利用する側は安ければそれなりのリスクを覚悟しなくてはいけません。
やはり適正価格というのがあると思います。

今回の事故の居眠りが、過酷な労働条件によるものなのか?
それとも運転手の個人的な体調によるものなのか?
それは今後の捜査で明かになってくると思います。
二度とこのような事故を起こさないためにも、原因を突き止め改善をして欲しいと思います。
そしてしっかりと安全を守れる価格設定にしてもらいたい。

最後になりましたが、事故によりお亡くなりになった皆様のご冥福を、心からお祈りいたします。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 私の思うこと