2012年04月26日

より黒に近い無罪

小沢一郎被告に無罪判決が出ました。
この判決をどう捉えるか、それは人によって様々でしょう。
「小沢先生の罪の疑惑が無くなった」と肯定的に捉える人もいれば、「十分な証拠が無いだけで罪が無い訳ではない」と否定的に捉える人もいます。

私は今回の判決に関しては否定的です。
小沢一郎に罪は有ると思いますが、それを十分に証明できる術が無かっただけだと思います。
これだけ政治とカネが問題になっている中で、どう考えてもおかしな金の存在。
それを最初は「自分で貯めたお金」と言っていたのが、「両親の財産」等と何度も供述が変わっています。
この時点でおかしいと思うのですが、それを罪として問えないだけの話だと思います。

政治家として話が二転三転する。
これだけでも十分に信用できないのですが、今回の無罪判決で小沢氏に近い議員たちは、まるで「潔白」と思っているようで、様々な動きが出ているようです。
自身も民主党代表戦に出馬する意欲を見せているとの報道もあり、これでますます民主党内はゴタゴタするのでしょうね。

小沢一郎に期待する人もけっこういるようですが、私は全く期待などしていません。
むしろ小沢一郎こそ、今の政治不信の根源だと思います。
権力とお金に対する執着心は人一倍強く、口では「日本のため国民のため」と言いますが、やっている事は間逆です。
中国に行けば媚を売り、韓国で日本の悪口を言い、自分の都合が悪くなるとマスクをして表舞台から逃げる。
東日本大震災の時、地元の岩手で何か活動をしていたのでしょうか?
こんな時こそリーダーシップを発揮するのが、真のリーダーです。

無罪判決が出た事で、野田政権にとっては目の上のタンコブが大きくなった事でしょう。
壊しや屋の名の通り、民主党政権をぶっ壊してくれるのか?
いや実は権力を自分のものにしたいだけ。私にはそんな気がしてなりません。
権力を手に入れる事が出来るなら、消費税反対の大旗もあっさりと降ろす気がします。

さぁ、これからの政治、一体どうなるのでしょうか?
ますます政局で事が動き、ますます嫌な面を国民は見せられる気がしてなりません。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 私の思うこと