2012年04月15日

柳生の里、剣道試合とお花見

今日は柳生まで車を走らせました。
昨年も一昨年も同じようにこの時期に車を走らせています。
柳生で行われる剣道の試合の日でした。

息子が中学生になったので、我が家は行く必要は無いのですが、今日は応援とお花見を兼ねて、参加者を募って行きました。
お天気も暑くも無く寒くも無く、丁度良いお天気でした。
気持ち良くお花見が出来ました。

肝心の試合ですが、息子たちが抜けた後は、新6年生が全て女子。
新5年生に一人男の子がいるので、その男の子を加えて何とか出場した感じです。
結果は1回戦敗退となってしまいました。
新メンバーでの初試合ですから、まあ仕方有りませんね。
息子たちの時もそうでしたが、一年かけて少しずつチームワークが出来て、少しずつ強くなってくれると思います。

一昨年は次女がまだお腹の中にいて、昨年はまだ小さかった事から、嫁さんは初めての柳生の試合観戦でした。
柳生の古風な道場に驚きながら、試合を観戦していました。
山の中になるので、丁度桜が咲き始めた感じで、我が家も遅いお花見を楽しむ事が出来ました。
美味しいお昼ご飯を頂いたら、毎年恒例の「一刀石」を見に行く事になりました。

一刀石とは、「一説によると柳生新陰流の始祖柳生宗厳が、天狗を相手に件の修業をしてて、天狗と思って切ったのがこの岩だったと伝えられている。」との事。
本当に見事に中央から真っ二つに割れていて、自然のチカラと言うよりも、人工的な物で切ったような印象を受けます。
まさか本当に柳生宗厳が切った岩ではないと思いますが、そう思わせるパワーを感じさせてくれる所です。

一刀石の手前には石立神社があり、そこにも巨大な岩があります。
その岩はまるで大きな扉のようで、この岩は天照大神が天岩戸に隠れた時に、その岩戸を手力男之命が開いた扉が飛んできた物という伝説があるそうです。
一刀石といいこの扉の岩といい、まさしくここはパワースポットです。

一刀石でパワーをもらって帰ってきました。
子供達にとっても楽しい一日となったようでした。

【柳生の里の桜】
120415-1.jpg

120415-2.jpg
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記