2012年04月13日

莫大な費用の打ち上げ花火

あっけない幕切れでしたね。
それにしても莫大なお金をかけた打ち上げ花火でした。

北朝鮮が「人工衛星」と称して発射した弾道ミサイル。
さんざん世界を騒がせておいて、発射数分後で爆発を起こし空中分解。
690億円もの大金をかけて発射された自称「人工衛星」は、あっけない幕切れとなりました。

世界中のメディアを招待し、華々しく世界にアピールするつもりが、あえなく失敗。
さすがの北朝鮮も「人工衛星打ち上げに成功した」と、虚勢を張る事が出来ませんでした。
異例の「失敗を認める」という報道に出ざるを得なかった北朝鮮。

しかし我が国の政府の対応も負けていないくらい情けないものでしたね。
アメリカ・韓国が続けて「ミサイル発射」と発表したのに、日本政府が正式に発表を行ったのは、なんと40分過ぎてから。
「慎重に慎重を重ねて発表した」とか「Wチェック」とか、言い訳をしていますが、これがもし日本の領土に向けて発射されたミサイルなら、完全に被害が出ています。
自衛隊を出動させ、追撃ミサイルの準備などしていましたが、肝心の政府がこの有り様では意味がありません。
緊張感が無さ過ぎです。

「発射するぞ!!」と事前に通知を受けていてもこの有り様です。
もし本当に有事になって、北朝鮮からミサイルが撃ち込まれて来たら、今の日本政府の対応では大勢の日本国民が犠牲になる事になります。
「そんな有事が起きる訳が無い」という思い込みが、こんな緊張感の無い情けない政府を作り上げてしまったのでしょうね。

今後、北朝鮮はミサイルの失敗を取り戻すために、新たな何かをしてくる可能性が高い。
おそらくは核実験を行うのでしょう。
一見孤立しているように見える北朝鮮ですが、アメリカや中国に揺さぶりをかけて、したたかに事を仕掛けてきています。
多くの自国民を餓死させても、ミサイルを発射する事を優先する国家。
こんな国家に常識的な外交手段が通用するハズがありません。
現政府では簡単に利用されるだけですね。

今回のミサイル発射問題。
北朝鮮の失敗よりも、日本政府の失敗の方が恥ずかしいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記