2012年03月25日

小学生最後の試合

小学生として最後の試合でした。

今日は剣道の試合の日。
今日が小学生として出場する最後の試合。

小学3年生から始めた剣道。
最初は「すぐに飽きて辞めるかも知れない」と思いながらも、やらせてみた。
やり始めて1〜2年は、稽古に行くのを嫌がる時もあり、半分強制的に行かせた日もありました。
4年生の後半あたりから、試合に出させていただくようになり、そこから少しずつ剣道を楽しみだした息子。
6年生になると、本格的に楽しくなったようで、その結果、剣道を続けるために中学校受験をしました。

最後の試合。
全ての力を出し切ってくれる事だけを願って試合に臨みました。
今日の試合には高学年の部と低学年の部、それぞれに出場しました。
最初の低学年の部は、私は見る事が出来なかったのですが、残念ながら0-3で敗れてしまいました。
低学年の部は試合慣れしていないので、これからですね。

さていよいよ高学年の部。
初戦の相手は、おそらく戦力としては同じレベルくらいのチーム。
勝算は五分五分と言った感じか?と見ていました。
ところが先鋒が2本勝ち、続けて次鋒も1本勝ちで、一気に勝利が見えてきました。
このまま行けるか?と思ったのですが、中堅が2本負け、副将が引き分け。
僅か1本差で大将戦になりました。

今回大将は息子が務めています。
ここで負けると敗戦が決まります。
最低でも引き分けなくてはならない。

結果は最低限の引き分けで、何とか勝利する事が出来ました。
試合の内容的には、1本取れそうな感じだったのですが、無理して1本取るよりは引き分けで勝利する方が無難です。
ひとまず1回戦は勝利で飾る事が出来ました。
しかし、続く2回戦の相手が問題です。
かなりの強豪と対戦するのです。

ここは「当たって砕けろ」で行くしかありません。
これまでの稽古の成果を、自分たちが頑張ってきた剣道をするしかないのです。
結果は0-3で敗れてしまいました。
やはり強かった。
でも、それほど大差がある訳でも無い。
少しの差だと思うのですが、この少しの差が大きいのですね。

みんな精一杯戦ったと思います。
敗れたけれど、自分たちの剣道を頑張った。
2回戦で私達を破ったチームが、最終的に優勝しました。
優勝したチームと、堂々と戦えたのですから、それで十分だと思います。

6年生にとっては最後の試合。
でも、4月からはまた新チームで試合に臨みます。
6年生は卒業しても、中学生として稽古に参加します。
これからは中学の剣道を頑張りながら、後輩の育成に協力してほしいですね。

みんなお疲れ様でした。
よく頑張ってくれたと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記