2012年03月06日

卒業シーズン

今日はメッチャ暖かかったですね。
一日ストーブを点けずに仕事が出来ました。
あぁ〜ようやく暖かくなって、身体が寒さから解き放たれ、ほぐれてきた感じです。
しかし、また寒の戻りがありそうなので、その時が怖いですよね。
きっとちょっとした寒さでも、物凄く寒く感じる事でしょう。
こんな時が一番体調を崩しやすい。
仕事も私事も予定がびっしり詰まっているので、体調崩さないように注意しなくては。

三月に入ってそろそろ「卒業」のシーズンになりました。
我が家も今年は息子が小学校卒業なのですが、あまりに忙しくてそんな気分にもなれない現状です(笑)
卒業式まであと二週間ほど。
息子の小学校生活も残り二週間なのですが、全くそんな雰囲気すら感じられません。
このまま卒業式を迎え「何か知らん内に卒業したなぁ〜」って感じで終りそうです(笑)

しかし、振り返ってみれば長いようであっという間の小学校6年間でした。
息子が通っていた託児所から息子の通う小学校へは、誰も行く人がいませんでした。
息子一人だけ。
託児所に通っている間、地域の子供会に入っていましたが、行事は平日が多くあまり参加していなかった。
そのため、息子は近所の子供達と遊ぶ機会が殆ど無かった。

小学校に入学しても、周囲は誰も知らない子ばかり。
もちろん私達親も誰も知らない中での入学でした。
他の子たちは、殆どが幼稚園からそのまま小学校へ上がる。
行って見れば息子は転校生にも似たようなカタチでの入学でした。

「友達はできるだろうか?」
「ちゃんと学校生活に馴染めるだろうか?」
沢山の不安を抱えた中での入学だったのを、昨日のように思い起こされます。
加えて不安だったのが学童でした。

当時、学童が無かったので、隣の学校に隣接する学童まで、タクシーで通った。
そして持ち上がった学童立ち上げの話。
そこからは学童立ち上げのために、本当にいろんな思いをした日々でした。
辛い事も悔しい事もたくさんありましたが、結果的にそれが自分のチカラになった気がします。
「これだけの事をやってきたのだから少々の事は動じない」
「前向きに向き合い真剣に取り組めば、人は必ず理解してくれる」
そんな事を学んだ気がしています。

振り返ってみれば、息子の学校生活と共に歩んだ6年間だった気がします。
そんな小学校生活も残り二週間。
本当にあっという間ですね。
息子には残り二週間の小学校生活を、しっかりと踏みしめてもらいたいと思います。

私も忙しい中でも、しっかりとこの6年間を振り返り、次に進みたいと思います。
子供の卒業ですが、親にとっても卒業なんですよね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記